« -端境の焼失点-田中哲也展 | トップページ | 妄想空間/東京、折返しました »

2011/03/23

妄想空間/東京会場についてのご注意

妄想空間について最終の説明です

会期が 3/24(木)~4/5(火) まで延長になりました。

初日24日は、18:00から20:00までトークショーです。
* 予定していた関西ナンバーワン空間デザイナー;
東潤一郎さんとの対談は、昨今の事情でやむなく
中止となりました。

MazKenの言いたい放談をお楽しみに!

3/27, 4/3 メーカーギャラリーなので日曜休館です!

最終日は4月5日(火)の15:00に閉館します。 

普通にきれいな写真展、流行のスナップ展を期待している人は見に来ないでください(笑)
見たことが無い不思議なフォトに対するショックで、気を失うでしょう?
またはまったく意味不明で、まるで面白くないでしょう?


妄想空間展は、会場を細かく仕切っています。

まず、会場一番奥の「妄想軍艦」からご覧いただきたいと思います。

美術館や大きな企画展でも、順路というものはあります。

これは、お客様の好きなよう (自由意思で) 見ていただくのではなく、作者の思い描くストーリーに沿ってご覧いただくためです。
その方が解釈しやすいように並べてあるのです。

無視してご覧になるのも勝手ですが、映画でいえば途中から見て、結論を先に見てから、最初を見るというようなものです。

MazKenが会場では可能な限り多くのお客様に説明します。

ぜひどんどん質問してください。喜んで説明いたします!

|

« -端境の焼失点-田中哲也展 | トップページ | 妄想空間/東京、折返しました »

■EXHIBITION」カテゴリの記事

コメント

ぽんとさん、ごめんなさい!m(__)m

会場では可能な限り、解説をしています。 
昨日、はるさん が、バラバラに会場にいる人でも聞いているから、どんどん解説した方が面白いとアドバイスをくれました。
同意です!(^O^)/

そう!だいたい私の解説を聞くと爆笑・大受けですね。
すごく楽しんで「妄想制作記」を聞いてくれます。。。
夢中で同じ思いを返してくれる人が多いです。

まるで深刻なテーマでないし、コケ脅しのビックリ作品ですから、私自身の説明が必要だと感じました。

皆さん、ぜひ私に説明を求めてくださいね!

つまらないと思ったら、5秒で出て行って下さってかまいません (^_^ゞ
官能の世界ですから。。。。

投稿: MazKen | 2011/03/27 10:41

▼da_daさん江 噛みついているのではありませんよ。

美術館や大規模展覧会では、たいてい順路がありますよね。
これは作家や主催者によっては、その必要があるからなのです。

ストーリー仕立てや、作家・作品を解釈するのに適した順番がある場合、それに従った場合の方が理解しやすいでしょう。

今までの多くのフォトギャラリーは、どこから見ても良い、好きなところから見なさい。。。的でしたが、違ったスタイルがあっても良いではないでしょうか?
それともそういうのは、作者の身勝手な強制だと思われますか?

今回の妄想空間は展示スタイルを含めて、作品と解釈しております。
 
 
▼JAさん、紙スクリーンの長さが中途半端で、くぐれそうな感じなのでぶつかったり、作品を隠すには少々不十分でした。

予算も厳しかったですが(舞台裏話し(^^ゞ)、部材調達の困難さもありました。

でも、会場全体の雰囲気はOLYギャラリーの常連さん、ギャラリー巡りファンの方に驚きをもって迎えられています。
批判的解釈より、好意的な解釈の方が圧倒的に多いです。

最初から区切られている大阪では、もっと徹底した工夫(改良)をして理想形に近づけたいですね。

展示を含め好意的でない方は、私の作風自体が最初から嫌いな人でしょうから、それで良しです。 (しょせんArtは好き嫌いの世界ですから)
すぐ出てゆきますから、わかります。

会期が大幅に伸びたので、改良を加える予定です。
来ていただけたら、嬉しいのですが。。。

投稿: MazKen | 2011/03/27 09:45

本日、仕事が終わってからギャラリーに伺いました。
ブログのご指示に従って順番に一通り見終わり、考えを整理するためにもう一度同じ順で見直して、「妄想空間」の意味が自分なりに分かったような気がしました。
本日はMazKenさんがご不在の日でしたので直接お話を聞くことが出来ませんでしたが、大阪での開催時に自分が感じたことについてお聞きしたいと思っています。

投稿: ぽんと | 2011/03/27 00:58

24日の対談、申し訳ございませんでした。本当に残念です。
会場設営、上手く出来ましたでしょうか?
物議をかもした「例」のものは、上手く設置できましたでしょうか?
プランした者として、現場確認できなかったので、大変気になっております。

投稿: JA | 2011/03/26 11:50

作者ご本人から、このような内容の書き込みがあるということは、意にそぐわない見方をする方が多いのでしょうか。


SSに来た帰りについでに見て行く、その他大勢にいちいち噛みつく必要はないと思います。


私はまだ会場に行っていないので実際の様子はわかりませんが、少なくとも能動的に見に行く方に対して、見せたいように誘導することは主催者側の義務だと思います。

投稿: da_da | 2011/03/26 10:08

妄想空間展は、会場を細かく仕切っています。

まず、会場一番奥の「妄想軍艦」からご覧いただきたいと思います。

これは、お客様の好きなよう (でたらめ) に見ていただくのではなく、作者の思い描くストーリーに従ってご覧いただくためです。

無視してご覧になるのは勝手ですが、映画でいえば途中から見て、結論を先に見てから、最初を見るというようなものです。

どのような美術展にも順路はあります。それに逆らいたければ、作者にその理由を述べていただきたいと思います。

あえて作者の思いを無視するのであれば、作者以上の創作力・物語を構築し確信なさっているのでしょうね。

投稿: MazKen | 2011/03/26 03:26

会場で売っているもの

MazKen関連書籍 へたクソなサイン入りで特価

作品オリジナルプリント 展示作品同様、高級和紙プり 
A4 3000円(込), A3 6000円, 展示作品 30000円~50000円

**全て送料込みで、後送します
**あちこちでやって疲弊している人が多いのでチャリティや義援金募金はやりません。

投稿: MazKen | 2011/03/24 00:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想空間/東京会場についてのご注意:

« -端境の焼失点-田中哲也展 | トップページ | 妄想空間/東京、折返しました »