« "36コマ1本勝負"が帰ってくる! | トップページ | ペンスケッチ展7フォトブック »

2011/07/01

妄想空間・改//UP FIELD GALLERY

妄想空間・改//UP FIELD GALLERY
PhotoInstallation by MazKen

_web960
Post_1web960

UP FIELD GALLERY
『妄想空間・改』 MazKen電脳光画展V

■2011.7/29(金)~8/7(日) 12:00-19:00
 7/30, 8/6土曜は18時まで。19時よりライブ開演

■空間デザイン:東潤一郎、オブジェ:田中哲也
■BGM:一ノ瀬トニカ「環~ガイア」
 岡田千香子with長谷綾子「混線 梅柳中宵月・妄想空間ヴァージ
ョン」

■7/30(土), 8/6(土) 妄想ライブ「海底軍艦の調べ」+トーク
開演19時(30席 ドリンク付、2000円)
演奏:岡田千香子(サンプラー、ヴォイス他)
     長谷綾子(オンド・マルトノ、尾茂直之による新作楽器ASADEN)

■作者(MazKen)在廊予定日:7/29, 30, 31 8/5, 6, 7
 各、金, 土, 日曜のみ終日在廊しています
 

★ライブ(コンサート)は、イス席30しかございません。
 ゆっくりお聴きになりたい方は、当欄にコメントで予約するか、
 メールにて連絡下さい

Maz_0007_900
 

[概要]
昨年11月ブリュッセルを皮切りに、今年3月のオリンパス・ギャラ
リー東京、5月のオリンパス・ギャラリー大阪と、精力的に『妄想
空間』展を開催しているMazKen(マツケン)。
和紙にプリントされた巨大なフォトアート(電脳光画)は、さまざ
まな加工がなされ、その独特の手触りとふくれあがる妄想は、見る
者を圧倒すると同時に、不思議な懐かしさを感じさせてくれる。

東潤一郎(空間デザイナー)、田中哲也(陶芸家)、一ノ瀬トニカ
(会場BGM「環~ガイア」)等、さまざまなアーティストの力が結
集した『妄想空間・改』~MazKen電脳光画展V~では、初の試みと
して、音楽ライブを開催する。

ステージフォトでも活躍するMazKen(マツケン)が、その公演に常に
足を運んでいる音楽家、岡田千香子。フランス歌曲を専門とする声
楽家でありながら、サンプラーを駆使してコンテンポラリーダンス
作品や朗読作品を制作、演奏。また、一ノ瀬トニカをはじめとする
気鋭の作曲家に、現代歌曲作品を委嘱、演奏を行なう一方で、近年
は、女流義太夫、琵琶歌などの声を用いた邦楽作品の演奏に深い関
心を寄せている。

今回の妄想ライブのために、MazKenが岡田に依頼したのは、『妄想
空間』展のモチーフのひとつである、明治時代の冒険小説『海底軍
艦』(押川春浪 著)を元にしたサンプラー作品。
日本に於けるSF小説の先駆けともなったこの著作は、特撮映画全盛
時代に、円谷プロで映画化もされている(1963年東宝、本多猪四郎
監督)。
今回は、岡田のサンプラー+ヴォイスに、フランス生まれの電子楽
器オンド・マルトノと薩摩琵琶を加え、「海底軍艦の調べ」と題す
るライブを敢行。MazKen的"妄想"を、より増幅させる起爆剤となる
予定。

オンド・マルトノの演奏は、インドでの音楽活動を経て、昨年帰国
したオンド・マルトノ奏者の長谷綾子。岡田のサンプラーとは、20
05年に、ジャン・コクトーの戯曲と浄瑠璃『十六夜清心』をまぜこ
ぜにした朗読劇、『混線 梅柳中宵月』(こんせん うめやなぎな
かもよいづき)での共演以来となる。

Maz_020_900

[プログラム]

■第1部:『PRANA』(一ノ瀬トニカ作曲)
1. プラヴィシャンティ
2. プラーナ・プラサンナ

岡田千香子(歌唱)、長谷綾子(オンド・マルトノ)

*2007年に岡田千香子により委嘱された、声とオンド・マルトノの
ための作品。テキストは、一ノ瀬トニカの発案で、古代インドのサ
ンスクリット語を用いた。初演は、岡田千香子(歌唱)、久保智美
(オンド・マルトノ)。

■第2部:トーク
MazKen(マツケン)、岡田千香子、長谷綾子、尾茂直之(楽器ASADEN
製作者)

■第3部:新作サンプラー作品「海底軍艦の調べ」
構成、語り、歌唱、鶴田流琵琶/岡田千香子
オンド・マルトノ、尾茂直之による新作楽器ASADEN/長谷綾子

フォトイベントともども、ぜひのお越しをお待ちしております!

岡田千香子、長谷綾子、MazKen

[演奏者紹介]

■岡田千香子(メゾソプラノ、サンプラー、琵琶)
国立音楽大学声楽科卒。ピー・レム主宰として、フランス歌曲と日
本歌曲によるサロンコンサートの企画・演奏。2003年より、電子楽
器サンプラーを用いたダンス音楽・朗読作品の制作、演奏。
1996~2005年にカミーユ・モラーヌの元を訪れ、フランス歌曲の
薫陶を受ける。
1996~2000年に清元 延以都喜より清元を学び、「浄瑠璃」の手ほ
どきを受ける。
現在、より深く日本の伝統音楽を研究するため、2006年から田中之
雄の元で鶴田流琵琶と琵琶歌を、2008年から女流義太夫人間国宝、
竹本駒之助の元で義太夫の語りを、2009年から扇よし和家元から
小唄を学び、日本語の語りと歌唱の可能性を探求する。1998年より
日本ヨーガ禅道友会会員。

■長谷綾子(オンド・マルトノ)
幼少よりピアノを始め、中高校時に声楽と和声学を学ぶ。英国王立
音楽院(RAM)留学、新潟大学大学院修了、ピアノと音楽学専攻。199
9年、オンド・マルトノに出会い、原田節に師事。2001年より様々
な場での演奏活動、声とサンプラー、ダンス、朗読等との共演を行
う。2006年より、新たなものを求めて渡印、Satish Babbar Creati
ve Music Foundationにて、ガザル歌手兼作曲家サティッシュ・バ
ッバルよりインド音楽を学ぶ一方、My Expressions to Ghalib等の
作品に協力。

(敬称略)

|

« "36コマ1本勝負"が帰ってくる! | トップページ | ペンスケッチ展7フォトブック »

■EXHIBITION」カテゴリの記事

コメント


千香子さん、長谷さん、コスゲさん、Ayaさん、尾茂さん・・・「妄想空間・改」展無事終了しました。
m(__)m

和さんをスタートにペンスケ仲間の皆々様。
ツイッターのフォロアーの皆様、たくさんのご来場者の皆様、ありがとうございました。

極端に暑かったり、蒸々したり、大雨や雷雨があったり、戻り梅雨で不快指数が高い会期でしたが、荒天にかかわらず来場いただいた総ての皆様に感謝いたします。

東 潤一郎さん、見事に足跡だらけになりましたよ!(^○^)

田中哲也さん、プロフィールパンフまるで足りませんでしたよ!

次回の個展は5年後か6年後かわかりません。
私の作品はそんなに量産できるものではないからです。

まして、今回のように素晴らしい音楽家の皆様、異業同種のArtistが一同に会することはそう無いと思います。
故に一期一会は大切です。今回も素晴らしい出会いがありました。

"妄想空間"はまだまだ発展します。
5年後、私が元気だったら、また大がかりなことをやりますので、楽しみにしていてください。

今回の大舞台を用意して下さった、UP FIELD GALLERY の上野重一様。
素晴らしい大判プリントを、会期直前に超特急で仕上げていただいた中臺様。
協力いただいた、吉川紙商事様、アワガミファクトリー様にも御礼申し上げます。

投稿: MazKen | 2011/08/07 23:41

MazKenさま、
結局どうしても四国から離れることができず、ライブは聞き逃してしまいましたが、
申し訳ありませんでした。

>先週のライブからほぼ毎日、ギャラリーがオープンするまでの
>午前中ずっと、音出しとリハが続いています。

これ、すごく共感します。感情の発露としての「音」にこだわると、
楽譜にはもうできないんですよね。自分の感性に焼き付けるしか
ないんです。その触媒がMazKenさんのPhotoなんですから、
それはもう、強力な感情なものなのでしょう!


投稿: 〇 | 2011/08/07 00:30

私は彼女ら3人の音楽家の正確な経歴も、ネームバリューもまるで知りません。
ただ無名としても、やっていること、できることで判断します。

作曲・作詞・演奏・パフォーマンスの素晴らしさ、現在進行形の彼女らの異彩ぶりはすぐに感じました。

それはJA( 東 潤一郎 )さんとの関係でも同じです。
感覚的にグググってくるのです。
「敵」の作品から、自分の次の創造を感じるのです。

ブランドや経歴でArtistの優劣を決めている方、やめましょう。
そんな、受動的感覚でしかArtを見ないのは日本人(アジア人かな?)だけですよ。
Artistは、人と違うことをやるヤツがエライ! スゴイのです。

先週のライブからほぼ毎日、ギャラリーがオープンするまでの午前中ずっと、音出しとリハが続いています。
まさに演奏も "妄想空間・改" !
千香子さんと長谷さんの、スゴイ気迫を感じます。

おそらく、完成度は先週の比では無いでしょう。
ProArtistの「完全完璧追及」です。

投稿: MazKen | 2011/08/05 22:30


「妄想空間・改」を見に行こうとしている皆様。

明日まで本業?の撮影~制作で動けません。
金曜日は12-19時でしっかり詰めています。

ライブは予約してくださいね!
予約のお客様から座っていただくので、せっかく早めにギャラリーに来場されても、着席できるのが遅くなります。

投稿: MazKen | 2011/08/03 22:24


和さん、pearlさん、はるさん、茅さん、くままさん、きりんさん、阿部さん、UNKAIさん、KOUさん、onwaonさん、大竹さん....
そして田中さんまで...来場、ありがとうございました m(__)m

妄想なコンサートを楽しんでいただけたようで、嬉しいです!
たくさんの方が、新しい妄想空間・改を楽しんで下さってます。

mukのコスゲさんの協力には、今日も深く感謝いたします m(__)m

明日在廊のあと、JAさん仕事で大阪ロケ。金曜日に復活します。
ギャラリーには居りませんが、作者不在の方が気楽と言う方、ぜひご来場下さい。

**くままさんのお友達;じゅりままさんが速報版をアップして下さったので紹介します。
http://blogs.yahoo.co.jp/amanjuli03/trackback/1555271/65022230

投稿: MazKen | 2011/07/31 00:36


明日7/30は、コンサートのため18時にて一旦退室していただきます。

コンサートの入場料を払った方から順番に、ギャラリー手前に入って下さい。
奥のギャラリーは、コンサート会場用に改装しています。

コンサート会場の準備ができるまで、手前のギャラリーにて待機してください。

投稿: MazKen | 2011/07/30 01:50

ついにスタートしました。

まず、プリントを担当してくれたセツナの中臺さんに感謝。
そして赤羽まで寝過して遅刻したことをお詫びいたします。

雨の中JAGDAの満○さんありがとうございました。アワガミの工藤さんありがとうございました。
飛び込みのお客様にも感謝!音楽チーム超・リキ入ってます!

東 潤一郎さんの会場デザインコンセプト、活きてきそうです。

明日は18時で一旦クローズ。19時からコンサートです。
刺激が無ければArtじゃない!
驚きが無ければArtじゃない!

変です、妙です。
間違いなく印象的な夜になるでしょう。

投稿: MazKen | 2011/07/29 22:51

田中哲也さん、作品発送の連絡ありがとうございます。
今回展示のオブジェは3点ですね。
了解しました。

今回は音楽関係の人が多いでしょうから、普段見慣れないフォトアートをどう感じるか? 楽しみです。

日本で「写真展」というと、花鳥風月か、外国の風光明媚か、街角スナップに大別できるでしょう。
空想(妄想)を実写で表現するっていう、コンセプトフォトの手法をどう捉えるかな?

そうそう、オンドマルトノの本体?は、田中哲也さんのオブジェ同様、奇妙な形なので会場に展示します。
あいにく、金・土・日以外は不在ですが、楽しんでくださいませ m(__)m

投稿: MazKen | 2011/07/24 16:42

onwaonさんからメールで質問がありましたので・・・

妄想ライブのチケット予約はしていませんが、会場は30席分の椅子しかありません。
確実に座って、ゆったり聴きたい方は7/30, 8/6どちらの土曜日か? 何人か?をメール下さい。
(19時開演。遅くなりそうな場合でもOKです)
確実に席を確保します。

今回使用する珍しい楽器(オンド・マルトノ)の一部は、会場に会期中展示します。

オリンパスギャラリー展とはかなり趣向が違いますので、ぜひ遊びにいらしてください m(__)m

投稿: MazKen | 2011/07/11 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想空間・改//UP FIELD GALLERY:

« "36コマ1本勝負"が帰ってくる! | トップページ | ペンスケッチ展7フォトブック »