« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の記事

2014/11/28

[ペンスケッチ展11] 参加希望者募集 !!!

19akai_120

時が経つのは早いものです!!!
ペンスケッチ展が10周年を迎え、[ペンスケッチ展11]を開催いたし
ます。

本展日程:2015年5月19日(火)展示, 20~24日(日)公開

名機オリンパス・ペン=ハーフ判フィルムカメラで撮影することだ
けが条件の、誰でも気軽に参加できる「元祖」ネット公募型フォト
イベントです。
今年は10周年:第11回になりますが、初参加の方でも、まったくご
心配なく!作品の撮り方、作り方、本格的な現像プリントセミナー
や、良質なペンカメラの購入サポートもしています。
.
[ペンスケッチ展って何?]
ペンスケッチ展は、昭和の名機ハーフ判フィルムカメラ=オリンパ
ス・ペンで撮った作品を持って集まれ!「みんなちがって みんな
いい」が合い言葉のグループ作品展です。
クラブ展や同好会展ではありません。
ネットで集まる一期一会のフォトイベントです。
作品の優劣を比較するコンテストやコンクールではありません。
カメラコレクションを披露し自慢する場でもありません。
ハーフ判カメラを愛する参加者が、自由に被写体を決め、自分の生
活環境で撮影したフォトを展示し、集る仲間と楽しむことを目的と
しています。

第1回は2006年春。青山の“スペースキッズ”に31人のオリンパ
ス・ペン愛用者が集い、お気に入りの作品を展示し楽しみました。
* 同年は秋に[ペンスケッチ展2]を開催しています。
そして来年は10周年。第11回を迎えます。
.
.
=============== 要綱 (変更が多いです)============ 
展名:ペンスケッチ展11
主催(運営主体):MazKen電脳光画 *マツケンと呼びます
.
参加希望者受付:2014年12月8日~3月20日 
* 申込み時点で作品の有無・準備は不要です。
* 入金の終わった方から、参加確定とします。
* 今回は、定員30名に達した時点で締切ります。
.
ギャラリー:サイト青山 (青山一丁目駅より徒歩5分)
.
日程:
[本展]
2015年5月19日(火) 17時~19時迄 搬入/展示/懇親会
. 5月20日(水)~24日(日) 11時~19時 一般公開
. 5月24日(日)17時半 閉会/撤収作業19時完了/打上げ会
.
[プレイベントの予定]
①ペンスケッチ展11 顔合わせ会:参加無料
②フィルムPENの撮影セミナー:MazKen担当 有料
③モノクロフィルムセミナー:Makoto Otakeさん担当 有料
④フィルムのデータ化&プリントセミナー:MazKen担当 有料
* セミナー料金は 材料費別で、各1000円を予定しています

[仮の予定]
①案内状は、11回記念なので印刷で作り、10枚ずつ郵送します。
 案内状の半分は、参加者目録の役目をします。(4月上旬)

②ペンスケッチ展11の、記念Tシャツを作ります。(4月中)
* 参加者が25名以下の場合は予算未達で中止します。

[参加規定] *よ~く読んで下さいね!!!
参加費:10000円 (案内状・記念Tシャツ込み)

②使用カメラはフィルムのオリンパス・ペンであること。
または同時代のライバル ハーフ判国産カメラ。
* 初心者はPEN-F系の一眼レフを推奨します...して下さい。

フォーマット(フレーム)は縦フォトであること。
フィルム・印画紙・プリント紙・画像加工は一切自由です。
自由な表現を発揮してください。

作品サイズ(展示枠)
展示幅65~100cmで事前申告してください。*A4判:210×300mm
壁面を使用しない、立体型・吊下げ型の展示はサイズ自由。

⑤参加者は、ご自分のお友達や知人を10人はお誘いくだ
さい。宣伝にご協力ください!!!

⑥カメラは貸出しません。愛機で撮ることが基本理念です。
初めての方、ペンの手配をいたします。
* 38000円ぐらいで 極上のPEN-F系が使えます。(変動相場)

========================================

ペン以外のカメラについて:
* リコーオートハーフ、キャノンデミ、キヤノンダイヤル、コニカ
オートレックス、キヤノンオートボーイ6、京セラサムライ等も含
みます。
キヤノンダイヤル、京セラサムライについては、横フォーマット作
品を可とします。

その他:
* カメラ自慢の会ではありません。作品を楽しむ集いです。
 作品制作はもちろん、展示やお客様との対話もイベントです。
 フォトイベントを盛り上げる事にご協力ください。
* 他者と無意味な比較・評価をしたり、自分は自分という意識で
 イベントを楽しめない方はご遠慮下さい。
.
* :遠方の方も他の参加者が展示代行します。お気軽にどうぞ!
.
* 企画運営はMazKen電脳光画のイベントです。運営事業の誹謗中傷
. をされる方は参加をお断ります。 * アドバイスは快く承ります。
.
========================================
応募方法:
参加希望者受付:2014年12月8日~3月20日
* 入金の終わった方から、参加確定とします

以下(1)~(4)を記入した"専用メール箱"のみで受付
   pensketen@gmail.com
.
(1)本名
* 毎回、表記やご案内のトラブルが多いので、今回からプロ・雅
号・ペンネームで活動されている方を除き本名とします。ただし、
本名に則したカナ表記や、英字表記は可とします

(2)確実にPCから連絡できるメルアド(当方はPC発信のみ)

(3)確実に連絡できる電話番号

(4)返送作品(万一含)を受取るための住所(郵便番号必須)
.
========================================
[お振込]
* 参加費10000円は、メールで参加申込み後、3/20日までに
. 三菱東京UFJ銀行の指定口座
にお振込み下さい。
. 銀行の受付時間は15:00です。くれぐれも厳守下さい。
* 振込先銀行口座(三菱東京UFJ銀行)は、申込み後にメールで
 返信いたします。
* 入金の終わった方から、参加確定とします。
  入金後のキャンセルは、返金いたしません。
* 本年より、予算確定を急ぐため遅滞・延納不可とします。

.    .     .
========================================
公式ブログ:http://mazken.cocolog-nifty.com
.
.
* ペンスケッチ展は、カメラメーカー, 出版社, イベント会社が
主催する合同企画展やフォトコンテストと同じ運営形態(イベント
事業)です。
従って当イベント(当社)の収支内容は皆様に公開いたしません。
.
* 個人情報は当イベント以外、いかなる商業行為・政治・宗教にも
転用いたしません。転用できないよう厳重管理いたします。
.
* ペンスケッチ展11の公式情報/情報交換は、主にフェイスブック
と http://mazken.cocolog-nifty.com にていたします。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2014/11/25

まもなく公募予約開始!!! ペンスケ11

12月初旬より[ペンスケッチ展11]の公募を開始します!!!
今回は、定員を30名+MazKen とします。

[ペンスケッチ展11 予定]

日程
2015年5月19日(火)搬入・展示・懇親会
5月20日(水)11時~24日(日)17時迄 公開
5月24日(日)17時閉会&撤収作業19時完了・打上げ会

会場:ギャラリー・スペイスキッズ (青山一丁目駅)

25kai_120s

[プレイベント 未定の予定]

①フィルムPENの撮影セミナー:MazKen担当 有料
②「モノクロフィルムセミナー:Makoto Otakeさん担当 有料
③フィルムのデータ化&プリントセミナー:MazKen担当 有料
* セミナー料金は 材料費別で、各1000円を予定しています

[仮の予定]
①案内状は、11回記念展なので印刷で作り、配布します。
 案内状の半分は、参加者目録の役目をします。

②ペンスケッチ展11の、記念Tシャツを作ります。

以上が参加費と込みで、10000円 となります。

[参加規定] *よく読んで下さいね!!!
①使用カメラは、フィルムのOLYMPUS PEN であること。
または同時代のライバル ハーフ判国産カメラ。
* 初心者はPEN-F系の一眼レフを推奨します...して下さい。

②フォーマット(フレーム)は縦フォトであること。
フィルム・印画紙・プリント紙・画像加工は一切自由です。
カメラや被写体に依存せず、フォトアート性の高いフォトジェニックな作品展を目指します。

③参加者は、ご自分のお友達や知人を少なくとも10人は お誘いください。
必ず、全作品を観るようお勧め下さい。 作品展盛り上げにご協力ください。

④カメラは貸出しません。愛機のPENで撮るのが大切!!!
初めての方、手配はいたします。
38000円ぐらいで 極上のPEN-F系が使えます。(変動相場)

* 予定は暫定です。 アドバイスありましたら、遠慮なくお申し出ください。
 ただし、誹謗中傷はお断りです (^_^;) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/18

こんなお土産です

もう10日前になりました....1週間の違いで随分寒くなりましたね。

7日の瑞古洞見学会の続き。
退場する前に、お土産をいただきました happy01

Maz_004

おまんじゅうは瑞古洞からでなく、Erich 鈴木さんからです(笑)

OLYMPUSからは、OM-1のデザインされたトートバッグです。
ラフな感じのプリントが、とてもGOODです。
A5版のデザインノートも入ってました。もちろん、瑞古洞の
展示品パンフやカタログ類も一緒です。

次の見学会は、10年後と言わず5年後ぐらいでしょうね。
メディカル(ファイバースコープ)も、デジカメも相当進化して
いるでしょうね。

もちろん一般の方でも電話で予約すれば行けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/14

瑞古洞見学会

11月7日、かねてよりお楽しみだった、OLYMPUSの博物館「瑞古洞」に行って来ました!

大竹さん、金子さん、笹部さん、徳重さん、TomyさんとMazKenを加えて6人での見学会です。
Maz_0001_90

OLYMPUSの事業所(工場や研究所)は、元祖・幡ケ谷と北八王子にあり、博物館の瑞古洞は北八王子となります。
私とTomyさんは、あの「時を超えるカメラ」の資料取材以来10年ぶりの訪問です。

まず驚いたのは、新築の本館に移設されたので、とても立派にきれいになったこと!
以前はいかにも博物館....資料室のような感じでしたが、新装された瑞古洞はショールームの感があります。
それとメディカルの展示が充実したこと。またメディカルやデジカメの実演・体験コーナーが楽しめることです。

ご存じの通りOLYMPUSと言えば、顕微鏡に始まり、世界最高のファイバースコープメーカーです。
その最新のテクノロジーを目の当たりに、かつ触ることができるのはここしかないでしょう。
ニッポンの光学テクノロジーの素晴らしさを、実感できる本格派 Museum です!

あまりに面白いので、1時間の見学コースのはずが、40分もオーバーしてしまいました。
担当のSさん、時間外まで丁寧に対応いただき、本当にありがとうございました。

ぜったい 中学生以上の学生や、ハイテクや医療に関心のある大人なら楽しめるMuseumです。
ぜひ訪問してみてください。 *要電話予約

見学会後は、OLYMPUS写真部の(ペンスケッチ展皆勤賞の)鈴木さんを加えて、八王子で懇親会。
*我々が時間を大幅にオーバーしたので、鈴木さんを待たせてしまいました....(^_^;)
"ペンスケッチ展11"に対する、熱い熱い思いを交換することができました。

来年は10周年 10thアニバーサリーの"ペンスケッチ展11"
早めに全容を公開しますのでお待ちを!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »