« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010/09/16

"36コマ1本勝負"展まで2週間!

ご無沙汰&お待たせしました!
いよいよ"36コマ1本勝負"が半月後に迫りましたね。

ポストカード(案内状)の発注も完了し、印刷の上がりを待ち、参加
者の皆さんには週末に23日発送予定です。

作品はお彼岸ウィークでも間に合います。計算上27日/月曜に現像
に出せば、ビュープリントとして上がり、10/2~4日に制作という
行程もありです。あきらめないでくださいね !(^^)!

困った人のために 21日/18時 から東京ネットウェイブ(千駄ヶ谷)
で、最後の制作アドバイス&相談会をやります。

前回はコチラ

まだ悩んでいる方、大丈夫!ゼッタイ間に合います!
18時からですが、都合の良い時間にお越しください。
20時で完全撤収です。参加者は無料です。

搬入を確認します。

搬入;5日(火) 16時展示作業開始~20時まで

搬出;10日(日) 18時撤収作業開始~20時まで

搬入・展示・搬出とも、全員集合してドンではありません。19時ま
でに来て作業でも間に合います。
展示・撤収要員確保のために、できるだけ多くの人に参加いただき
たいと思います。

搬入・展示できない人
展示スタッフが行います。作品パネル・額の展示順番、配置方法は
必ず指定してください。

「適当に任せます」が最も迷惑なことをお忘れなく!

必ずクロネコヤマト便で"10/5日 14-16時着"にて発送ください。
他の業者・時間指定で頼むと、バラバラに到着し手間がかかります。
時間指定を間違えると、ギャラリーに迷惑がかかります。

搬出できない人
必ずご自分の住所を明記したクロネコヤマトの着払い伝票を同梱し
てください。
作品パネル・額の裏面にはご自分の本名とHNを併記して、撤収スタ
ッフが一目瞭然で判別できるようにしてください。

この作品展はグループ展です
基本的に作品は、参加者一人一人がお客様に説明しましよう。
在廊当番は設けませんが、誰もいない会場はさびしいものです。
特に平日は少しでも時間があれば、会場に来てお客様の相手をして
ください。 それが作品展の楽しさだと私は確信しています。
また、土日は毎回満員御礼ですので、名乗っていただかなくて結構
です。

※私は10/9日(土)、娘の合唱コンクール(NHK)のため在廊しません
※展示が終わったら、懇親会をしましょう!(^_^)

タイトルカード
今回は、統一規格のタイトルカードを作りません。
というのは、かなり作品説明・紹介に差があり、文量もまちまちに
なると思います。
HNと題名、使ったカメラは必須項目と言えるでしょう。


では引き続き、質問・相談をお待ちしています。

| | コメント (52) | トラックバック (0)

2010/09/01

フォトグラフの概念

私にもっと商才があれば"写真屋フォトカノン"さんみたいなことを
していますね (^^ゞ 。 ナダール の林さんも好きです。

私の考えでは、プロ フォトグラファーであっても、商品・鉄道・自然・
ポートレート・スポーツ・料理等々、自分の専門や得意では代価を
いただく"プロ"ですが、それ以外では長年特定の被写体を懸命に
追っているアマチュアには叶いません。

"ある一線"からは、同じアーティスト仲間だという考え方です。
ただし"玉石混同"とは違いますよ。お間違えなく・・・


批判を覚悟で言うと、街角スナップやお散歩カメラに、固有の作画
的なうまさ、強烈な個性を感じるプロなんて5人ぐらいしかいません。

特別なロケ地に行ける人、特別な席(被写体)が用意されている人、
印刷物になって、能書きがもっともらしいからプロ作品に見える
だけだと思いませんか。

ブランド=撮影者を表記しなければ、プロと特定できずアマチュア
と混同しても分からない、特別な"絵"を感じない作品がほとんど
ではないですか?

客観的にやや冷淡にプロ作品を鑑賞してみてください。
もちろん、"その特権を得るのもプロ"なのでしょうが。

絵画をやる人はその点、「この場、この状況なら自分でも・・・」
という見かたで"表現法を客観視する"人が多いようです。
たぶん絵画や彫刻の分野の方が、プロとアマの壁が大きく
厚いだけに厳しいからだと思います。


ですから、フォト遊びカメラ遊びは十人十色。色々な表現を皆で
楽しみたいのです。 (評価は私の主観・嗜好だからしたくない)
皆がフォトグラファー、アート仲間だと思うのです。

☆お金をいただくには、"ある一線"のテクニック、絵ごころ(作画
センス)、をクリアしているのが前提ですが、昨今の自称プロでは
それも相当あやしいですね。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »