« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010/03/28

近江八幡、春雨紀

25日、冷雨の中、滋賀県は近江八幡にペンを持って行きました。
 
陶芸家:田中哲也さんの作品展と、近江八幡の町並みが目当てでしたが、あまりに寒くてギャラリー(瓦博物館)と、お昼に行った渋いお店と、お茶したこれまた渋い喫茶店どまり (+_+)

Maz_165_2
camera 
E-PL1+PEN-Zuiko 42mm/F1.2

Maz_116
camera 
E-PL1+PEN-Zuiko 42mm/F1.2 
 
昨秋、kimiさんに案内してもらった京都の伏見辺りを、ゆったりと配置したような町並みは、桜が散る頃、再度散策したいものです。
同行したのは、黒ペンとE-PL1ですが、TOMY師に整備してもらった黒ペンがとても使いやすいことを再確認して、150shotぐらい撮影。
暗い室内で、明るい大口径レンズを多用する私の撮影スタイルの場合、やはり一眼カメラは光学ファインダーの方が使いやすいですね。(お世辞にも上等といえないペンFTでも・・・)
 
また"人間には"アナログ操作系の方が、液晶画面上でモタモタ切り替えて使うより、数倍早いことを実感しました。
 
先日、ペンD3 を友人から譲渡いただいたのですが、シャッターが壊れていて撮影はもちろん製品(紹介)撮影にも使えない。
TOMY師に無理を言って、日帰り修理をしていただき、先ほど戻って来ました。
レンズのコーティングはやや傷んでいますが、目立つ傷はなく、美品に入るでしょう。
 
せっかくの贈呈品ですので、バッグにいつも入れて使うことにします。
Maz_121
camera E-PL1+PEN-Zuiko 42mm/F1.2 このレンズは寄って良し、離れて良しです !(^^)!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010/03/16

うれしくないお知らせ

フィルムに関する最新の情報が入りました。

情報は信頼できる人からのメールですが、発信者にご迷惑をかけないためにも、「私個人の未確認情報」という扱いで掲載いたします。
一部編集してありますことをご了承の上、読んでください。


------ 編集済み記事 ------

コダックもシートカラーペーパーの製造ラインを停止し、市場に有る在庫が一気に払底(在庫切)したと耳にしました。
まだまだ常用者が居るから こそ、皆がペーパーの確保に走るのだと思いますが、コダックだけの問題では無いと考えます。

一部の一般用写真フィルムに含まれる化学物質「パーフルオロオクタンスルホン酸とその塩」(以下PFOS)が、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の第一種特定化学物質に指定され、平成22年4月1日以降その製造・輸入・使用が禁止となります。
多分、これに引っ掛かるので販売が出来なくなったのだと想定しております。

富士フィルムの"ネオパン400"や"ベルビア"等でもこの法に触れる為、残念ながら回収の指示がでております。
デジタル化の中では、なかなか(禁止薬品を除外しての)再開発と云うのが厳しく、今有るものも法の変更により更に減少してしまうのではないでしょうか。

------ 改訂記事 (3/17) ------

回収指示のあるフィルムは、今のところ全てブローニーでした。
ベルビアは、"ベルビア50"(RVP 50)のブローニーで一部の製造ロット品のみだそうです。
今回135フィルムは対象外(パーフルオロオクタンスルホン酸とその塩を含んでいない)と判明しました。


010camera PEN-FT+OM-ZUIKO 50mm/F1.2 ベルビアRVP100

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/03/15

マウントアダプターは面白い

0051_1200
(C)MazKen  EOS 50D

マイクロフォーサーズが再燃させた、マウントアダプター遊び。
実は PEN-F 系がその元祖的存在だったというのも、新旧OLYMPUS-PENつながりで面白いですね。
その
仕組みや詳細はコチラで読んでください。
きっと初心者でもご理解いただけると思います。

01_1200
(C)MazKen  EOS 50D

Maz_0021200_3
(C)MazKen  EOS 50D

マウントアダプターの話題は、マニアはもちろん一眼タイプのカメラに詳しくない人でも、注目を集めています。
ここでは思い切りその話題で情報交換していただきたいと思っています。
初歩的な相談はもちろん、マニアックな裏ネタ・隠し技まで書き込んでください (^○^)


012_900
(C)MazKen  EOS 50D

| | コメント (96) | トラックバック (1)

2010/03/09

"ペンスケ6"の相談コーナー

"ペンスケッチ展6"の相談・質問・情報交換コーナーです。 最終的に参加者は39+1人になります。

Mazken_image

(C)ペンスケッチ展6より MazKen『妄想軍艦』

ブログを公開中の皆様、リンク&プロモーションをお願いいたします。
ペンブームと言いますから、新しい方の参加を待ちたいですね。

さて、UZURAMANさんから今年のカンバンが届きました。
バックが白のJPEGタイプと、透明のGIFタイプ。
適当なサイズに縮小してご利用ください。

そして、特製のアニメバージョンもあります。

Penscket6_2
JPEG判 300*300pix

Penscket6_3
GIF判 300*300pix 背景は透明

Pensketch6
GIF判 うずらまんさん制作のアニメバージョンです (^o^)

Penscket6_180
JPEG判 180*180pix 背景は白

Photo
JPEG判 134*28pix 背景は白


(c)kurodakz 昨年の"ペンスケッチ展5"青山@東京会場


(C)UZURAMAN 今年1月の"小僧フォト展"三宮@神戸会場

| | コメント (63) | トラックバック (0)

2010/03/03

キヤノンのサポート体制

先週木曜日、某誌の表紙画像の入稿を終え、別件の企画書を書き終えてプリントしようとしたところ、プリンタが給紙をしないトラブルが発生。
とりあえず予備のA4プリンタで事なきをえましたが、フォトプリント=仕事に不可欠のプリンタ(A3ノビ機)ですから一大事です。

9900i
PIXUS 9900i は作品だけでなく、色見本プリントに不可欠の相棒

再度動かないことを確認して、キヤノンの修理センターに電話。
今やどこのメーカーも修理・相談窓口には繋がらないというのが常識化しているので、今回も覚悟していたら一度で窓口につながり事情を説明。

担当氏が「何か異物を巻き込んでいませんか?」というので、よく給紙口を覗いたら、「あ!プラスチックの板を噛んでいます」てなことに。
形からプリンタの部品と判断し見回すと、用紙の大きさにあわせてスライドさせるクリップが破損していると判明。
簡単な部品ですが破損していると正常な給紙ができないので、修理を依頼しました。

仕事で使っていること、ヘッドを2度も交換するほど頻繁に使うことを告げると、「部品の保管期限が近いので全部整備します」との心強い返事。
しかも修理料金は部品代・修理代・往復送料・税込で、たった11,025円と言うのです。
引き取り修理で、夜 発送することになりました。

木曜の夕方、キヤノンの代行でクロネコが故障機を引き取り「まあ、水曜日に帰ってくれば・・・」と週末を過ごしていたら、土曜の夕方に発送センターから修理完了の電話。
日曜の午前中に、新品のように梱包されて戻ってきました。

さて修理の内容。給紙トラブルの原因除去・破損部品の交換・プリントヘッドの交換・廃インク吸収体交換・CDラベル印刷トレイの調整等々と、全部点検・整備・消耗部品の交換が済んでいます。

Img_0003
まるで新品のように整備され、テスト出力まで付いて帰ってきた (^○^)


しかも、A3ノビ判でのテスト出力とCDラベルのテスト出力までしっかり付いていました。

もちろん、私も念のためテストプリントしましたが、まったく不具合無し!

木曜夜に引き取られて、入院手術。日曜午前には帰宅。
ほとんど新品のように整備してもらって11,025円。
これってスゴイですね!

私はいつも思うのですが、機械は壊れるのが当たり前。
まして業務で使っていれば、一般人の何倍も厳しい使命が機械に課せられ、その分壊れる率も高くなります。
要は、故障にメーカーはどのように対応するかです。

仕事で使っていると言う客の事情を真摯に受け止め、たった2日の空白で復旧させる誠意は賞賛します。
また、わずかな金額で完全な整備をし、テストプリントを添付して送り出すプロとしての自覚が、キヤノンにはまだ健在であることが嬉しかったですね。

そういえば液晶モニタのナナオ(EIZO)も、そういうメーカーのはずです。
ガンバレ!国産!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »