« "ペンスケ6"の相談コーナー | トップページ | うれしくないお知らせ »

2010/03/15

マウントアダプターは面白い

0051_1200
(C)MazKen  EOS 50D

マイクロフォーサーズが再燃させた、マウントアダプター遊び。
実は PEN-F 系がその元祖的存在だったというのも、新旧OLYMPUS-PENつながりで面白いですね。
その
仕組みや詳細はコチラで読んでください。
きっと初心者でもご理解いただけると思います。

01_1200
(C)MazKen  EOS 50D

Maz_0021200_3
(C)MazKen  EOS 50D

マウントアダプターの話題は、マニアはもちろん一眼タイプのカメラに詳しくない人でも、注目を集めています。
ここでは思い切りその話題で情報交換していただきたいと思っています。
初歩的な相談はもちろん、マニアックな裏ネタ・隠し技まで書き込んでください (^○^)


012_900
(C)MazKen  EOS 50D

|

« "ペンスケ6"の相談コーナー | トップページ | うれしくないお知らせ »

■LABORATORY」カテゴリの記事

コメント

追伸:
先ほどの対角線魚眼ですが,もちろんそのまま装着するのではなく,マウントアダプター併用です…(PEN F-Nikon F:これがヒント…?)。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/05/10 20:05

「PEN F(/FT/FV) に使用可能で最も明るく最も画角が広く比較的小型・安価な対角線魚眼」
を最近発見し,先日ようやく入手しました…。

目下,テスト撮影中で,現像はこれからですが,先に入手した“幻の”accura=Sigma 12mm F8よりははるかに新しいので画質も良さそうです。フォーカシングもできますし,絞りも選べます(3.5〜22)。ただし,PEN Fで使うためには若干/それなりの改造が必要です…。

ペンスケ展(東京会場)に持参するかと思います(銘柄はその時までヒミツということで…)。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/05/10 20:01

「設計が古いから・・・」50mmF1.4はスーパースタンダードですから、これが事実なら、仕事では使えないという烙印を押したようなものです。
もちろん、そういうレンズがあったから、CもNも新タイプへの切り替えを急いでいるのですがね。

それにしても、"現行レンズ"を批評するなら、最低限同一のテストチャート(モチーフでも良い)で、絶対的な基準値を提供するべきだと私は思いますよ。
絶版旧型レンズの描写を、"味"や"好み"で記述するのとは、責任が違ってきます。

カメラ雑誌が取り上げないこと、これは自分たちで研究するしかありません。
フィルムスキャンやデジタルデュープはその好例だと思います。
作品にはもっとも重要なファクター、プリントもなぜかカメラ雑誌は無視しますね。
答えはどちらも企画として「地味」だからです。

研究や試行錯誤は楽しいことですし、情報は皆で共有すべきだと思っています。

私が好まないのは、プロアマ星の数ほどいるカメラ評論家です。
どうぞご理解ください m(__)m

投稿: MazKen | 2010/04/21 19:00

MazKen さま。

おっしゃることはそのとおりで,最終的な結果が大事だと思います。

私が書き込んだ内容と,MazKen さん のおしゃることは,表現は難しいですが,土俵が違うというか,の内容で,噛み合う・噛み合わないということではない…と思ってます。別にもめようと思って書き込んでいるわけではないのですが…。
「あくまでデータとして」(要するに事実として)とことわったのもそのためです。
私は職業としての写真家(MazKenさんのおっしゃるフォトグラファー)ではありませんので,例えば「このレンズでハーフをデュープするとどうだろうか?スキャナと比べたらどうだろうか…?」などといろいろ試してみるプロセスを楽しんでいるところがあるのも事実です。

失礼しました。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/21 12:58

せみ ちゃん。 さん、皆様にも同じですが....お話しておきます。

私とてカタログ資料的なこと、カメラ雑誌の記事程度の"知識"は十分存じています。

我々の仕事現場、仲間内で問題無い、特に不満の無いレンズを、皆様がカメラ雑誌評論家の極めて主観的な記事で判断されるのは良くない傾向です。

何が古い設計だからニジムですか? それなら我々のキヤノン使いの撮るフォトはみなニジミだらけでしょうか?!
本文でレンズの性能を評価する以前に、タイトルカットの商品撮影テクニックはどうですか?
そちらの方が問題でしょう?

我々は機材の性能(解像力)で、仕事や作品を撮っているのではありません。
感性(センス)、営業力、作品の訴求力、作品の品位、ライティングテクニック等が優先事項で、撮影機材云々はクライアントや出版社に不満を与えなければ良いのです。
もちろん、お客様が不満に思う前に、我々が先に機材の不備は発見するのが、フォトグラファーの仕事でもあります。

フォトグラフは、レンズを研究するのが本旨ではありません。
撮影機材にベターを求めることは必要ですが、作品の内容と作品本来の品位(クオリティ)はその数十倍も大切なのです。

投稿: MazKen | 2010/04/21 12:37

MazKen さま。

> EF50mm F1.4、これは現行製品でしょう。
本当に甘かったりニジムレンズなら、プロサポートは苦情の嵐ですよ。「一刻も早くモデルチェンジしろ!」ってね。
仕事ではゼッタイ使えないレンズって意味でしょう。
でも、キヤノンのプロは使っている。今でも「標準の中の標準」と言う・・・どういうことです?

マイクロ4/3に装着した場合は、ソフトフォーカスレンズなのですかね?
たしかに大口径は大きなイメージサークルが災いして、フレアっぽくなりますが、EFより旧世代のOM-ZUIKO 50mmF1.2だって少し絞れば、カッキリ撮れる。


私,いちおうキヤノンも旧F-1時代から使っていて,しかし,だからといってキヤノンを擁護するつもりはさらさらないですが,
あくまでデータとして,ですが,Canon EF50mm F1.4 USM は,
http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/data/standard/ef_50_14_usm.html
によれば,発売開始は「1993年6月」とのことです。その後,公になっていない改良(対デジタルとか)がされていないともいえませんが。改良がなかったとすれば,ZUIKO DIGITALのような“デジタル専用設計”ではないでしょうから,フィルムの時と同じには写らないだろうな(例えば,シグマの8mm F4を4/3で使うと対角線魚眼になりますが,やはり画質はZD 8mm F3.5よりはるかに劣ります…:ので手放しましたが,1.4倍のテレコンでPEN FTで対角線魚眼になったんだよなぁ…と今となって後悔:余談ですが)…と。だからそういうレンズ対策としても電子的な(ソフトでの)収差補正をしているのだろうな…と思ったまでです。OM-ZUIKO 50mm F1.2やPEN ZUIKO 20mm F3.5がM4/3でよく写るのは,(科学的表現ではないですが)たまたま“相性がよい”ということなのかなぁ…と。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/21 12:10

akkii |さん、ごめんなさい! 

最新のカメラマン誌の別冊ムック"PENオーナーズBOOK"の仕事で、ペンFTとE-PL1を同一条件で撮影したのですよ。
ほぼ同じ条件で、最新デジとハーフの画像をA4判で見比べって"日本初"で面白かったでしょう。
作者的には、E-PL1の画質よりペンFTとスキャナの出来の方が興味深いと思ってます。

レンズは一番美味しい絞り値があって、そこを探すのも楽しみです。
もっとも私的には、大口径なら開放が基準で、被写界深度が欲しい時だけ最低限絞りますがね。

撮影データは中学・高校の頃は丹念につけていました。それが糧になっているのは事実です。
写真学校でも強制的にやらされたし・・・(^_^;)

カメラ雑誌のフォトコン・・・デジは撮影記録が残るけど、一昔前のはウソのかたまり。
ライバルを煙に巻く、イヤラシイ嘘っぱちデータばかりでしたね。
フォトコンって大嫌い! そんなに競いたいならとっととプロになれよ!
あ、本音が出てしまった・・・・

投稿: MazKen | 2010/04/21 09:25

>> EF50mm F1.4が設計が古いからニジムだと・・・・そんじゃ、天下のEOSデジじゃあ使え無いってことじゃん。

>電子的な諸収差補正をすればいい,ってことなんでしょうかねぇ…

違いますよ! 
EF50mm F1.4、これは現行製品でしょう。
本当に甘かったりニジムレンズなら、プロサポートは苦情の嵐ですよ。「一刻も早くモデルチェンジしろ!」ってね。
仕事ではゼッタイ使えないレンズって意味でしょう。
でも、キヤノンのプロは使っている。今でも「標準の中の標準」と言う・・・どういうことです?

マイクロ4/3に装着した場合は、ソフトフォーカスレンズなのですかね?
たしかに大口径は大きなイメージサークルが災いして、フレアっぽくなりますが、EFより旧世代のOM-ZUIKO 50mmF1.2だって少し絞れば、カッキリ撮れる。
なんか変じゃない?

総じて、商品フォトがヘタですよ。
ディテールをカッキリ見せなくていはイケナイ商品フォトこそ、アマチュアにはなかなか撮れないプロの真骨頂でしょう。
そういうところを、注意して見てくださいね。

投稿: MazKen | 2010/04/19 09:07

私も書店で少し立読み(^^;)して参りました。
私が20mmを苦手にしていた理由がよく解りました。
よくよく考えてみると屋外昼間に撮ってばかりで
開放近くを使っていなかった事が判りました。
一昨日丁度20mmを持ち出した時に絞り過ぎかも、と
気にしながらなるべく絞りを開けて撮ってみようとしていた
答えを頂いた感じです。
レンズのクセを把握する迄は撮影データを記録しておくべきかと
真剣に考えた瞬間でした。
苦手、なんて所詮先入観でしかないのですね。
もっと使い込まなきゃいけません。

投稿: akkii | 2010/04/19 09:04

MazKen さま。

そうそう!書店で『オリンパス PEN オーナーズBOOK』を見たのですが,MazKen さん も出られてましたねぇ〜。そもそもはオリンパス・田中さんの作品が出ているというので,見てみたわけですが。
「前向きな批判的意見」も出ていてよかったです。
あと,巻末の“オリジナル・PEN”の話も,温故知新でよいと思いました。

> EF50mm F1.4が設計が古いからニジムだと・・・・そんじゃ、天下のEOSデジじゃあ使え無いってことじゃん。

電子的な諸収差補正をすればいい,ってことなんでしょうかねぇ…

それでは…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/19 07:54

"OLYMPUS PEN オーナーズBOOK"というのが出ましたが、マウントアダプタ企画のフォトはひどいね!

タイトルなんか、"商品撮影"なのにピンが来ていないでしょう。
ライティングも映りこみも汚いね・・・・ありゃプロの仕事じゃないよ。
反論ある?

EF50mm F1.4が設計が古いからニジムだと・・・・そんじゃ、天下のEOSデジじゃあ使え無いってことじゃん。
そんなら私のPEN-Zuikoの"金属塊"撮影なんてどうなんだよ! F2.8でカッキリシャキリ写っているじゃん。
曇っている中古レンズでも使ったんでしょう?
あ、このカメラ評論家の大先生、ニコン党でしたね。無理ないや。


投稿: MazKen | 2010/04/18 23:49

MazKen さま。

まぁ,話題提供ってことで…。
雑誌記事は現物を見てませんが,昨年は気づきませんでした(立ち読みはしてるのですが)。

> kimiさんが、ケンコーDSLRをわざわざ提供してくださったので、先にテストした後、セミナーで皆さんにも体験していただきましょう。
mukさんがニコンのデュープ装置を用意してくださるので、こちらも楽しみです。

これは5月1日の方でしょうか…?

ところで,密かにでもないですが,考えていることは,EOS 5D MarkII + MP-E65/2.8 1-5X + ES-1です。
これならハーフサイズでも2200万画素で画面いっぱいにデュープできます(1.5倍で)。
実はES-1を購入しまして(今日届く予定),こいつはどのようなレンズもいかようにも?使えるので,購入した次第です。
5/1にこれで試せるようなら,カメラボディはありませんが,MP-E65/2.8 1-5X を持参してうかがおうと思うのですが。

それから,

> 電子的な諸収差補正もできる

とのことですが,EOS 5D MarkII でこのレンズでも可能なのでしょうか…?
もしそうなら,先の話ですが,EOS 5D MarkII の購入も考えようかな…と思っています。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/17 13:20

せみ ちゃん。 さんから見ても、当然のことが書いてあるに過ぎないのではありませんか?
カメラ雑誌のレベルの低さを感じます。

だいたいRAWで撮れば、コントラストも色調も明るさも、調整範囲で問題ありませんよ。
キヤノンならDPPで補正するのが普通で、最終的にフォトショップで微修正が定番です。
少し前のオリみたいに、ダイナミックレンジが低くて、ハイライトがジャンプするカメラならともかく、CやNならまさにピクセル等倍で見たいですね。
サイズをあんなに縮小してJPEGでは、画質比較実験にはなりません。

ボディは5D Mk2まで使って、レンズが***ですか?
こういう客観テスト=実験撮影なら、レンズはEF-マクロを使わないと無意味でしょう。
電子的な諸収差補正もできるのですから....EOSの性能を100%使い切るなら、純正レンズ以外ゼッタイに考えられません。

kimiさんが、ケンコーDSLRをわざわざ提供してくださったので、先にテストした後、セミナーで皆さんにも体験していただきましょう。
mukさんがニコンのデュープ装置を用意してくださるので、こちらも楽しみです。

論より体験、百聞は一見に如かず です。

投稿: MazKen | 2010/04/16 22:27

「スライド(ポジフィルム)のデジタル化・EOS5DMark IIで複写」

http://tontus.blog44.fc2.com/blog-category-6.html#entry218
というブログに:
「日本カメラ2009年7月号の特集に
【フィルムのデジタル化】スキャナとデジカメ複写を比べてみたというのがありました。
「フィルムをスキャンするのと、デジカメで複写するのではどちらがいいのか?—銀塩フィルムファンや過去のフィルムをデジタルアーカイブ化したい方には気になるところ。今回はフラットベッドスキャナーとデジイチを主に比べてみた。」ということで実際にやった結果が出ている。
そこでは、スキャナーはエプソンのフラットベッドスキャナーGT-X970を使用、一方のデジタル一眼の方はニコンD90にケンコースライドデジコピアDSLRを取り付けて複写している。
ということで、その結果はというと
「いくら1200万画素のデジタル一眼レフで複写しても、スキャナーにかなうはずがない、思い込んでいた。ところが、いざ複写してみると…ややコントラストが高いものの、大きな不満はない。複写でデジタルデータ化するのも「あり」だと感じた。」
というものです。・・・以下略」
案外,ケンコーのもいけるかも?です?!試してみたいものです…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/16 20:29

そうそう....まず自分で体験しないとイケマセンね。
機材お借りします m(__)m

せみ ちゃん。さん、小僧フォト展ではEOS D30 (30Dじゃないですよ)時代の作品を、東京と神戸で展示しました。
言わなきゃ誰も(300万画素)なんてわからなかったでしょう?
会場で、撮影カメラが300万画素と言っても、画質がチープなんて誰も言わなかった。

その後、10D (600万画素) ではもうコマーシャル撮影=A4判カタログの表紙なんかどんどん撮って使ってますよ。
ちょっと無理してA4見開き=A3判でも使っているぐらいです。

今も手元に、当時のカタログや雑誌(作品)がありますが、別に画質が見劣りするとか...感じませんよ。
確かに厳密に言えば、撮影した自分的に「ああ、この当時はこんな再現度ね・・・」とは思いますが。
クライアントや出版社から、画質や解像度に対する不満なんて一言も無いですよ。
つまり、画質的に十分合格!なんです。

商品や風景を撮って、雇う側や鑑賞者がお金を払うに値すると言うなら、使っている撮影機材はそれで正解なんですね。
まして個人的な作品なら、はるかにアバウトで心象的な撮影になります。

投稿: MazKen | 2010/04/14 01:07

キヤノンのデジタル一眼ですが,“仕事”で使ったことはありますが,確かに,もう随分前の機種となったD60でさえ,数値云々抜きに「よく写るなー(JPGでも)」と思ってました…。
しかし,“私用”ではいかんせん先立つものが無く…_| ̄|○購入に至ってません…
買うなら5D mark2なんですが…フィルムEOSは3とRTを使っていましたが,現在最低限のシステム(3ボディ,100,65マクロ,マクロフラッシュ)以外は処分してしまったので…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/13 07:40

MazKenせんせい

>ポジフィルムをマウントなんて私はしませんが、ニコンのC>OOLSCANに付属のスリーブホルダを使えそうです。
>小菅さん、ちょっと試したいです (^^ゞ

今度お持ちしますよ。

先程はガラスのネガキャリアを挟んでみましたが、ちょっとキツイ感じでした。
COOLSCANのスリーブホルダ使えたら良いですね。部品で買えますかね欲しいです。

投稿: muk select 小菅 | 2010/04/13 02:01

kimi さま。

スライドデジコピアDSLR に関して質問なのですが,先端部のフィルムをセットする部分が回せるようになっているようですが,この部分は外せる(本体部分と分離できる)のでしょうか?

ご教示ください。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/13 00:56

☆彡 akkiiさん、フィルムは銘柄、乳剤のシリアル番号、現像処理環境、そしてプリント紙のメーカー、プリント紙の現像処理等々で全部色が違います。

プロラボやスタジオは、新しいフィルムが来るたびに撮影と現像テストをして、実効感度や色補正CCフィルターを決めるのです。そして、たまに良いロットのフィルムが入ると、大量に買い込み保管する。

良い色なんて何が基準か? 誰もわかりませんよ。
撮った当人の頭に残った記憶、「記憶色」が基準です。

故に、美術品の保存や修復、医療の現場からデシタルフォト化が進んだのです。

私はRVPどころか、フォルティアというフィルムを多用しているのをご存じでしょう?
あれは、超ヴィヴィットカラー、まったく嘘の色です。
それでも、趣味の作品としてはとても面白い、インパクトのあるものができる。
だから私の趣味的作品制作には良いフィルムです。

デジイチは仕事用ですから、商品の色、素材の質感がどこまで忠実に出せるかが第一目標です。
そうなると、キヤノンかニコンしか正直使えません。
解像度ではありません。映像エンジンとRAW現像ソフトの問題です。

akkiiさんも、オリファンはわかりますが、デジイチのスタンダードとしてキヤノンかニコンの中級機は持つべきだと思います。
なぜ、そんなに良いかは良いカメラを「使いこなさない」と見えませんよ。
はるさんのEOS 5D MkⅡ、初心者だからこそ賢明な選択だったと思います。

投稿: MazKen | 2010/04/13 00:43

連投すいません。
スライドコピーネタですが、手元にNikon ES-E28という
古いスライドコピーアダプタがあります。
なにせCoolPixの300万画素時代のものなので
正直使い物にならずほりっ放しでタンスの肥やしになっていたのですが
素通しで磨りガラスがついてるだけのものでスリーブが一本通せます。
何とか使えないものかと思ってるのですが
いかんせんデジイチ持ってませんので何とも...。
いずれ試してみようかと思います。

投稿: akkii | 2010/04/13 00:16

カメラを趣味にしだして数年ですが、色って難しいですね。
デジカメのAWBがどうも信用できなくて(気に食わんので)
カラーカードを購入してはじめ持ち歩いていました。
一回撮ってみて取り込み時調整、なんて。フィルムでも同じく。
ただ、Canoscan9950Fを購入して、以前使用してた2700Fと
あまりに色が違うので試しにカラーカードを直接スキャンしてわかりました。
どのようにスキャンしても、黄緑と紫は同時には色再現出来ない、と。
それ以来、レンズの色ノリ、とか、ネガの色(某メーカーの独特の色)とか
デジタル化するなら全く評価の意味がない、というか
よくわからないというか、どーでもよくなったというか...。
なのでネガは感度と粒状性以外、選択の基準にならなくなりました。
またリバーサルのVelviaをメインにしてからというもの
撮る時点でこの色が実際より派手に写るとおもろいかも
という目線になってる自分にも気付きました。
記憶色もクソもありませんね。元の色ってほんとなんなのかわかりません。
MazKen師匠の言うところの”写真”っていう訳がおかしい
と言う意味がジワジワとわかってきました。
その意味では私達プロではない趣味人にとっては
デジのメーカー如何ではなく、プリントして作品にしてなんぼ、ですね。
デジイチ持ってませんが...。

投稿: akkii | 2010/04/12 23:46

☆彡最初に言いますと、私共は作品で悩むこと、悩む時間はたいそうありますが、機材(画質)で悩むことはほぼありません。

写りが悪ければ「このレンズはこんなもんか」だし、所有撮影機材でベストを尽くして不満足なら、新しい撮影機材を買うしかないとあきらめます。
実際、モニタ上ではかなり暴れている画質でも、A4判雑誌にしてしまうとアラはほとんどわかりません。
撮影者のみぞ知るぐらいです。

ゆえに、現在の所有機材でクライアントや出版社から不満が来なければ、最新機材に慌てて買い替える必要も無いのです。

ですから、現行のオリのデジイチはカメラ自体は、E-410世代より格段に良くなりましたが、RAWソフトの使いにくさで仕事に使う気はありません。趣味やフォトアート制作は別ですが・・・・

☆彡ニコンの スライドコピーアダプター ES-1 はキヤノンでも使えそうですね。
ポジフィルムをマウントなんて私はしませんが、ニコンのCOOLSCANに付属のスリーブホルダを使えそうです。
小菅さん、ちょっと試したいです (^^ゞ

投稿: MazKen | 2010/04/12 23:23

せみ ちゃんさま
kimi さま
MazKenせんせい

度々失礼します。少し試してみました。
マイクロフォーサーズ+アダプタ+PK-1+PK-2+マイクロニッコール55mmF2.8S+ES-1でハーフ版がちょうど良さそうでした。
少々ややこしいですが.・・・。
紙のスライドマウントでフィルムを挟んで使用しました。引き伸ばし機のネガキャリアでも付けば良いのですが。
    小菅

投稿: muk select小菅 | 2010/04/12 18:47

せみ ちゃんさま
kimi さま
MazKenせんせい

デジタルデュープのお話、楽しく興味深く読ませていただきました。

私の試した組み合わせでは、
オリンパスZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroと
ニコンのスライドコピーアダプター ES-1
http://shop.nikon-image.com/front/ProductFHW00301.do?cid=IJD98TJZDJ002280
ので35mm版までなんとかいけます。

ハーフ版まで持っていくのはすごいですね。私もチャレンジしたいです。

最初はマイクロニッコール55mmF2.8Sと接写リングで試しておりましがうまくいかず。
もちろんフルサイズのニコンがあればOKですが、当時D100で試しておりました。
どうもうまくいかず諦めておりましたが35mm F3.5 Macro(これもフィルタ経52mm)で試すとあっさりと。

マイクロフォーサーズで使用すればライブビューが便利でしたが、スライドデジコピアでのご指摘と同様回転するので正位置が面倒です。

もうすぐマイクロフォーサーズ用のマクロチューブが出来上がって来ますのでハーフ版をためしてしてみたいです。

そういえば先日入手したプラナー60mmの等倍マクロがあります。フィルター経がでかいのでES-1は付きませんが、スッテップダウンリングを探してやってみます。
試したら報告いたします。

        小菅

投稿: muk select 小菅 | 2010/04/12 14:31

MazKen さま。

貴重なご助言どうもです。

そうそうそうなんです。
最終的に何に使うか(ブログなどWebにアップするならばそこそこで十分だし,プリントするならばそのサイズに応じたもの)で変わってくると思うのです。
例えば,A3ノビにプリントアウトなり半切りにプリント(銀塩出力)して(自分なりに)満足できればよいわけで…。
先日の“小僧フォト展”でお見せしたA3ノビのインクジェット出力はOM50/3.5+OMベローズ(+スライドコピア)+E-30だったわけですが。
なお,
> 正直言うと、オリのデジタルカメラは、現行の機種以前では
とのことですが,自分はE-30とE-P2なんですが,これらはとりあえずどうなんでしょうか…?
それから,色調の話ですが,確かに(まだちゃんと試してませんが),光源を空打ちでワンタッチホワイトバランスしてRAWで撮っても,最終的にPhotoshop(7.0)の「自動カラー補正」で調整した色のほうが結局「らしい」色だったりです(先日お見せした出力もそうです)…。
まだまだ“研究”の余地はありますが,今のところはこれでよしかなぁ…と思ってます。
結局のところ,“人柱”になって試してみるのが一番ではあります…(¥もかかりますが…)。
しかしながら,実体験に基づいた情報は提供して共有できればと思っています。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/12 14:07

■デジタルデュープの作り方

せみ ちゃん。さん、kimiさん、貴重な報告ありがとうございます。
興味深く拝読しました m(__)m
以下、部分的・独断的なコメントになりますが、ご容赦ください。

■一番重要なのはデジカメです。
デジカメはデュープフィルムの役目を負うものですから、何より大切です。
デジの特性で言えばフィルム判面云々ではなく、最終的に取り込んだ画素数が800万画素相当あれば、通常の観賞サイズ=私的にはA3ノビ判まで十分耐えると思います。

以下は、キヤノン・プロサポート室で、私のデジカメの師匠といえるN氏の言葉でもありますが「フォトグラファーは解像度の実験をやっているのではなく、より良い絵を作り見せるのが目的(仕事)」です。
フィルムの粒状(解像度)ばかりを見て、絵としての画像品位を見ずという考えは無意味です。
デジタルイメージング部門は、製版用カメラや、工業用(プリント基板用)カメラを作っているのでは無いのです。
たぶん一般の美術や芸術・フォト鑑賞者の見方も同じです。

正直言うと、オリのデジタルカメラは、現行の機種以前では画像エンジンが未熟と言ってよく、色再現性(カラーバランス)や、階調の平滑性、ダイナミックレンジ、ノイズ、ドットの並びが持つデジ的な粒状性が粗末です。
つまり忠実再現を第一とするデュープフィルムとして、ふさわしくない。

あくまでニュートラルで滑らか画像をえるためには、現状キヤノンやニコンのデジボディは不可欠です。
何度も申しますが、これは解像度より大切なことです。
なぜ商売・仕事でデジイチを使う者が、キヤノンorニコンばかり使うか…"必然"だからです。
その点で私はパナソニックを見直したと言うのは、お世辞ではありません。
さすが放送業界用の映像システムを作っている会社だと思いました。

■デジデュープで次に大切なのはレンズ。
まず汎用スキャナ。フラットベッド型スキャナのレンズは、レンズ付きフィルムのようなものです。
被写界深度だけで結像していますから、たとえ非球面レンズ(プラスチックモールド)だろうが、それこそ解像度に甘さがあります。
ただし多くの方が、この機材で「魅せる」作品を作っているのも事実です。

フィルム専用スキャナの話しで、価格.comの某さんがNikon COOLSCAN-4を不満にしている発言は同意できません。
どれほどの作品を、どれほどのクオリティで見せたいというのでしょう? 作品を拝見したいものです。
私はニコンやコニミノのフィルムスキャナ(最後期型)は、ハード面ソフト面とも高く評価していますし、今後も大切に使うつもりです。
ニコン、コニミノ、キヤノンの最終期のフィルムスキャナが入手できれば、絶対買うべきでしょう。
ライバルは業務用のドラムスキャナだけです。

■ケンコーの スライドデジコピアDSLR ですが、定価21000円でマクロレンズ付き・・・では原価は?
ニコン,キヤノンユーザーとしては、最初から安価な商品は、ちいと心配です。
レンズはプラ玉で、モールド非球面でも何でもないでしょう? 普通に考えると、優秀なデジカメボディ側が可哀そうです。

ただし、ブログユースあるいはフィルムセレクト用(一時記録用)ならとても安価で、スキャン時間の節約に有効です。
ピントはkimiさんのおっしゃるようにライブビューで、バッチリ確認できます。
PCモニタに表示なら画面の隅々まで撮影前に確認もできます。(この製品付属レンズの収差は心配ですが・・・)
ブログ使用であれば 1200万画素級 で2コマ同時でも、十分期待に応えると思います。
現物をテストしていないので、憶測はやめましょう。
kimiさんが使えると言うのなら、この製品は使えるのです。

■撮影時に「ヒストグラムでRGBのガンマ云々…」まるで研究室ですね。
同業者でそんな確認をやっているのを見たことがありません。
ハイライトのヒストグラムの確認すら、この数年は全くやりません。

RやBが飽和するなら、思い切りカメラをフラット再現に設定すれば良いでしょう。
それで飽和するなら、使っているデジイチ自体に問題があります。

ましてネガフィルムで忠実再現などありません。撮影時、被写体の色はどんなでしたかね?
客観的あるいは数値的に記憶しておられるのでしょうか?
フィルム上の色が絶対に正しいといえますかね?
しょせんカラーフィルム、否、カラーフォトは"人口着色"と"記憶色"ですから、RAWソフトかフォトショップで"電脳調色"すれば良いのです。
修正は1コマずつでなく、フィルム1本ごとが本来でしょう。作品化する時に、1画像ずつ再度「お好みの色に」調整すれば良いのです。

■ベローズによるハーフ判のデジタルデュープ。まだまだ困難も多いと思いますが、お二人のレポートはとても参考になりました。
私も早くこの方法を試したいと思います。

投稿: MazKen | 2010/04/12 11:51

kimi さま。

ご教示どうもありがとうございます。
また,ブログを拝見させていただきました。

掲載されているデュープ画像は,恐らくリサイズされているので,これからは正確な判断はできませんが,周辺部の乱れも少なそうですね。もし可能であれば,ペンスケ展で同サイズのダイレクトプリントとスキャン画像のプリントの“見比べ”をしてみたいものですね。自分もペンスケ展の展示はダイレクトプリント(半切)で行うので,比較のためにスキャン画像からのA3ノビあるいは半切プリントを持参しようかと思います。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/11 20:31

>>せみ ちゃん。様
詳しくはこの記事に対し自身blogをトラックバックさせていただきましたんでそちらを見てもらうのが
自分の未熟な文章よりわかっていただけるのではないかと思います。
画質の方はせみ ちゃん。様がお持ちの機材や文章から判断させていただくと求めておられる画像は得られないかもしれないですがホームプリンタでA4若しくはA3は十分じゃないかと・・・kimiの使う範囲なんですけど。後自身機材GH-1やD300の画素数にも関連してきますので・・・・
APS-Cで×1.5・フォーサーズで×2迄読み込めます、フォーサーズでハーフの場合ホルダーを垂直方向にセットし読み込ますとハーフノートリミングで行けます。
カメラとの接続はフォーサーズ用カメラマウントにマウントアダプターで接続です。記事でお書き人あられてるとおりこれに使われているレンズがレンズなので拘る人にはダメかもしれませんがフィルムスキャン専用機が無いに等しい時代に一つの手段として使えるのではないかと思います。またボディの方の性能も上がっていますからフルサイズのデジタルボディと接続すればもっと行けるのではないかと安直ですが考えたりもしています。

投稿: kimi | 2010/04/11 20:05

kimi さま。

スライドデジコピアDSLR ですが,使うカメラにもよるかもしれませんが,画質はどんなもんなんでしょうか?
また,原版がハーフサイズの場合,画面いっぱいにデュープできるのでしょうか?
テレコンや接写リングなどを使うのでしょうか?

ご教示いただければと思います。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/11 18:59

スライドデジコピアDSLRの話題があったんで・・・・

>>「ピントがわりに合わせにくい、

自身はGH-1を使用しています、EVF機やライブビュー機では背面液晶にて拡大できるのでこれはクリアされていると思います。

>>指定の露出ではドアンダーになる、画像にちょっと癖がある、

スライドデジコピアDSLRではその記述はなかったはず・・・(念のためもう一度読んでみます。)
画像の癖・・・何を指しているのかがわかりませんが光源やWBでいろいろ調整してみるのがよいかと・・・
自分の場合は晴天時の太陽光やライトボックスを光源として使用しています。
WBは一応フィルムをセットしない状態でWBを調整しRAWで撮影しています。

>>回転で正位置に止めるのがやりにくいなどの小問題があります。」とのことです。

GH-1使用時(フォーサーズ)ホルダを垂直方向にセットします。セットはべつに問題と言うほどのことではないと思います、
気になる人は気になるのかな?自分はフツーに出来てますけど。

まだ試してないのですがD300でも挑戦したいと思っています。

それと自分のblogの記事とトラックバックさせていただきました。

投稿: kimi | 2010/04/11 17:24

追伸ですが,レンズはリバースせずに使っています(そもそもOMシステムにはリバースリングは無かったのではないかと…)。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/11 16:56

MazKen さん より,
「ベローズ+マクロレンズ+デジカメでハーフサイズ原版を“スキャン(デュープ)”する」
件について,再公開(投稿)を依頼されましたので,改めて以下に投稿します(なお,これはこのブログのスレッド「最新プリント情報」に投稿した内容の改訂版です)。

フィルムスキャナは,35mmフィルムの場合,フルサイズ対応のため,もちろん,ハーフサイズもスキャンできますが,当然“ハーフ”のため,スキャンした画像はフルサイズを取り込んだ場合の半分の画素数となり,当然画質的にも落ちてしまいます(http://padoo-padoo.blogspot.com/2009/01/canoscan-8800f_31.html
を参照)。
そこで,デジカメを使って,ハーフサイズを画面いっぱいに複写(要するにデュープ)すれば,例えばカメラにE-30やE-P2を使えば,1230万画素で“スキャン”することになります。
かつては各メーカーからベローズやそれに取り付けるスライドコピアが出ていましたが(以前のスレッドの投稿にあったように),現行品ではニコンくらいしかないようですが,私はオリンパスユーザーですので,オリンパスのシステムの場合で書かせていただきます。

なお,ケンコーに,「スライドデジコピアDSLR」http://www.kenko-tokina.co.jp/d/4961607862513.html
がありますが(52mm F8レンズだそう),これも試してみようかと思っていますが,価格.comの書き込み(http://bbs.kakaku.com/bbs/00490711143/SortID=10756314/
)によれば,「ピントがわりに合わせにくい、指定の露出ではドアンダーになる、画像にちょっと癖がある、回転で正位置に止めるのがやりにくいなどの小問題があります。」とのことです。

さて,私の場合ですが,機材は:
1. オリンパスOMシステム,オートベローズ(どうも初期モデル(黒い)には絞り込み機能がないタイプもあったようですが,私のは銀色のタイプ)
2. オリンパスOMシステム,スライドコピア
3. OMズイコー50/3.5マクロ
なお,OMズイコー80/4マクロもありますが,拡大率の点で使いづらいのと(前のスレッドでもふれました),画質も気になるほど違わないことが判明したので,これは使っていません。
4. オリンパスEシステム,マウントアダプターMF-1(相当品):E-30の場合
E-P2などの場合はこれに加えてフォーサーズアダプターMMF-1/2あるいはOMアダプターMF-2
5. E-30またはE-P2
6. ライトボックス(カラースライドを見るための照明装置):照明用
7. 三脚
なお,ベローズには絞り込みレバーがあるので,ダブルケーブルレリーズは不要です。

方法
1. オートベローズにスライドコピア,OM50/3.5,マウントアダプター(E-30の場合はMF-1,E-P2の場合はMF-1+MMF-1/2あるいはMF-2)をセットする。なお,ハーフサイズは通常,縦長画面ですので,原版がマウントされている場合は問題ありませんが,スリーブの場合はカメラを縦にセットする必要があります。しかし,E-30の場合はベローズのレールにボディがぶつかり,縦にできませんので,スライドコピアの方をいじってスリーブを縦方向に通せるようにしますが,この件に関しては,スレッド「最新プリント情報」に書きましたのでそちらをごらんください。E-P2(など)の場合は縦にできますのでこの“改造”は不要です(E-620などの小型機種でもそうかもしれません)。

2. ベローズを三脚にセットする(1.,2. はどの順でもよい:当たり前ですが…)。
3. 原版をセットする前にライトボックスでホワイトバランスを調整する(「ワンタッチホワイトバランス」)。
4. スライドコピアに原版をセットし,ライブビュー(視野率100%)で画面いっぱいになるように拡大率・構図を調整する(光学ファインダーでは暗くて見えない)。フォーカスは拡大表示を使うとよい。
レンズの絞りは5.6から8にセットする(開放ではフレア気味,絞り過ぎは回折のために解像力が極端に落ちるため無意味:オリンパスの公開している推奨絞り範囲です)。
5. ベローズの絞り込みレバーで絞りを絞り込み,セルフタイマーやリモートスイッチで撮影する(E-30の場合はミラーアップ:低振動モード:と併用)。
6. 得られた画像はOLYMPUS Master2やPhotoshopなどで適宜処理する。

とりあえずこの方法でA3ノビ(半切程度)までプリント可能かな,と思っています。

なお,まだ試していませんが,この方法のスバラシイところは,アートフィルターの付いた機種を使えば,間接的ですが,「PEN FT(など)で撮った画像にアートフィルター処理ができる」点です。今度試してみようかと思っています。

以上長々失礼しました。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/11 16:49

> マウントアダプタの"muk select"が、EOSマウント--->PEN-FTの実現に向かっているとか?

信頼すべき筋によると、月末にはプロトモデルが来るとか (^_^;)

日本の町工場は「不況だ仕事が無い無い」と言いながら、こういう物は受けないのですよね。
まったくの新製品に対して臆病なのは、国際ブランド;タミヤ模型が国内初のプラモデルを生産開始する時と変わりませんよ。
田宮さんは、プラモデルの金型作り(外注先捜し)に大変苦労したそうです。

まあ、あまり国産に拘らないことですね。
いまや家電界の世界的トップブランドは韓国だし、精密機器を本当に生産しているのは中国ですからね。

投稿: MazKen | 2010/04/07 00:08

MazKen さま。

> マウントアダプタの"muk select"が、EOSマウント--->PEN-FTの実現に向かっているとか?

おぉっ!それはスバラシイ!!!

例えば,
Nikon Fマウントレンズ→EOSボディアダプター経由・EOSマウントレンズ→PEN Fマウントボディ
ってことっすね!!!
絞りリングなしレンズは使えないのかなぁ…
となると,やはり Nikon G→PEN F とか PENTAX DA→PEN F が必要かなぁ…
できればそれらも…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/06 12:19

マウントアダプタの"muk select"が、EOSマウント--->PEN-FTの実現に向かっているとか?

実現すると、汎用性の高いEOSマウント経由で、ニッコールやヤシコン, PENTAX‐K等々が装着できることになります。
もちろんOM-ZUIKOも、高価な純正を探す必要がなくなります。

確定情報を待ちましょう (^_^)

投稿: MazKen | 2010/04/06 01:14

>今日 初めて E-P2 に PEN FT 用 20/3.5 を付けて撮ってみましたが,思った以上によく写りますねぇー(開放からでも)。

そうですよ!何度も書いているでしょう (^^ゞ☆\(~ε~;)コレコレ

Pen-Zuikoって、本当にすごいのですよ。ベンチテストなんかじゃ、同期のニッコールより全然良い。
ハーフでフィルム粒子が実質大きくなる分損ですが、デジなら真価を発揮しますよ。

投稿: MazKen | 2010/04/04 00:01

連投スミマセン。

そういえば,今日 初めて E-P2 に PEN FT 用 20/3.5 を付けて撮ってみましたが,思った以上によく写りますねぇー(開放からでも)。

ちょっとびっくりしました。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/03 19:11

MazKen さま。

今日は考えてみれば“4/3の日”でした…

> たしかに情緒タップリの文書は、年の功だけあってうまいですからね。

たしかに,話(トーク)も,長く生きていて経験豊富な分,オモシロイのは事実です(まぁトークのおもしろさは人生経験だけでなく,技術的なこともありますけど…)…。
・・・って,実は今日の11時は小川町にいました…スミマセン(と謝ることでもないですが…)・・・。

あと今日は,先日入手した OM 18/3.5MC の調子が「ん?」というところがあった(フォーカスリングの ∞⇄3m 間が不調?:このレンズ,実はインナーフォーカスなのですね:とプレビューボタン不調)ので,購入した高田馬場の某カメラ店に預けてきました(オリンパスSSで昨年10月に整備済みの品だったのですが:前玉交換済み)。

オリンパスには,ちゃんとユーザーの声を聞いてほしいですね…
私も色々とプロサービスのTさんには伝えて,Tさんからその先には伝えてもらっているのですが,その先でなかなか…という感じです。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/03 19:08

>OMの「オ」の字も知らないような世代の受付に当たらないようにお祈り申し上げます。

da_daさん、ありがとうございます。

本当に受付だけではありません。
一時はOM派/米派は、カメラ部門から一掃されたと風の便りできいていますからね。
どなたがかろうじて生き残ったやら...

最近のオリは、希少カメラやレンズを買いあさっては記事を書いた後、ダンボール箱の肥やしにしている○中○○に媚びているようです。
たしかに情緒タップリの文書は、年の功だけあってうまいですからね。
ショウコウに似ているから、盲目的信者も多い。
しかし、彼は米氏とは合うタイプじゃない。
まあ、ああいう教祖に頼っているようでは、良いデジカメ=次世代のペンなんてとうてい期待できませんね。

辛辣ですが、あえてズバリ言わせてもらいます。

投稿: MazKen | 2010/04/02 23:13

小川町の修理窓口が1階にあった時代から、MazKenさんに初めてお会いしたそこでの個展(複製空間)あたりまでは、親身になって長時間相談に乗ってくれるOM育ちの担当者の方が少なくとも2人いたんですが、もういらっしゃらないでしょうね。「俺が辰野の技術者に直接頼みこんでやる」なんていう感じでしたが。

OMの「オ」の字も知らないような世代の受付に当たらないようにお祈り申し上げます。

投稿: da_da | 2010/04/02 00:07

da_daさん、ありがとうございます。

まあ、これ以上憶測で議論しても仕方ないですから、私も久々の挨拶がてら小川町に行って、50mm F1.2を出してみます。
最悪でも、交換部品の豊富なレンズなので大丈夫でしょう。

投稿: MazKen | 2010/04/01 21:44

まず MazKen さま。

小川町ならびに八王子に改めて電話して聞いてみたところ,OMレンズは小川町(などのSS)に出しても,八王子や別の拠点(“別の拠点”は業務上お教えできませんとのこと)に転送されるそうです。


次に da_da さま。

> せみちゃんさんは最近はSSで修理清掃を頼みましたか?

いいえ…これからお願いしようと考えていたところです。
ちなみにボディは預けたことがありますが(過去に),レンズはいまだに預けたことがないのでした…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/01 18:34

せみちゃんさんは最近はSSで修理清掃を頼みましたか?

2ちゃん他、修理ネタはOM系の各掲示板を見ても、なんか諸説紛々の感じがします。

私が小川町で最後に頼んだのが3~4年前、OM40/2の絞り羽根の粘り修理でした。MazKenさんの50/1.2に似た症状かもしれません。会員価格(基本料金8,400円の3割引)で問題なく修理出来ました。その後も再発していません。他に50/1.4最終型の曇り(曇りやすいレンズと定評あり)は取れず、清掃だけで戻って来たこともあります。

私がSSに依頼したのは終売してから10年以上過ぎたレンズばかりですが、MazKenさんのはOMが撤退してからも販売されていましたから、おそらく対応可能でしょう、まぁ技量を維持しているかどうかまでは私の経験は既に参考になりません。

私は大丈夫でしたが依頼する時にサインさせられる念書だけはイヤですね。

投稿: da_da | 2010/04/01 16:14

>小川町に電話で聞いたところ,基本的には“銀枠”でない“黒枠”のレンズはあと数年はパーツはあるようです(詳細はレンズにより異なるようですが)。清掃料金は一律で¥8400だそうです(←部品交換した場合もそうだったかはちょっとわかりません…)。

OM-3T, OM-4Ti は2001年まで長野県の辰野で生産していたわけですから、そのラインにいた人が今も八王子で修理を担当しているなら信用できますね。
9年前のことですから、たぶんOM系は大丈夫でしょう。何より、新品部品を在庫しているのはオリ本社しかないですから.....

おそらくOMの関係者が、ペンFTなどのバネ仕掛けカメラも見ているハズです。
TOMY師も書いていますが、所見は正しい=ちゃんと見ているということでしょう?

それと、修理の定額価格制には部品代が含まれると思います。キヤノンのプリンタだけではないと思うのです。

この話題が出たので、ためしに50mmF1.2を持って行きますよ。

投稿: MazKen | 2010/04/01 14:31

MazKen さま。

う~ん…

八王子に“直送”しても同じことでしょうか…?

ちなみに,昨日,小川町に電話で聞いたところ,基本的には“銀枠”でない“黒枠”のレンズはあと数年はパーツはあるようです(詳細はレンズにより異なるようですが)。清掃料金は一律で¥8400だそうです(←部品交換した場合もそうだったかはちょっとわかりません…)。

ずぅ~っと“酷使”してきた 21/2 と,50/3.5 を手入れしてあげたいのですが…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/04/01 12:41

どこのSSでも、たぶん同じです。
確か今、修理部門は一本化されていると思います。

オリのカメラはChina生産になって何年でしょう?
何でも修理ではなく、ユニット交換で済ませられる製品になって何年でしょう?
カメラやレンズを自国の自社工場で作らない=社内にカメラをちゃんと扱える人材がいないと言うことだと思いませんか?

CやNはOEMもありますが、高級カメラ機材は今現在も全部内製です。
外国では作らないと明言しています。
また、レンジファインダー機や最高級一眼レフは、今でも整備ができる人材を確保しています。

カニ目のロックや、カメラのビスを開く時にできる傷で、技師の腕前が判断できるのはTOMY師だけではありません。
部品に傷が付く、ネジの頭がナメやすいことを承知しながら作業をするには、かなりの熟練が必要です。
レンズやファインダーのガラス類の洗浄しかりで、経験と個人の資質がものをいう作業です。

私は数年前の体験から、ちょっと遠慮します。

投稿: MazKen | 2010/03/31 21:55

MazKen さま。

> レンズの整備、本当にとても悩みますね。
> かと言って、オリも八王子の研究部門?以外は信用しかねます。

小川町のSSに預けるのはマズイんでしょうか…?

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/31 16:19

MazKen さま。

MazKen さん でもお悩みとは…。

> TOMY師は、ペン以外のレンズも受けてくれるのかなあ?

つい最近の「今なにしてる?」で,コニカの古いレンズ(F/FS/FP用?)の外観を整備されてましたが(文字入れ),やはりばらしてはいない?ようで…


akkii さま。

> PEN-F - T マウントアダプタはe-bayではちょくちょく出てますよ。

そうでしたか…不勉強でした。そもそもは昔の "T"amronだから,たくさんあっても不思議はないか…

とりあえずこのレンズ,入手してみてよかったです。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/31 01:13

せみ ちゃん。サン
PEN-F - T マウントアダプタは
e-bayではちょくちょく出てますよ。
私は大阪のカメラ屋さんのウインドウに
置いてあったのを手に入れました。
もっとも何のアダプタかすら
店の人は判ってませんでしたが。
ただTマウントのレンズ自体選択肢が少なく
(あるといえばソフトフォーカスとか
 ミラーレンズとか...なので)
使った事がありません。Fisheyeとかあるのですね。
少しは探してみないといけませんね。

投稿: akkii | 2010/03/30 23:16

>最後に,お聞きしたいのですが,シグマではこのレンズの清掃を受けてくれないようです。

レンズの整備、本当にとても悩みますね。
私のOM-ZUIKO 50mmF1.2 も、前オーナーの仲介で京都の業者が2度も整備してますが、相変わらず絞りが粘ります。
おそらく注油の具合 (質・量) が悪いのでしょう。
本来シャカシャカ動くのに、ネタ~っと動くのは油性のせいでしょう。

かと言って、オリも八王子の研究部門?以外は信用しかねます。
デジで育った下手な技師だと、大切なレンスにビキッ!とかゴリッ!と傷を入れられかねません。
正面の"飾りリング"すら、まともに扱えないのですから・・・・

TOMY師は、ペン以外のレンズも受けてくれるのかなあ?
完全完璧主義者ですから、少しでも自信が無いと受けてくれないのです・・・。

投稿: MazKen | 2010/03/30 22:49

先日撮影し,現像に出していた,“PEN F用Tマウント付 シグマ12mm F8 fisheye”の現像があがってきました。

いやぁ〜,オモシロイ。
(対角線)魚眼は初めてではありませんが,リバーサルのスリーブに,縦長に対角線魚眼で撮られた画像が並んでいるのを見るのは,なかなか新鮮です。
何分古いレンズなので,内部に多少の汚れがありますが,極端な逆光条件にしなければほとんど問題なしでした。もちろん,モノコートですが,カラーバランスもほとんど問題なしです。画質は,開放(でもF8…)では多少周辺が流れますが,一絞り(F11)絞れば何とか。もう一段(F16:ここまで)絞ればほとんど問題なしです。
そうすると当然,晴天時以外はなかなかキビシイ時もありますが,PEN FTのほどよい重さ(といってもE-P1/2よりもずっと重い)のおかげで案外とブレづらいです。
唯一の“欠点”は,このレンズ,絞りがミノルタ TC-1のように丸穴があいた板を切り替える方式なので,中間絞りが使えないことですが,段階露出で何とかなりそうです。
ペンスケ展の時にプリントをお持ちできれば…と思います。
なお,このレンズはシグマによれば,
「この製品はその当時おそらく試作的要素が強い製品かと思われます。」
とのことです。

ところで,いろいろ検索していたら,代々木駅前の代々木カメラに

「Tマウントアダプタ 黒 (オリンパスペンFボディ用):…珍しい品/¥4,200」

と出ていました(残念ながら販売済)。
やはり存在していたようです。

最後に,お聞きしたいのですが,シグマではこのレンズの清掃を受けてくれないようです。皆様は,古いレンズの清掃はどこに依頼されているのでしょうか?ご教示いただければと思います。よく,中古カメラ業者でも,古いレンズで「業者にて清掃済み」と出ていますが…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/30 21:36

kimiさんによるとパナはアンケートが多いそうですが、Canonもですね。
カメラは無論、SSの対応や、ソフトの使用状況まで仔細に聞いてきます。

オリはいつからか? どこかタカピーな感じがしますね。
OM時代のオリは、イチ学生の私にもとても真摯な対応でしたよ。
どこが悪いか? どうしてほしいか? じっくり話ができた。 
開発トップが米谷さんの時代で、OM黎明期でしたからね。
もっとも米谷さん当人は相当頑固だったようですが・・・・

やはり、てんてこ舞いの現場や、プロアマ問わず中堅どころの要望をしっかり聞かないと、良い製品はできませんね。
第2世代に期待しましょう!(^_-)

投稿: MazKen | 2010/03/30 09:59

》akkiiさん

気持ちすごいわかりますよ、好きなだけに微妙。使わない&触らないがベストでしょう。
パナはすごいアンケートが多いんですよ。暫くすれば必ずファームアップで声を聞いてくれる。発売から一年以上経つLX-3がいい例やと思います。推しのプロがMFで撮る人ばかりではAFなんか良くならないしお仕着せの機能や車で言う走る、曲がる止まるという基本を忘れた方に下々の声なんか届くわけないです。

投稿: kimi | 2010/03/29 16:54

da_daさんから、90mmマクロの件でメールがありました。

今回撮影中のムックには使っていませんが、作品用には活用させていただきます m(__)m

そういえば、今回は黒ペンが同行してますが、この黒はTOMY師のリペイント機でもちろん元から黒です。
昨秋はミラーが脱落したのを機に、TOMY師に中身のOHを依頼しまして、今回が初登板。
とても快調に動きました。

速写性はペンFTの方がはるかに上。
kimiさんが言うところの、リズムが良いです。
と言っても、1/8, 1/4シャッターの世界ですから、慎重にはなりましたよ (^_^;)

たった今、全部スキャンを終えたところでした (^u^;ゞ

投稿: MazKen | 2010/03/28 01:45

MazKen さま。

> 開発者が米谷さんのように撮影好きで、撮り遊んでいない証拠です。
> かと言って、我々の声も聞かない。

> 「なら使うな!」って、そういうファンばかりじゃ、ダメなんです。

まったくおっしゃる通りですよ…
前にも書きましたが,最近のユーザーは“前向きな批判的意見”というものを嫌がる傾向がある気がします。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/27 18:44

>E-410使っていた時の不快感は、開発者は写真撮ってないなという印象で
本当にイライラしました。
>ライブビューでAE/AFLがレリーズ半押しで出来ないとか、拡大表示と通常表示を繰り返すには5回位ボタンを押さなければならないとか。
>fnに割り当てられる機能が頻繁には使わないモノばかりだったりして....

おっしゃるとおりですね! (^_^)
E-410から少しもソフト面は進歩していない。
開発者が米谷さんのように撮影好きで、撮り遊んでいない証拠です。
かと言って、我々の声も聞かない。

MFの操作系と、プログラムオート以外では常時露出補正・制御は、早急に改良してほしいですね。
FNボタンも、一発でユーザーが"一番使いたい"or"飛び道具"に使う機能にジャンプさせるボタンのはず。
でも、オリンパスの一眼は、FN設定で選べる機能に必要なものはないですね。
人面認識機能とか、個別認識も笑顔認識もいらないから。

MENUボタンにしても、キヤノンなら最後に使った項目に戻る(表示される)。
しかも各機能設定のページすべてが、前回と同じ位置が最初に表示される。

オリだと、MENUを押すたびに一番最初に戻るから、使う機能を呼び出すのに時間がかかる。

こういう機能が、しっかりしていないと、仕事現場では絶対に使えない。
スナップ作家なら良いでしょうが、それでも遊びで使ってイライラしますものね。
(^_^;)

「なら使うな!」って、そういうファンばかりじゃ、ダメなんです。

投稿: MazKen | 2010/03/27 13:57

E-PL1は店頭で散々触ってみたんですが、さすがにそこまで見抜けませんでした。
所詮はターゲットはコンデジユーザーで露出補正なんかしないと...?
やっぱりオリの操作系のマドロッこしさは健在なのですね。
E-410使っていた時の不快感は、開発者は写真撮ってないなという印象で
本当にイライラしました。ライブビューでAE/AFLがレリーズ半押しで出来ないとか
拡大表示と通常表示を繰り返すには5回位ボタンを押さなければならないとか
fnに割り当てられる機能が頻繁には使わないモノばかりだったりして
コンデジの方がよっぽど使いやすかったので初デジイチの印象は最悪でした。
メーカーの息のかかった記事ならまだしも個人のブログで叩かれないのが
不思議で不思議で...。その後フォーサーズは全く買う気になりません。
E-Pシリーズもその点が改善されてるかが気になって
新機種出るたびに店頭で触りまくるのですがどうもイマイチな感じが拭いきれません。
好きなメーカーだけに、もうオリンパスに落胆はしたくないですので
あえて購入しないというのが一番良い選択なのかもしれません。
フォーサーズファンの方、悪口言ってすいません。

投稿: akkii | 2010/03/27 08:41

E-PL1の場合、MFで拡大表示にする際、拡大ボタンを2度押しする必要があります。

つまり、1度目で拡大するエリア(緑枠)の表示。 
* この状態でもう露出制御・補正は不可になってしまいます。
更に、もう一度押すと、ようやく拡大表示です。

ここからもう一度押すと、全画面もどせますが、これも拡大エリア移動画面ですから露出制御や補正は不可。
カーソルキーを押すと、フォーカスエリアが移動するだけです。

つまり、MFで拡大表示するにも、元の全画面にするにも2動作必要なワケで、とてもスナップには向いている代物ではありません。

価格comなどには、絶賛記事ばかりですが、本当に撮影に使っているのかいな?
まったくああいうコメントはあてになりません。

ピントを合わせたら、シャッター半押しで全画面に戻すのが当然だと思いますね。
それと、どんなモードからでも露出の補正・制御が出来なくては、カメラではありませんよ。

投稿: MazKen | 2010/03/27 01:35

せみ ちゃんさん

>フォトパス感謝会で
あの時お会いしておりましたか、それはそれは。
ペンスケ展でよろしくお願いします。

M4/3-PENTAX DAはまだありません。見て頂きありがとう御座います。
そのうち中国で作ってくれると思うのですが。

>今週末試写してみます(もちろんPEN FTで)。
楽しみですね。

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/26 23:15

muk select 小菅 さま。:

先ほど,

> 個人的には,もし実現するようであれば,PENTAX DA-PEN F アダプターを希望します…

と書きましたが,その前にmuk selectからPENTAX DA-m4/3アダプターが出なければなりませんね…あ,いや,いきなりPENTAX DA-PEN Fアダプターが出ても構わないのですけど(W

> DA15mmF4ED

イメージサークルもハーフサイズにちょうど良く(?),しかも最短撮影距離は0.18mです!

> 12mmの記事!これもすごいレンズですね。初めて見ました。

シグマからの回答では,やはり1960〜1970年代に輸出主体で少量生産されただけのもののようです(その割にはよく見ますが)。
かすかな記憶では以前新宿の某中古店でキヤノンFD用を見た記憶もありました…
今週末試写してみます(もちろんPEN FTで)。
ペンスケ展でお会いすることを楽しみにしております(あ,E-P2発表時のフォトパス感謝会でお会いしているかもですが)。


MazKen さま。:

> E-PL1 最大の欠点!
E-P1,2 同様、拡大表示でピントを合わせてから、もう一度同じボタンを押下しないと、全画面(通常ファインダー画面)に切り替わらないことです。
その間に、フレーミングがズレたり、動体なら移動してしまいます。

これは全く同感で,三脚にでも固定しないと使い物にならないんですよね。
確かにその点ではフォーカスリングにタッチして拡大され,シャッターボタン半押しで元に戻るGF-1の方がEVFの見えが劣るとはいえはるかに使いやすいですよね(持っていませんが)…。E-P2は「1秒待ち」で戻りますがワンテンポ遅い感じで,使えねーって思ってます。

> こんなこと、ここでしか言えませんね。

先日,私も入っているフォーサーズの“倶楽部”の掲示板に,Eシリーズのファインダーに関して「前向きな批判的書き込み(荒らし目的ではない)」を書き込んだら「そういう書き込みは…」と「忠告」されたので,書き込みはやめました。「井の中の蛙」と思うのですがね…。

ところで,以前にもご提案があった気がしますが,希望者を募って,マウントアダプター(PEN F用)を受注生産できないものでしょうか…

長々失礼いたしました…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/26 08:49

皆さん、盛り上がっていますね!(^_^)!

今日は、上のフォトのようにE-PL1+Pen-Zuikoで作品を撮ってきました。
もちろんTOMY師に昨秋レストアしてもらった黒ペンも、整備後発運転です。

どんなフォトを撮ったかはお楽しみ...たぶん掲載誌の中でも相当特異なフォトでしょうね。

☆彡
E-PL1 最大の欠点!
E-P1,2 同様、拡大表示でピントを合わせてから、もう一度同じボタンを押下しないと、全画面(通常ファインダー画面)に切り替わらないことです。
その間に、フレーミングがズレたり、動体なら移動してしまいます。

また、拡大表示状態や、拡大表示から戻した画面 (緑枠状態のファインダー) からは、露出補正も露出操作もできないので、更に通常表示に戻す操作が必要です。
つまり拡大表示でピントをシビアに合わせても、一手間二手間するうちにフレーミングもピントも被写体も、動いてしまうのです。

では拡大表示にしないでピントは合わせられるか? それは無理です。
特に私のように、レンズを開放で使うことの多い人に"拡大表示でのピント合わせは必須"です。
この点は、光学ファインダーとして優れているとはいえない ペンF系 より、もっと甘い(大雑把な)ピント合わせしかできない液晶ファインダーの欠点と言えます。

こんなこと、ここでしか言えませんね。
でも、言っているのに、直さないのが悪い!

投稿: MazKen | 2010/03/26 00:56

lensmaniaさん

ムックでは、こちらこそお世話になりました。
lensmaniaさんの記事にはインスパイアされました。
モニタースクリーンにルーペを固定した撮影の記事にはホント!びっくりでした。
勉強させて頂きました。
今回ペンスケ展にも参加させて頂きます。お会いできれば嬉しいです。
私もMazKen先生には大変お世話になっております。
よろしくお願いします。


せみ ちゃんさん

DA15mmF4ED ですか、なるほど良さそうなレンズですね。
値段も手頃なんですね。

12mmの記事!これもすごいレンズですね。初めて見ました。
色々教えてください。

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/26 00:12

muk select 小菅 さま:

> M4/3とPenFのファウランジバックの差は、約10mm
> 手元のM4/3ニコンF、G対応アダプタ眺めてます。
> これから、10mm短くして、PenF側の着脱レバーをつけて・・・

個人的には,もし実現するようであれば,PENTAX DA-PEN F アダプターを希望します…
DA15mmF4ED AL Limited が使えるようになりますので…


lensmania さま。:

> あちらのマニアはすごい.というかあちらのサイトを作る姿勢に毎回感服します.

ホント,ほとんど立派な“論文”ですよね…(何しろ最後が“Conclusion”)。

やっぱ後期モデルが欲しいッス…
しかし最近“ヘンな(?!)”レンズ買いすぎてて…ORZ

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/25 13:32

せみちゃんさんご購入の12mm,全然知りませんでした.またご紹介のサイトもすばらしい.
こういう点はどうかなあと興味を持った事は全部解説してあります.
あちらのマニアはすごい.というかあちらのサイトを作る姿勢に毎回感服します.
翻って日本でこれだけ詳細完璧に機種紹介をしているサイトをほとんど知りません.
日本のサイトはつぶやき中心,いわば私小説が乱立しているだけで,資料価値がある場所は数える程です.

投稿: lensmania | 2010/03/25 12:52

えっ,目を疑いました.
マックセレクトさん(エムユーケーさん?)に,じかにお出まし頂けるとは.
昨年のモーターマガジン社のE-P1記事の際は本当にお世話になりました.
これもMazKenさんの人脈のお陰です.
取るに足らないユーザーの声に耳を傾けてくださり本当に嬉しいです.
製品化出来るかどうかはまた別の話ですが,とりあえず嬉しいです.

投稿: lensmania | 2010/03/25 12:14

せみ ちゃんさん、
lensmaniaさん、
こんばんは、

M4/3とPenFのファウランジバックの差は、約10mm
手元のM4/3ニコンF、G対応アダプタ眺めてます。
これから、10mm短くして、PenF側の着脱レバーをつけて・・・

するとこのアダプタ、3ピース+絞りリング。着脱レバーX2
なかなか厄介そうなアダプタですね。

エムユーケーと呼んでくださいな。

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/25 02:09

と,いうことは,

シグマの10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM を何とか付ければ,PEN F(T/V) で対角線魚眼撮影ができることになるのですがねぇ…
やはりニコンG-PEN F かペンタックスDA-PEN Fアダプターがほしいです…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/24 23:15

MazKen さま。

どういうわけか(?)オリンパス純正のOM-PEN Fアダプターが手元に2個あるわたくしであります…(昔,ふつーの価格で売っていた時代:新品時代:にしまい場所忘れでもう1つ買っていたのでした…)。

さて,マウントアダプターつながりといいますか,先日メイルでお伝えした“fish-eye accura(=SIGMA) 1:8 f=12mm(PEN F(T/V) マウント)”が本日無事届きました。恐らく40年以上前のレンズにしては思ったより汚れておらず(許容範囲),一安心です。このレンズ,いわゆる“T(T2)マウント”で,要するに,今回の個体にはPEN F(T/V) マウント(♂)のT(T2) マウントが付属していたということになります。T(T2)マウントは,今でもケンコーから各社マウント用が出ていますが,PEN F(T/V)用は初めて見ました(昔はあったのでしょう…(か…?))。まぁ,OM用のT(T2)マウント+OM-PEN FアダプターでもPEN F(T/V)に付けられるわけですが。

なお,このレンズについていろいろ検索していたら,やっと詳しいサイトを見つけました。
http://thesybersite.com/general/12mm-fisheye/index.htm
やはりこの焦点距離(とイメージサークル径)はハーフサイズやAPS(-C)でほぼちょうど対角線魚眼になるのですね。なお,どうも前期モデルと後期モデルがあるようで,今回のは前期モデルの模様…
こうなると後期モデルも欲しくなってきました…今ヤ●オクにいくつか出ているようなんですよねぇ…いかんいかん…そのうち…

失礼しました。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/24 22:43

せみ ちゃん。さん、なにやらすごい努力をされているページを拝見しました (^_^)
OM--->PEN アダプタ自体が希少なので、惜しい気も大です。

でも、我々がこうして盛り上がっている様子や、私がいつも熱っぽく語っていることは絶対に無視されていると思いませんよ。

現にE-P1(E-P2)というヒット商品は、ペンスケ4参加者ならご存知のとおり、ちょうど発売の14箇月前、ペンスケ4参加者からの"膨大な聞取り調査"が大きく貢献しているハズです。
あの時ペンスケ4に、E-P1の開発チームの主要メンバー(部長・課長・主任級)が全員来たではないですか。

無論、オリンパスが純正でペンFマウントアダプタを発売(復刻含め)するハズは100%ありませんが、ペンスケ仲間の要望は誰かが見逃していないと思います。

投稿: MazKen | 2010/03/24 19:46

「…KレンズのペンFマウント化…」
検索したら出てきました。
http://lovenobu.hp.infoseek.co.jp/CAMERA-MID/PENF-MID2.files/PENF-MID2.htm

純正のPEN F-OMマウントアダプターをばらしてKマウントのレンズキャップを付けるというものです。自作ですので,DAレンズ対応ではないですね…。「とりあえず使える」って感じです。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/22 23:16

話はズレますが、ごくごく個人的にはGF-1が偉いと思います。
ただ手ぶれ補正機能がボディに無いので、一見同じ大きさのE-PL1を買ってしまいました。

ところが、頭デッカチでEOS 50Dと全高は同じです。

つまりビリンガム・ハドレーに入れるにはキツキツです (^_^;)

投稿: MazKen | 2010/03/22 01:13

lensmaniaさん、世間のメーカーは同じマウントアダプタばかり重複し、乱立乱売しているだけですね。

ペンF用もM42 ---> PEN-Fだけで、ペンタックスのタクマーを主に意識しているのでしょうが、今時M42規格のレンズなんて大半がカビまみれ、傷まみれ、埃まみれ、コーティング焼けですよね。
とてもまともな色は出ません。ペンF嬢に失礼ってもんです。

せめてKマウントか、OLY派対象なら OM ---> PEN-F を既存(純正)品を元に復刻すれば良いのですよ。 
どこか成功すると、物真似横並び、乱立価格競争、真似っこ小僧のメーカーばっかですね (^_^;)

投稿: MazKen | 2010/03/21 22:27

せみちゃん さんの仰る通りノボフレックスからM4/3-KDAが出ているのですね.かなり高価なので改造は躊躇しそうです.マックセレクトさんにはないかと覗くと,まだないようですがNF-Gが出たようです.価格もまあなんとかなりそうな雰囲気 (^^) 様子を見ていたらKDAも出るんじゃないでしょうか.期待して待ちます.ちゅーかマックセレクトさんMJさん,ペンFアダプターを出してぇ (^^;;;;;

投稿: lensmania | 2010/03/21 18:41

MazKen様私たちの勝手をお許し頂いただけでなく移設作業までお手間を取らせてしまい,誠に恐縮です.
m(_ _;)m

さてマニアックな話題ですが(。☆\(▼▼;)
禁じ手とも思いますが昔各社のマウントをケーブルレリーズ連動で自動絞り作動させる「アベノン・オートマルチベローズ」というアクセサリがありました.その各社用交換マウントにKが含まれていまして、それとペンFオスバヨネットを結合させればある程度絞りを外部コントロールできる寸法です.全然手を付けていませんが(^^;)
マウントにはAi,FD,OM,K,MDが有りますが,今有効利用出来そうなのはAiとKぐらいでしょうか.勿論マクロマニアには他のマウントも貴重なのですが.数年前までアメ横カメラさんにマウントがジャンクで沢山置いていたのだけど今はどうなってるのかな.

で、フジヤでFA18-55mmf3.5-5.6を1000円(笑)で調達.このレンズは良いですね.試しにMZ3でフルサイズ撮影してみたら,20-55mmまで蹴られませんし,24-55mmはフルサイズでもほぼ問題ない画質です.勿論ハーフで使いたい中心部の尖鋭度は見事なもので,1000円なんてひどすぎる.軽くて小さくてイイレンズはK-FAが穴場だと思いますよ.勿論15とか20とかパンケーキリミテッドも良いでしょうけど,ちょっと高いなあ... (^^;) 上記のアベノンアダプタがなくてもK中間リングを改造してなんとかならないかなあと妄想するのです...

投稿: lensmania | 2010/03/21 18:27

ノボフレックスのm4/3-K(DA)アダプターを約9mm短くしてPEN Fマウント(♂)を付ければ,DA15mmF4ED AL Limited(21mm相当)とかDA14mmF2.8 ED[IF](20(19.6)mm相当)とかが使えるようになりますよね…
う〜ん・・・何とかできそうな気も…

本日,OM18/3.5をPEN FTに付けて撮ったフィルムの現像があがってきましたが,なかなかの写りでした。露出はTTL No. を“0”に合わせればO.K. でした。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 21:05

 >MazKen さま
コメントの移植作業、ありがとうございました。
それにしてもスレ、延びましたね(冷汗)。

 >せみちゃん さま
 >やはり,PEN F-Kはなさそうですが…
Kマウントの発売は1975年ですから
純正で製品化されなかったのは仕方が
ないですね(FL(FD)は1964年
SR(MD)は1958年に誕生しています)。
エレフォトさんの製品も汎用性から
M42とFマウントの2種に留まった
みたいですし・・・。
昔、純正のエギザクタマウントの
アダプターを懸命に探しましたっけ・・・(遠い目)。

投稿: あるば☆とろす | 2010/03/18 20:16

またまたすみません。

オリンパス純正でPEN F-Canon FL/FDとPEN F-Minolta MC/MDアダプターはあったようです(前にも情報書き込みありましたっけ…?)。

http://www.yaotomi.co.jp/blog/used/2010/02/olympus-pen-fom.html
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/216878/185882/55152075

やはり,PEN F-Kはなさそうですが…

失礼しました…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 17:05

連続投稿ですみません。

PEN FにCanon FDを付けるマウントアダプターを作った人のブログがありました…
http://www.toma-p.com/olympus_pen_f.htm#

私が買った人のではありませんが…
ご参考まで…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 16:53

こんな記事を見つけました。

「ペンF-ニコン マウントアダプターで超広角12mm」
http://padoo-padoo.blogspot.com/2008/06/blog-post_09.html
DX用Tokina 12-24mmを絞りレバーにゴム板をはさんで絞り開放にして使ってます。
18mm相当。なかなかの写りです。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 15:55

さきほど,

> PEN F-OMであればZUIKO 18/3.5(24mm相当)

と書きましたが,正確には

「25mm相当」

でした…。1mmの違いは大きい…。

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 14:22

現行の入手可能なPEN F用マウントアダプターで使える最広角レンズ(魚眼を除く)では,PEN F-OMであればZUIKO 18/3.5
(24mm相当),PEN F-M42であればSMC TAKUMAR 15mm F3.5(レア!!!,21mm相当),PEN f-Nikon FであればNikkor 15/3.5(歴代の)か,Nikkor 13/5.6(超レア!!!,18mm相当)でしょうが,OM ZUIKO 18/3.5 以外は現実味が低いです(レア&大きすぎ)…。シグマの12-24/4.5-5.6は絞りリングがないようですし。
ずいぶん昔に,マップカメラに個人委託で出ていたPEN F-Canon(FL/FD) アダプターを入手したので,New FD 14/2.8Lという選択肢もありますが,これも非・現実的(なお,24/1.4を付けると35/1.4相当になりますが…)…。
以前どなたかが書かれてましたが,PEN F-Kアダプター,ないんでしょうかね…。現行のDA15mmF4ED AL Limited(21mm相当)とかDA14mmF2.8 ED[IF](20(19.6)mm相当)とか,ぎりぎりハーフサイズをカバーしそうで比較的小型(特に15/4)で非常に魅力的なのですが,これらも絞りリングがないので,やはりダメですかね…

投稿: せみ ちゃん。 | 2010/03/18 13:30

2010/03/10 22:18 lensmaniaさんは書きました---

いつの間にかペンFアダプタの話題に流れて恐縮です (^^;)
hiroさん,そうですあの話です (^^)
M4/3レンズをペンFに使うと絞り動きませんので,近接専用としてもちょっとキビシーですが....

あるば☆とろすさん,ご覧になっておられましたか.成田屋さんは素晴らしいですね.
最小絞り,中間,開放の3段使えれば,もう十分といえますので実用性は高いです.
告白すると,私何段もある絞りを全部使ってなんかいませんよ (^^;;;
Gレンズは開放に出来るだけでも有り難い.
EFは仰る通り完全電子でとりつくしまがありませんが,αは機械制御で絞りレバーを動かしますので,そのストロークを加減する事で手動可能です.昔APC一眼レフのベクティスS1用にαレンズを手動絞りにするアダプタをミノルタSSで注文販売してましたが,私が行くと渋って売ってくれませんでした.今考えても悔しいです.ストロークと絞りは比例関係のようで,クリックストップも付けられると思うのですが....

私が期待するのは,最近のデジタル設計された広角レンズの性能が,ペンFで堪能出来ないかということ.
それと難しかった20mm以下の広角がコンパクトに入手出来るなんてありがたい.

投稿: lensmania | 2010/03/17 12:24

2010/03/10 21:29 あるば☆とろすさんは書きました---

再度の書き込みで失礼します。
追加情報も兼ねまして・・・。

 >lensmania さま
EFやα マウントのレンズは絞りも電気的に
制御するため連動爪がありませんが
GタイプのFマウントのレンズには連動爪が
ちゃんと残されています(おかげで私のF4でも
P,Sモードで撮影が可能です)。
この連動爪を利用してクリックが可能な
マウントアダプターが作れれば良いのですが
スペース的に難しいですね。
ノボのM4/3用アダプタはフォーサーズの
フランジバックの余裕が功を奏してますし・・・。
ですから成田屋古満堂さんの改造アダプタの
アイデアは私も脱帽です。現物を見て思わず
感動しちゃいました。

(※以下の内容に不適切な点が
ありましたら削除をお願いします)

ここからが追加情報ですが
muk select 小菅さんが実践されていた
絞りレバーの固定によるレンズ活用法を
可能にする連動爪固定ガイドを個人で
制作されてる方がいるとの事です。
購入も通販で可能のようです。
リンクは貼れませんが

「橘製作所 第二工場」

で検索してみてください。
あくまで個人製作の製品ですので
使用については自己責任で、制作者への
クレーム等は慎むようにお願いします。

対応マウントのボディ以外では
最小絞りでしか使えなかった
Gタイプのレンズも開放絞りに
なるだけで随分活用範囲が広がると
思います。

投稿: あるば☆とろす | 2010/03/17 12:21

2010/03/10 21:07 hiroさんは書きました---

lensmaniaさん、
有り難う御座います。すっかり忘れておりました。以前伺ったの思い出しましたが、blogを探しても見つからず…ペン-ニコンアダプタの一部を接写リングに換装されたんでしたでしたっけ…。

>M4/3用アダプタ
うずらまんさんのblogにあった気がするんですが、レンズを手持ちでマウントに押し付けて撮影するって方法で、ペンFボディに新ペンM4/3レンズを使うってのも良いかもですね。お株を奪い返してやりましょう! ロモみたいに落ちるかな?

小菅さん、
ボディはdesunaさんから購入しましたが、小菅さんからはレンズばかりでした。今でも皆活躍してくれています。分解後戻せなくなったものが無い訳ではありませんが…。

投稿: hiro | 2010/03/17 12:20

2010/03/10 12:38 lensmaniaさんは書きました---

DXレンズをペンFに使う方法は以前にブログで成田屋古満堂さんが改造アダプタをご紹介でした.
ニコン用の自動絞り機能つき接写リングを改造したものです.
アイディアとしては私も考えていましたが,実践された成田屋さんには脱帽です.
ただし正確な絞り値コントロールは無理なので,繊細な露出コントロールにはFTのTTLが望ましいでしょうね.
その後似たコンセプトでM4/3用アダプタがノボなどから出ていますから,出来ればペンF用も出してほしいと思います.NOVOFLEXから自己改造するには高価すぎますので,,,,

私はペンタックスAFレンズで似たものを作ろうと画策し,幾星霜 (^^;)

投稿: lensmania | 2010/03/17 12:18

2010/03/09 22:49 muk select 小菅さんは書きました---

>hiro さん
お世話になっております。
5、6年前ですか。
どなたなのでしょう~。ロシアものですか。まだ動いていれば良いのですが(汗)

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/17 12:16

2010/03/09 13:55 hiroさんは書きました---

kimiさん、小菅さん、あるば☆とろすさん、

貴重な情報を有り難うございました。ペンFで使えたら楽しかろうな~とは…皆さんもお考えだったのですね(笑) 去年会場でkimiさんにゼニターを覗かせて頂いたのがとても楽しい体験でした。ペレングだったらもっと面白そう。でも欲張って非魚眼ズームを考えたのですが、あるば☆とろすさんにお教え頂いた情報ですと、かなり絞られたものしか存在しないのですね(貴重な情報本当に有り難う御座います)。このなかではシグマ12-24が魅力ですけど、調べると結構な中古値…。懐寂しいと、小菅さんの制御レバー固定して使うというのが現実的かなぁ~。F8~11位に絞れば、晴天時ISO25~50位でペンFの狭いSSでもカバーできそうですね。NDは高そうだし…。何か色々と妄想膨らませる事ができそうすね。有り難う御座いました。

>小菅さん、
勿論ご存知ないと思いますが…もう6,7年前位にはお世話になってました。今でもまだその頃に貯め込んだ露物で楽しませて頂いてます(笑)

投稿: hiro | 2010/03/17 12:14

2010/03/08 22:30 kimiさんは書きました---

>>muk select 小菅さん、あるば☆とろすさん

情報ありがとうございました。
自分的にはDXフォーマットレンズを使えるともっと幅が広がると。
いつかそういうのが出るの気長に待つことにします。

投稿: kimi | 2010/03/17 12:13

2010/03/08 20:36 あるば☆とろすさんは書きました---

割り込みの書き込みで失礼します。

>hiroさま MazKenさま kimiさま
ニコンのサービスに問い合わせたところ
DXフォーマット用のレンズはGタイプの
レンズのみだそうで、絞りのマニュアル操作は
レンズ側では基本的にムリとの事でした。
またサードパーティ製も現行品は殆どが
絞りリングのないタイプに変更されてます。

ニコン純正なら
17-35ミリ F2.8
18-35ミリ F3.5~4.5
のフィルム兼用の現行品
(14-28ミリ F2.8はGタイプ)
シグマなら
12-24ミリ F4.5~5.6
の旧製品(絞りリング付き)
を探してみるしかないかも
しれませんね
(タムロン、トキナーは17ミリから
なので純正と比べるとちょっと
物足りないかも・・・)。

今回のペンスケ展6は私事の都合で
お休みとさせて頂きますが、会場の
設営や当番など間接的にお手伝いを
させてもらえればと思っております。

投稿: あるば☆とろす | 2010/03/17 12:11

2010/03/08 19:55 muk select 小菅さんは書きました---

>kimiさん、hiroさん はじめまして、
>MazKenさん お世話にっております。

アダプタの話があ出たので参上致しました。
以前は、レンズの裏の絞り制御レバーの所に詰め物などして、絞りを固定しておりました。
>広角レンズ(10-24)
でしたら、固定絞りで、ピント固定で、なんとかなりそうですね。
測光のあるPEN-Fでないと駄目ですね。

以前書いたものですが、ペレング8mm(ニコンマウント)とD100で遊んだ記事があります。
全周魚眼なので参考にはならないかもしれませんが、リンクを貼ります。
http://blog.monouri.net/archives/cat_1182656.html#23265302
APS-Cではありませんが、超広角で“マニュアル絞りです。
PEN-Fならイメージサークルに収まるかもしれませんね。

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/17 12:09

2010/03/08 16:25 kimiさんは書きました---

>>hiroさん、MazKenさん

自身ニコンユーザーなんですが恥ずかしながらDXフォーマット専用レンズでで絞り環のついてるの見たことが無くって・・・・
例えばサードパーティ製の型式の古いレンズならあるかも?
絞り環のついてないレンズでもマウントアダプター側で調整出来るのがNOVO製やクリックのある宮本製作所社製のがたのマウント用で発売されてますがPEN-Fとのではないですのものねぇ。
自身もDXフォーマットの広角レンズ(10-24)があるのでそういうマウントアダプターがあると換算でDXフォーマットとほぼ一緒なので嬉しいです。
また情報あれば随時アップしたいと思います。

投稿: kimi | 2010/03/17 12:07

2010/03/08 09:44 hiroさんは書きました---

☆欲しい撮影情報☆
ニコンマウントのAPS-C超広角で“マニュアル絞り”ができるレンズを
教えて下さい。初期の物だと付いているんでしょうか?


投稿: hiro | 2010/03/17 12:05

たしかに電子マウントのレンズは、機械的に外部から絞りを制御できません。

EOSのEFレンズは、プレビューした状態でレンズを外し、絞りを固定したままM-4/3(GH1)に付け替えるという荒業でしたね。

でも、現代のレンズは開放F値が3.5-5.6なんていう感じですから、開放使いですよ。
F3.5のままで、シャッター速度を調節すれば良いのです。
私のE-P(今はE-PL1)の使い方も、ZUIKOを開放のままで楽しんでいますから・・・

何はともあれ、ペンFに装着できるマウントアダプターがほしいですね!(^_^)!

投稿: MazKen | 2010/03/17 02:14

 >最近のデジタル設計された広角レンズの性能が,
 >ペンFで堪能出来ないかということ.

最新のデジタル専用レンズはみんな絞りの環が取れてしまってます。
絞り制御レバーを手動で動かすことは出来ますが、マニュアルカメラのばあい、正確な絞りが分からないと厳しい面もあります。

ニコンD100が発売された頃の事を思い出してみると、当時はまだ絞りの環がありました。
検索してみると、Nikkor ED 17-35mm F2.8Dが出てきました。高価ですね。
当時は安値なゼニター16mmとか話題になっておりました。
シグマの同等なスペックなレンズもあったと思ったのですが、ニコンマウントもあったのかな。

投稿: muk select 小菅 | 2010/03/17 01:39

アハハ! (^○^)

こちらに前段までのコメントを移設しましょうね。
私名義のコピーですが、わかるようにしましょう。

投稿: MazKen | 2010/03/17 01:25

え~と、ここはマニアなネタ大丈夫ですよね?(苦笑)。

まず、「参加要項」からの補足から・・・。
 >lensmania さま
 >αは機械制御で絞りレバーを動かしますので,
   そのストロークを加減する事で手動可能です
ご指摘の通りです。実は書き込みの際フォーサーズと
αのレンズを並べて確認したのですが、書き込む時に
そのまま「αマウント」と・・・。
何のための確認作業だったのか・・・(苦笑)。

 >最近のデジタル設計された広角レンズの性能が,
  ペンFで堪能出来ないかということ.
ハーフサイズなら、まさにうってつけですね。
マウントを介してデジタルに旧式のレンズを、
フィルムに最新のレンズを装着する対局の
楽しみ方が出来るのが興味深いです。

投稿: あるば☆とろす | 2010/03/17 00:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マウントアダプターは面白い:

» 一つの手段として [kimi-PENのきままに行こう!]
以前からフィルムの画像をデジタル化して取り込む方法としてフィルム専用やフラットベ [続きを読む]

受信: 2010/04/11 17:11

« "ペンスケ6"の相談コーナー | トップページ | うれしくないお知らせ »