« 米谷さん ありがとうございました | トップページ | もう1冊もスタンバイ! »

2009/08/16

気を込めた"光画集"

Kouga01
 11月4日まで Amazon.com なら送料無料 \500

今夏、私は多くの時間を費やし、友人たちの多大な協力を得ながら、一つの理想を具現化しようとしてきました。

ペンスケッチ展のコンセプトを繰り返します「みんなちがって みんないい」
ご存知のとおり、詩人 金子みすずさんの詩の一節ですが、似たことをあの アイルトン・セナ も言っているのです。

すべての人には、その人固有の(いわゆる)天才があります。フォトアートの世界に限っても同じです。
人は各々違うのが当然で、他人を真似ることも、他人と比べ卑屈になることもありません。
好きな対象を好きなように撮り、他人より抜きん出た才を発見し磨けば良いのです。

インターネットは、多くの無名フォトグラファーにスポットライトを当てました。
でも、それだけでは十分と思えません。インターネットに触れない人もまだまだ多いのです。
また、液晶モニタの小さな画面や、その逆で部分的にクローズUPして見る鑑賞法がフォトグラフ本来の姿と思えません。
(無論、PCモニタやプロジェクターを使ったフォトアートは否定しませんし、私も挑戦しては色々なサロンで断られています)

雑誌や写真展のフォトコンテストという「競技会」はどうでしょう?
まず、選考者の好み=主観が入賞の尺度であることは当然です。納豆の嫌いな先生に、いくら丹精込めて作った納豆を勧めても喰わないのです。
また、本当に自分のスタイルで撮っていると「毎回同じ」と、選考者は独自性を評価をしながらも敬遠するしかなくなります。

メジャー雑誌やフォトサロンのフォトコンと違う作品の発表場所。今までタブー視されていた「創作フォト」にフォトグラフの真意を見出す。デジタルフォト世紀に相応しい作品に注目する。

これから私がキュレーターを担当する雑誌には、光の絵画に対する変革を込めました。
その小さな一歩は、とても薄ぺらな本です。
でも、継続は力です。日本のフォトアートシーンを皆さんと変えましょう!

|

« 米谷さん ありがとうございました | トップページ | もう1冊もスタンバイ! »

■WORKS」カテゴリの記事

コメント

kouさん、fotorandom を拝見しました。
相変わらず、フィルムでクールなフォトを楽しんでいますね。

私は「光画」での氷川丸追加分を例外にすると、もう2ヶ月近くE-P1と、それ(機材や用品)を撮るためのEOSしか稼動させていませんね。
フィルムを一月一本使おう!運動から脱落しています。

撮り初めから3年になる「残像」は、素材感にこだわってます。故にペンスケ展では生プリントの紙質にもこだわりました。
デジタルだとスマートすぎて、ペンキの剥離するささくれとか、内側からにじむ錆びとかが何か違うんですね。
もちろん良く写るんですが、素材固有の粒子感とデジの一方的に写りすぎるPIXELとの相性が悪い。
それを解決しようと、E-P1では頑張りましたけど、今度は制作時間が無くて....

「光画」の布教活動にご助力いただけると幸いです。

投稿: MazKen | 2009/08/30 11:40

ようやく入手しました。
色は私も特に違和感を感じませんでした。
残像シリーズの褪せた感じ、独特の質感が好きです。

氷川丸は今年初めて行きましたが、確か掲示板の方で改修された
のを知って興味を持ってのことだったと記憶しています。
その時の印象が強く、その時撮った写真がそのままペンスケ5
の出品作になったのですが、まだ撮り足りないので(特に機関室)
またでかけようと思います。

あ、「もう一冊」の方も買いますよ!

投稿: kou | 2009/08/30 01:32

lensmania さん、こんばんは。

明日がムックの校了です。厚く大きくなった「光画」ですよ。
日常の風景が、カメラという相棒を持ち歩くだけで、こうも興味深い空間になる。

まったく同じコンセプトで「これでもか!」ってぐらい、多彩なフォトを撮りおろしたのがムック。
こんなに短期間&少人数で、こんなに多種多彩なフォトが集まるって面白いですよ。
まさにペンスケ展が印刷物になった感じです。

皆様もお見逃し無く....

投稿: MazKen | 2009/08/26 00:02

da_da さん、どもです。

アキバと錦糸町ですか....ご近所ですね。
まあ月刊誌ではないですから、しっかり売ってほしいですね。
正面を向けてくれないと、カメラのカタログみたいなんでそこいらが、むずかしいですね。


TOMYさんに出すための素材としてのボディなら、妥当な価格ですね。
E-P1の影響で、変なブームにならなくて良かったですよ。

投稿: MazKen | 2009/08/25 23:54

本日ヨドバシ大阪店で購入して参りました (^^)
帰りの電車内で読み耽り。私は印刷色調をそれほど否定的には意識しませんでした。
MazKenさんの写真の柔らかな滲み、廣瀬さんの日本的記号にはよく合っていましたし,足立さんのモノクロの切れも表現出来ていたと思います。小田さんの作品は展覧会のタングステン色が薄まって、濃密な母娘の情念よりも柔らかな叙情性が表に出たようです。

投稿: lensmania | 2009/08/25 22:12

あまり需要ないですかね。とりあえず錦糸町ヨドに行きましたが、値札も袋もない状態で棚に15冊ほどでした。


アキバ店と至近距離ですが、扱い方が結構違いますね。


主題からはずれますが、その足でFT黒購入したヒカリカメラへ。PEN-F、FTボディは数台ありましたがどれも標準レンズ込みで35K前後、店で買うならこんなものかなという感じでした。

投稿: da_da | 2009/08/25 22:02

da_daさん、いつもお世話様です。

"E-P1"のムックの色校も明後日からです。
昨日は一日中、色見本のプリントでした。

「光画」はジュンク堂の池袋本店のみ、例外的に扱ってくれます。
基本的にはヨドバシカメラのみ配本です。あとはAmazon。

薄いから「フリーペーパー」と間違えられる......そうです! それもあって、厚手の紙にしたんです。
価格を貼って対応というのは、気付きませんでした。

切り取ってフォトフレームに収めた時にも、厚さって感じますよね。

投稿: MazKen | 2009/08/24 22:49

SNSでのかなりの責任感じて本日昼過ぎ再度アキバ店でのリサーチです。


平積みではなく、普通に書棚で展開されていました。1冊のみ現物中身の確認用?扱いなのか値札が直貼りになっていましたが、他の10数冊はクリアポケットに1冊ずつ封入されて袋の上に値札が貼ってありました。


なぜ値札が?という疑問がありましたが、フリーペーパーと間違われる対策だと今ごろ気付きました。


今週中に上野、錦糸町、池袋ジュンク堂などなど追ってご報告します。

投稿: da_da | 2009/08/24 21:15

すでにSNSやブログ、メールでたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。

もう初期トラブル?は解消した事と思います。
コメントで一番多かったこと....「色」についてお応えします。

色は、端的に言いますと「黒/スミ版」と「赤/マゼンタ版」が強いため、青と緑がくすんでいます。

印刷や同業の専門家的に言えば「色校をしないのか?」と言う意見もありますが、500円の販売価格では、有料の色校は1度しか出せません。
つまり、商業雑誌はもちろん、広告パンフレットやカタログと制作予算がケタ違いに低いからです。
また、大手企業が依頼する印刷物に対しては、印刷業者のプライド=仕事ぶりも違うのです。
色校を2度していたら、刷り部数から算出すると1冊800円以上になるでしょう。

それでも、CMYK4色の商業印刷は、10色前後のインクとRGBデータからダイレクトに出力できるインクジェットプリンターやフォトプリントの再現性には及びません。
刷るごとに色合いが違うナマ物であることには変りません。
私も大手企業のカタログやメジャー雑誌で、たくさん色の違い(不満)は体験しています。

紙も同様で、許される予算の中で「裏写り」のしない紙、出きるだけ安っぽく見え無い紙を選んだつもりです。
薄くてもコートが良ければ、裏写りしないカメラ雑誌がよく使う紙もあります。これも制作予算次第です。
しかも、表紙と中の紙を変えたら...これも制作費がハネ上がります。

私も一緒の制作した仲間も歴戦のプロですから、紙や色には安易な妥協は一切していません。
今現在、1冊500円で多くの人に見ていただくには、どう作ってもこの水準が限度です。

まず、この「光画」を成功させ、次につなげたい。
掲載者=ページ数を増やしたり、印刷をもっと良くしたい・・・。
夢がたくさんあるのは、楽しい事だと思います。

投稿: MazKen | 2009/08/23 14:21

renさん、ありがとうございます。

作品が主役ですから、カメラ雑誌ではなく薄い写真集なんです。
スポンサーなどの制約も無いから、本音(問題提起)が書けます。
いかがでしょう?

共鳴する読者層がいるなら、次はもう1人増やして...と、輪を広げます。
いつの間にか大きなフォトマガジンになっていた...なんて楽しいですね。

投稿: MazKen | 2009/08/22 09:05

Mazkenさんこんにちは。

夏休み東北ツーリングでフィルムを打ちつくしたので、今日梅田ヨドバシへ行って来ました。本のコーナーにちゃんと「光画」置いてありましたので、GETさせて頂きました♪

 一つ残念な事が・・表紙に無粋な値札が右上のVol.1の下に貼ってございました。もっと目立たない後ろとかに貼れよっと言っておきましたが・・「はあ」と一言でした。へんなおっさんと思われたでしょうね・・

 帰ったらゆっくり鑑賞させて頂きます(^^

投稿: ren | 2009/08/21 16:39

kimiさん、ゴメンナサイ。

snsの方にたくさん情報が集まってしまいました。
ここ"ペンのブログ"も並行して使っていただきたいですね....

アキバ店はda_daさんが開封させたそうです。da_daさんにはいつも頭が下がります。

梅田は今日かもしれません、取次店(東販・日販)からの荷物が最優先ですから、遅いのでしょう。
横浜は出ているそうです。

とにかく、売れて次につなげたいですね。
よろしくお願いします!

投稿: MazKen | 2009/08/21 08:58

20日現在の情報です。
大阪梅田店、入荷予定なし、自分が買いに行って店員に言われました。

新宿&秋葉原店にも置いていないとの友人より情報を得ました。
う~ん…

投稿: kimi | 2009/08/21 06:30

本当にたくさんの方から、メールありがとうございます。

現在、執筆&制作中でどうにも動けません。
今日も徹夜です・・・(~o~)

大切な情報が欠落していました。
販売店はヨドバシカメラ全店、Amazon、池袋ジュンク堂のみとなります。

「光画」のご購入情報は、こちらで一括掲示しますので、ご了承ください。

投稿: MazKen | 2009/08/20 23:09

うずらまん |さん、ありがとうございます。

今、E-P1のムックの締切りで、ズタズタボロボロです。
1985-92年(夏)までカレンダーの仕事をしていた頃以来の忙しさです。
収入は1/4ですがね....

次の「光画」では、もっと多くのゲスト作家に登場してもらいたいのです。
そのためには、皆様一人一人が同じ気持にならないとできません。

フォトアートも主導権は、フォトが好きな市民にあるのと違いますか?
どうぞ広めてください。

ああ、2ヶ月フィルム消費がゼロでした....イカン!

投稿: MazKen | 2009/08/19 22:00

▼Amazonでポチッとしました。届くのが楽しみです(^ε^)。しかしその際何をどう間違ったのか2冊発注が掛かってしまいました(^ε^;)。ま、1冊写真好きの友人にプレゼントすることにします。

投稿: うずらまん | 2009/08/19 15:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気を込めた"光画集":

« 米谷さん ありがとうございました | トップページ | もう1冊もスタンバイ! »