« 2013年2月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年3月の記事

2013/03/25

"ペンスケッチ展9" 開催決定!

[ペンスケッチ展9]
MazKen電脳光画主催の、ペンスケッチ展9が決まりました!
Web4ckai_2
今年のシンボルフォト。 MazKen TechnoFotoも今春10周年です m(__)m
.
=============== 要綱 =================
ギャラリー:スペイスキッズ (青山一丁目駅/徒歩5分)
会 期 :8月7(水)~11日(日)  6日15:00より展示作業・懇親会
**最終日:11日は18時で閉館

.
[ペンスケッチ展って何?]

ペンスケッチ展は、昭和を代表するカメラ「オリンパス・ペン/
ハーフ判フィルムカメラで撮った作品を持って集まれ」が合い言葉
のグループ・フォトイベントです。
クラブ展でも同好会展でもありません。
ネットで集まる一期一会だけの新感覚フォトイベントです。
.
今年は第9回を迎え、30名 が出展します。
参加者各人が自由にテーマと被写体を設定し、ご自分の生活環境で
撮影したフォト=光画を展示し、仲間と楽しむことを目的としています。
「みんなちがって、みんないい」精神を尊重し楽しみましょう
.
プロのクリエーターから、まったくのビギナーまでが
各々の生活の中で創作した素敵なフォトを持ち寄ります。
.
ギャラリーは、"ペンスケッチ展1~3"や、迷作展だった
"36コマ1本勝負"で親しまれた、南青山の一軒家ギャラリー
"ギャラリーSPACEKIDS". 港区南青山 2-7-9
http://homepage1.nifty.com/spacekids/gallery.html
を、夏季休業の期間中に関わらす特別に貸し切ります。
.
Maz_022s
"36コマ1本勝負 2010" スペイスキッズA展示室 右側は棚付き展示スペース

Maz_023s
"36コマ1本勝負 2010" スペイスキッズB展示室 床~天まで全面展示スペース

Maz_004s
"36コマ1本勝負 2010" すごい!ハーフ判カメラの真骨頂!

Img_0006s
"36コマ1本勝負 2010" 被写体に頼るな!  創作せよ!   d(^_-) MazKen

Web1c_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013/03/15

PEN-Fも50歳です!!


Maz_011_990n
50年経ても、このデザインは秀逸の一言だ !! (C)MazKen TechnoFoto


 まだ会社員だった私が、ペンFTの1号機を購入したのが2001年の
GWでした。
会社を辞め、再度フリーになって10年....早いものです。
PEN-FTも年を取りました。一番若い1970モデルでも43歳です。
皆さんの PENの調子はいかがですか?

 クイックリターンミラーは接着剤が剥離して、いつ脱落してもおか
しくありません。
無理やり剥がして、TOMY師に修理を頼むのは無理ですから、一度も
クイックリターンミラーを再接着していないPENは、覚悟をしていま
しょう。

 シャッター幕もです。チタン製シャッターの幕は、どのシャッター
スピードでも全速力で回転しています。金属疲労による全損もあり
ますから気をつけましょう。

 一番気がかりなのは、修理(整備)履歴を持たないPENです。
潤滑油類の状態も、金属疲労の度合いも、ミラーの銀蒸着の状態も
分からないまま使われている、未点検・未修理機またはいい加減な
修理機をお持ちの皆さん、特にご注意ください。

 修理(整備)履歴を知らない、持たないPENをお持ちの人は、いくら
なんでも1回ぐらいTOMY師に診てもらって下さい。
私がペンスケッチ展の会場で知る限り「MazKenさん、このPENきれ
いでしょう!」っと見せてくれるオーナー機の7割は、とても褒め
られた状態では無い半病人です。

 本当によく整備されたPENはファインダーもクリアで、ピントも合
わせやすいのですよ。
ましてや、整備されたPENで撮ったフォトは「ノスタルジックな色
調」でも「ゆるいトーン」でもありません。
設計した米谷美久師は、クッキリ!カッチリ!シッカリ!写るよう
にレンズを作ったハズです。
本来の色合い、解像度で写らないのは、あなたのカメラに対する扱
いが雑なだけと言っておきます。
意図的に"ユルヌルフォト"を撮りたいなら、別の方法はいくらでも
あります。
カメラは本来の状態に整備されてこそ、ベストです。

028900
「味」と「整備不良」はまったく別物  (C)MazKen 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/10

ぜひ、読んで下さい

sign03 これから参加したい皆様、参加を決めた皆様に大切な確認です。

ペンスケッチ展は、コンテストやコンクールではありません。
幅80cm弱×高さ220cmを使って、国産ハーフ判カメラ(代表が元祖オ
リンパス・ペン)で撮っていれば、どんな作風(手法/技法)でも、
形態(立体も可)でも展示できる、とても自由な作品展です。

ただし、誤解が無いように、2つだけお願いがあります

1.ペンスケッチ展は当初より、展示や撤収作業、お客様江の説明ま
でを含めたイベントとしています。
だから自由で創意工夫溢れた、様々な展示品が持込めるのです。

展示でも撤収でも、自分の作品だけできれば良い...ではなく、時
間がある限り首都圏外や、仕事で止む無く参加できない人の作品も
面倒見てください。
出社・帰宅途中時間があれば会場を覗いて下さい。

coldsweats01 今回から、展示or撤収+平日11~14時まで会場の手入れや
 接客をして下さる参加者に割引を設けました。

2.ペンスケッチ展の主催は"MazKen電脳光画"です。
共同運営や割勘or会場シェアによるイベントではありません。
"フォルム文化を守る"という、大義や奉仕活動でもありません。

運営形式は、カメラメーカーや出版社、各種団体が主催するフォト
コンテストやコンクール、写真展と同じです。
運営(収支)はMazKen電脳光画=個人企業の問題ですから、公開は
いたしません。(税務署以外に)その義務もございません。
イベント経営に関する、誹謗中傷は固くお断りいたします。

weep 夢の無い話しで恐縮です。 もし、私がペンスケ展で大儲けして
 いると疑う方は、是非ご自分の税・保険・諸費込年収から日給を
 試算して下さい。有給休暇の無い個人事業は 、日当25000円

 以上稼がないと成立しないのです。会社員の皆様も同じですよ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年7月 »