« "36コマ1本勝負"展 (ビュープリントで遊ぼう!) 開催日程 | トップページ | 米谷美久氏 一周忌 »

2010/07/30

最新デジタル用レンズとペンF (PEN-F)

Pen_eos01

かなりキレているAPS-C専用の新世代 超広角レンズがお勧め
PEN-FT+ SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC (EOS)

"muk コスゲ"さんに、初めて会った日から、もう1年。
マウントアダプターの世界では、知る人ぞ知るブランドになって嬉しく思います。

ペンF シリーズ用のマウントアダプター=ペンF系ボディとEOS用EFレンズの実現は、撮影派の私たちに、新しい可能性を開いてくれTました。

Pen_eos02

マウント部だけだと、EOS用大口径マウントアダプターがよくわかる

前回(5/7)の記事では、なぜEOSアダプターなのか? オールドレンズとの関係で説明しました。
今回は最新のデジタル一眼レンズの威力を、"せみちゃん。"さんの作例で見ていただきたいと思います。

まず、作例を・・・・クリックすると原寸の大画面が開きます。

著作権は、せみちゃん。さんです。
ダウンロードしてのテストプリント等は、必ず!絶対!個人の範囲内でご使用下さい。

P6230010_450
1) CLICKで原寸展開します

P6230028_450
2) CLICKで原寸展開します

SIGMA 10-20mm F3.5 Nikon用--> NOVOFLEX EOS/NIK NT --> EOS/PEN F (muk)

----- せみちゃん。さんコメント -----

すべて10mm (14mm相当) での撮影画像です。
2枚目(人力車)がほぼ開放での撮影,他は絞っています。
(デジタル化は) E-30+ベローズのデュープ画像の,JPG最大サイズ画質画像です。
Photoshop7.0でレベル・コントラスト・カラーを自動補正し,最低圧縮保存です。
あくまでデュープ画像ということで見ていただければと…。
恐らく手持ちのフィルムスキャナ(Canon FS 4000US)よりは若干よいかと思います。

--------------------------------


フィルム画像のデジタル変換については、フラットベッドはもちろん、へたなスキャナより、デジカメデュープの方が画質が良いことは、5月のセミナーで実証しましたね。
理論や噂、雑誌記事より、自分の目で確かめろ! Mazken主義です。

いかがですか?原寸大画面でご覧になりましたか?

ポイントは画像の四隅!
このSIGMA製レンズは、APS-C=約23.4×16.7mmフォーマットのデジタル一眼用です。
つまり、24×17.2mmのハーフフォーマットでは、シビアに言うと良像を保証するイメージサークルが足り無いことになります。
でも、四隅の画像は流れも、収差もほとんど見られず、立派だと思いませんか?
開放でも像の崩れや収差は、ほとんど見られません。
(14mm超広角ですから、歪曲は別ですよ)

残念ながら、マウントアダプターの構造上、キヤノン EF-Sレンズ系にある、純正の10-22mm F3.5-4.5との比較はできませんでしたが、私見(私の体験的主観)では、シグマのレンズが優位かと思います。

何より、PEN-Fマウントアダプターには、キヤノン EF-Sレンズが装着できないのですから、勝負ありですね。

最新のデジタル一眼用、ワイドズームとPEN-Fの組みわせ、今後もかなり期待できます。

|

« "36コマ1本勝負"展 (ビュープリントで遊ぼう!) 開催日程 | トップページ | 米谷美久氏 一周忌 »

■PEN-Fの心得」カテゴリの記事

コメント

せみ ちゃん。 ありがとうございます。

http://twitpic.com/2aoyh3

こんなに立派な装置があれば理想ですが、ベローズ(蛇腹式接写装置)無しで、先日のセミナーは乗り切っています。
近年のメーカー製マクロレンズはそのままで等倍撮影可能なので、CやNの35mmフルサイズ用レンズなら、APS-Cボディでハーフが余裕で等倍になります。
実際はフィルム枠(マスク枠やマウント枠)まで入れて、撮影を推奨しています。

元より35mm用に設計された等倍撮影レンズですから、APS-Cなら画像の中央部の美味しいところだけ使っており、フィルムの粒子がキッチリ見える画像が得られます。

尚、近々専用の複写台(業務用)も整備する予定です。

投稿: MazKen | 2012/06/20 11:55

ペンFファン さま。

1年近く時間が経ってしまいましたが(頻繁にこのブログをみないので),私の現在のハーフサイズ原版(ポジ)デジタル化(デュープ)システムです。
以下をご参照ください。
http://twitpic.com/2aoyh3/full
http://twitpic.com/2aoyh3
なお,ハーフサイズはフルム横向きではタテ画面なので,デュープカメラが横向きでは画面いっぱいに写せないので,スライドコピアの方を90°回転させて,フィルムを縦方向に通すようにしています。

投稿: せみ ちゃん。 | 2012/06/19 21:36

pen 現状、フィルム専用スキャナ(ニコン、キヤノン、ミノルタなど)は、
現行OS:Windows7ではドライバーが存在せず動かない問題もあります。

フラットベッドスキャナは便利かと思いましたが、やはり入力時間が
かなりかかり、作業効率の面で劣ります。
画質的にもフィルム専用スキャナから見ると劣るようです。
ただしA4判ぐらいで、画質の良否が見破れるレベルではありません。
もし画質が悪いとすれば、設定や補正の仕方が悪いのです。

レンズは必ず定評あるマクロか、最新のマクロを使って下さい。
データはRAWが絶対的に便利です。
なぜなら画質・色調補正は必須だからです。

投稿: MazKen | 2011/09/13 00:10

丁寧な回答有難う御座います。ハーフムーンの掲示板でこちらを紹介されました。マクロレンズはありますのでデジタル一眼
を購入して試してみます。方法が簡単で嬉しいです。有難う御座いました。

投稿: ペンFファン | 2011/09/12 22:57

motorsports motorsports motorsports
Pen Fファンさん、スミマセン!遅くなりました m(__)m

フィルム画像のデジタル化は、ペンスケッチ展はじめ多くの作品展を
手掛ける私たちの重要な課題で、色々と研究していました。
ブログでの活用も含め、一番手軽で、画質が良いのは何か?

昨年GWに皆で研究セミナーを行った結果、予想以上にフィルムを
デジタル一眼で直接複写する方式がベストに近いと判明しました。
つまりフィルム時代からある、デュープ方式です。

現代のマクロレンズなら、等倍撮影はいとも簡単です。
ライトボックスorライトテーブルにフィルムを水平に置き、それを正確に
直角(垂直)にセットしたマクロレンズ付きのデジタル一眼で撮影すれ
ば良いだけです。

フィルムは、フィルムスキャナのフィルムホルダーや、引伸ばし機の
フィルムキャリアで固定すれば申し分ありません。
連続撮影も容易になります。

今時のデジカメなら、1000万画素は当たり前ですから、A2判以上の
プリント作品を必要としない限り、十分過ぎる解像度を得られます。
逆にフィルムの方が「粗い」のが良く分かるハズです。

また、「画像入力装置」のスキャナには無い、カメラならではの「絵」と
しての良好な画質や、色バランスの良さも特長と言えます。

百の机上議論より、ぜひ体験してみて下さい。

投稿: MazKen | 2011/09/11 12:24

始めまして、昔ハーフカメラで撮ったネガ(主に白黒)をデジタル化したいのですが、よくわかりません。Half Moonの掲示版でこちらを紹介されました。こちらで↓の記述を見つけました。具体的にどうするのか可能な範囲で御教示頂ければと存じます。尚、コンデジは所有していますが後は全て機械式カメラ(PenF/FT、OM-1を含む)です。

次に,「スキャナよりもデジカメによるデュープの方が画質がよい」可能性が高いのは,あくまでも「原版がハーフサイズの場合」であるということです。

投稿: Pen Fファン | 2011/09/09 21:18

せみちゃん。さん、ひとつだけ・・・(^_^;)

EOS 1D系の採用している 28.1×18.7mm 前後はAPS-Hサイズといいます。
EOS 1DS系 36×24mmフルサイズに対して、レンズの焦点距離は約1.3倍になりますね。

SIGMAは、EOS 1D系ボディ も推奨しているとすれば、ハーフのイメージサークルはカバーしているとなります。

おっしゃるように同じ APS-C でも 撮像素子 の面積が違うので、キヤノンは焦点距離が約1.6倍、ニコンが約1.5倍です。
70年代以前じゃあるまいし"ISO" でキッチリ統一すべきですよね!

フィルムで言ったら、1コマのフレーム枠がメーカーや機種によりバラバラ・・・60年代までのニコンがそうでした。
ハーフも短辺が、17.1~17.4mmと当時のJIS規格自体が曖昧で、PEN-FとFTでも異なります。
いずれにしても、雑誌によくある「ハーフは36mmを半分にして使うから、18×24mmは大ウソ」です。
そんな規格だと、コマ間が無くなります。

記事を検証しないような本や雑誌は買わない方が良い。

投稿: Mazken | 2010/08/04 10:53

書き忘れです。

SIGMA 10-20/3.5 (for Nikon) などをNOVOFLEX+mukアダプターでPEN FTに付けて使う場合,絞り操作はできるわけですが,正確な絞り値はわかりません。
なので,アダプターの絞り操作ノブのどの辺りが絞り何に相当するかテストしておく必要があります(EOSに付けて調べられますね)。
私のFTは幸いメーターが“生きて”ますので,内蔵メーターでTTL No. “0”に合わせればリバーサルでもほぼ適正露出になりますが(前後合わせて3枚撮ればまずO.K.)…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/08/01 22:59

MazKen さま,Shige さま。

MazKen さま,私の実例のご紹介どうもありがとうございます。

さて,画像提供者本人より若干の補足をいたします。

まず,SIGMA 10-20mm F3.5についてですが,ひとくちに“APS-C”サイズ(対応)といっても,実際は各メーカーとも画面サイズはばらばらで,本来のAPS-Cの画面サイズ(23.4×16.7mm)であるメーカーは無いに等しく,小さいのは22.2×14.8mm(EOS 40Dなど)から大きいのは28.1×18.7mm(EOS 1D系)と幅があります。
なので,SIGMAレンズはそれらをカバーするように設計されているはずで,24×17.2mmのハーフサイズをカバーできることになります(ほぼぴったりといってよい:Samyang 8mm F3.5も同様)。

次に,「スキャナよりもデジカメによるデュープの方が画質がよい」可能性が高いのは,あくまでも「原版がハーフサイズの場合」であるということです。
原版がフルサイズの場合は,例えば,EOS 5D Mark II などの画素数の多いデジカメと,それと“相性の良い”高性能なマクロレンズを使えばかなりイケルかもしれませんが,Nikon 5000シリーズなどの高性能なフィルム専用スキャナの方が勝つのではないか…と。
ハーフサイズ原版の場合,スキャナではフルサイズ原版をスキャンする時の半分の画素数になってしまうため,それならばデジカメで画面いっぱいまで拡大すればスキャナに“勝てる”かも,と思った次第です。
なお,デュープにどんなレンズを使うか,ですが,使うデジカメとの相性や,ベローズやスライドコピアとの組み合わせで決まるため,一概には言えないのですが,少なくとも,OLYMPUS E-30あるいはE-P2+OM ZUIKO 50mm F3.5は悪くない組み合わせと思っています。
なお,このレンズでデュープの際は絞りは(5.6〜)8がベストです(それより開けても絞っても画質は良くはなりません)。
なお,近いうちに,EOS 5D Mark IIとMP-E 65mm 2.8 1-5Xや,他のレンズでも試してみる予定です(そういえば先日,都内某中古店にS-Planar 100/4+ベローズのセットが…!!!)。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/08/01 22:51

レンズのヘリコイドについて補足しておくと、∞/無限遠を通り越してしまう分には撮影に支障はありません。
たとえば、AFのEOS-EFレンズなど大半が ∞/無限遠より先までヘリコイドは回ります。

問題は∞/無限遠になる手前で、ヘリコイドが止まってしまうこと。
つまり、∞/無限遠が出ない現象は困るでしょう。
お月さまにピントを合わせると、簡単に診断できます。

一眼レフなのだから、指標より自分の目でファインダー像で∞/無限遠を確認するのが当然。
レンジファインダーカメラのように、指標を神経質にあてにするのはナンセンスだと言えます。

ついでで失礼! いまだにPEN-FTのTTLメーターの精度云々を言う人が多数いますが、ナンセンス!
あなたのPEN-Fは、高速シャッターが1/2段から2/3段遅いはず。
低速シャッターがバラバラな個体も相当多いです。
自分のカメラの正確なシャッター速度も知らずに、40年も経過したCdSの精度もへったくれも無い!

だから実際にポジフィルムで撮影して、シャター速度の精度を診るべきなんだわ。

投稿: MazKen | 2010/07/31 22:46

マウントアダプタに強いEOSのEFマウントをブリッジ (橋渡し) に使うと、こんなこともできるのです。

mukマウントアダプターを使う人に、∞ (無限遠) が出ないなどと言う人はいませんね。
さすがに実写派の人が集まるブログです。わかっていらっしゃる。

デユープでマクロレンズは重要ですよ。
その点でオリンパスのOM-ZUIKO 50mm F3.5 マクロは、すごい威力でした。


さて今日は町内会のお祭り。
昨年はE-P1で撮影して、やっぱり使いにくさに閉口。
今回はE-PL1だったのですが、やっぱダメ。
タイムラグが大きくてKISSの素早さに比べようもない。
フォトは一瞬が勝負なのに、私の脳内イメージより2テンポは間違いなく遅い。
相変わらずAFは迷って遅いし・・・ペンデジはね~~(-_-)
このカメラが良いというのは、元コンデジの人だね。

投稿: MazKen | 2010/07/31 14:23

うっひゃ~!!こんな使い方があるのですねぇ~!マウントアダプタに強いペンだけに最近のデジ用レンズも使えちゃう。

考え付かないことでした。さすが実写派ですね。おれも実写派ですが、EP2の中古でも出たら、愛用のPen-Fのマクロ38mmで遊びたいな~と思っている次第。

フィルムのスキャン、デジカメを使ったほうが画質が良いのですか!実はオレも起動やら面倒なので古いフィルムスキャナは使わず、一眼デジとマクロ使いデュープしていたんですよ。これで古いスキャナー捨てる決心がつきました。(笑)

投稿: Shige | 2010/07/31 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531506/49011944

この記事へのトラックバック一覧です: 最新デジタル用レンズとペンF (PEN-F):

« "36コマ1本勝負"展 (ビュープリントで遊ぼう!) 開催日程 | トップページ | 米谷美久氏 一周忌 »