« Emotional Japonism 展 | トップページ | フォトグラファー冥利につきる »

2010/11/14

"Emotional Japonism"展に出発

いよいよ明日"Emotional Japonism"展に出発となりました。

在ベルギー日本大使館:広報文化センターと交渉開始が昨年12月。
会期日程が決まったのが7月初頭。
会期が決まってからは、あっと言う間にその日が来た感じです。

■「妄想空間」という作品の概要は早くから決まっていましたが、
問題はプリント素材である和紙。
試作版を作る段階で、様々な和紙からのセレクトとプリンターキヤ
ノン;Pro9500 Mk2 のセッティング(相性とイメージの合致)に膨大
な時間と紙と費用がかかってしまいました。
協力いただいた、吉川紙商事(特にEさん)、キヤノン(CPS)、和紙会
社にはお礼申し上げます。

■本番プリントも、予想以上に大変でした。まずプリンターもイン
クもキヤノン;Pro9500 Mk2 とは当然違います。
プリントを担当するセツナのNさんと情報を交換しながら、試作版
にほぼ合わせることができました。
私は、試作版と会場に展示する本番プリントは一致する必要は無い
と思っています。インクも紙(和紙は全同銘柄でも違う)も筆も異な
るからです。
単体で見て「イメージ通り」の作品なら良いのです。

■作業では大判和紙特有の平滑性の無さ、ロール紙の巻癖せも難関
でした。
本当にNさんと、全体を指導していただいたアップフィールドのUさ
んにはお世話になりました。

プリントは展覧会に限らず、光画師とお客様の直接の接触媒体です。
最終的には入力装置のカメラよりはるかに重要な意味があるのです。
撮影した"データがいくらきれい"でも、お客様・他人様に見せる媒
体がヘボでは何の意味もないのです。
「光画師の意図するままにフォトグラフを人に見せる」という難し
さを、改めて感じました。

制作に関わった皆様のためにも、無事展示作業を終えたいと思いま
す。

在ベルギー日本大使館;広報文化センターの展示後は、来年国内各
地にて「妄想空間」展を開催いたします。
他の分野のアーティストとのコラボもお楽しみに!

|

« Emotional Japonism 展 | トップページ | フォトグラファー冥利につきる »

■EXHIBITION」カテゴリの記事

コメント

展示おつかれさまでした!
やはり和紙は優れた素材なのですね。

過日閉幕した「瀬戸内国際芸術祭」でも、
和紙を使った作品があちらこちらに見られ、
その表現力の豊かさに感じ入りました。

MazKenさんの「妄想」を受け止めるに不足のない素材なのですねー!

投稿: ○saka | 2010/11/18 23:46

時差は8時間。今午前1時半です。

展示は無事終了です。

関係の皆さま本当にありがとうございました。

紙の選択は正しかったですね。抜群に良好です。

宿は最悪、ヤジキタのウソツキ!

以上、近況です。

投稿: MazKen | 2010/11/18 09:37

ライブ重視ですかからね・・・創作フォトの面白さを知ってほしいですよ。

OLY東京神田、東京水道橋、OLY大阪、近江八幡で予定しています。

皆さま見に来て下さいね!

投稿: MazKen | 2010/11/17 09:04

色々ありがとうございました。

今午前1時を回りました。

1時間前にようやくホテルに着きました。

明日、作品の箱を開けます!

投稿: MazKen | 2010/11/16 09:31

日本を午前の便で出られたとしたら、もう現地についてますね(^^)
今は夕方でしょうか。
気候の全然異なる欧州の大気に、素材の和紙がうまくなじむことを
お祈りしています。
会場の情報などは帰国後にでもv(^^)ok ですので、
まずはエキビジションの準備を万全に整えられますよう!

投稿: ○saka | 2010/11/16 00:28

MazKen様、皆様、こんにちは。
ようやく、寒くなって来ましたね。
お風邪など、引いていらっしゃいませんか?

MazKen様は、また、大きな企画を計画されていらっしゃるようで・・・

今度のテーマは、『和紙』ですか。。。
和紙と言えば、私が好きな秩父地方の伝統工芸品で御座います。
また、鎌倉にも、和紙の専門店があります。きっと、京都なんかにも、専門店があるんでしょうね。。。

ジャパネスク。
今年の大河ドラマで、坂本龍馬、幕末が注目をあびましたが、日本は本来良いものを持っていたのではないでしょうか?
だから、私は、大学受験の選択科目に、日本史を選びました。当時は、圧倒的に世界史が人気があった・・・

明日、MazKen様は、
遠い異国(X-JAPAN的表現)に旅立たれるのですね。
お気をつけて、行ってらして下さい。。。
カゲながら、展覧会が成功する事を願わせて頂きます。。。

投稿: MORIMORI9 | 2010/11/14 13:29

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Emotional Japonism"展に出発:

« Emotional Japonism 展 | トップページ | フォトグラファー冥利につきる »