« Makoto Otakeさんの暗室セミナー開講!!! | トップページ | Makoto Otakeさんのモノクロセミナー(3) »

2014/12/31

Makoto Otakeさんのモノクロセミナー(2)

フェイスブックで連載の始った、Makoto Otake さんの暗室セミナーをブログにも転載しましょう。

ペンスケ展に向けて・・・モノクロフィルムで撮影しましょう!(No.2)

デジタルカメラが主流になり、フィルムで撮影する機会がどうしても少なくなってしまう時代に、フィルムカメラと心地好く付き合いたい人にお勧めしたいのが、モノクロフィルムで撮影して自分で現像を行う自家現像です。
フィルムカメラでは、なかなか撮影出来ない(しにくい)一番の原因は、ズバリ「コスト」お金を掛けた分、又はお金を掛けた以上の結果が出せれれば惜しみなく経費として計上出来るはず! モノクロの現像に掛かる初期投資は現像タンクとその他用品と薬品なので、道具を揃えれば簡単に作業が出来ます。

フィルムが自分で現像出来るようになると、コスト以外でのメリットが沢山ある事気が付くに気が付くはずです! 
一例をあげれば、ジャンクカメラや、貰ったカメラのテスト・・・ずっとフィルムを入れていなかったコレクションにフィルムを入れて使う事が出来ます。 
フィルム現像をラボに出して、現像上がりをみてガッカリ・・・お金を支払って更にガッカリ・・・こんな、経験は誰にもあると思います。

自家現像の場合、フィルム1本あたりの費用(薬品代等)は、100円位です。「持っているフィルムカメラや、ジャンクワゴンから救出したカメラが動きだすのです!」
フィルムカメラを使いだすと、デジタルカメラには無い良さを改めて実感出来ると思います。そう・・・「ハーフサイズカメラが楽しく働きだす事間違え無しです!」
現像が終わったネガを、暗室でプリント出来ればベストですが、デジタルデータに変換してデジタルで活用するのも大変面白いと思います。

冬休み・・・PEN(ハーフサイズ)で、沢山撮影しましょう! 
自家現像を行うのに、お勧めの現像タンクは、パターソン・ユニバーサルタンクです。プラスチック製で扱い易く、タンクのリールにフィルムを巻く作業が、他のタンクと比べて非常に簡単です。ヨドバシやビックカメラで購入できます。 実際の現像については、また後で詳しく書かせて頂きます。
年末年始は、PENをお供に楽しく過ごしましょう!

|

« Makoto Otakeさんの暗室セミナー開講!!! | トップページ | Makoto Otakeさんのモノクロセミナー(3) »

■ペンスケ展質問/相談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531506/60898930

この記事へのトラックバック一覧です: Makoto Otakeさんのモノクロセミナー(2):

« Makoto Otakeさんの暗室セミナー開講!!! | トップページ | Makoto Otakeさんのモノクロセミナー(3) »