« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009/07/31

米谷さん ありがとうございました

090731_a1

ペンの生みの親、米谷美久氏死去

米谷美久氏が30日午後0時34分、呼吸不全のため東京都八王子市内の病院にて死去されました。(76歳)

米谷氏はオリンパス光学に1956年に入社。1959年に発売された「オリンパス・ペン」シリーズ、72年発売の小型軽量一眼レフ「OM」シリーズの生みの親であり、日本のカメラ産業にあまりに偉大な足跡を残しました。
最近では、今年のヒット商品間違いなしの「E-P1」も、ペンという名機をベースに生まれた商品であることを、E-P1の開発チームが認めています。

090731_b1

私は「時を超えるカメラ」を出版した05年の秋、日本カメラ博物館のご厚意でTOMY師と3人で懇談をしています。
その時の話しぶりや、同日の熱意あふれるトークショー、2時間に及ぶ丁寧なサイン会など、今でもはっきり思い出され、とても急逝が信じられません。

 心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009/07/07

"新しい"と"旧い"

Asakusa14a_new
camera PEN-FT+OM-ZUIKO 50mm/F1.2

最近会う人や、メールでもいただくのが「オリンパス・E-P1にどんな印象を持っていますか?」という質問です。

多分?否定的なコメントを期待しているのでしょうが?私的にはフィルムのペンと全く土俵が違うカメラなので、E-P1はE-P1として見ています。
25年前に製造を完了し、なお誕生から50年も世代を超えて愛されている機械式カメラと、デジタルカメラを同じ土俵で優劣比較するのは、まるで見当ハズレだと思います。

Bunkai_04
camera 機械仕掛けのFTは、機能をカバーで覆っただけの米谷デザイン

happy01 E-P1はすでに手元にありますが、面白いカメラだし、フィルムペンのコンセプトを受け継ぐ資質はありますね。
ただ、フィルムペン・・・ペンF系も含め「ライバルより廉価な価格設定で、気軽に楽しんでもらう」という大事なコンセプトは欠落したようです。
ペンFって、当時一番安い一眼レフの一つでしたからね。

E-P1は、これまでのデジイチvsコンデジというバリアを崩したという意味でも歴史的カメラだと思います。


話はズレますが、最近の"レトロ風カメラ"のデザインに苦言ありです annoypunch
レンズ鏡胴がシルバーだとレトロなのだそうですが、鏡胴がクロームメッキorアルマイト(シルバー)だったのは、ブラックアルマイトが未発達・高コストの1950年代まで。
50年代でも、ニコンやキヤノンのレンジファインダーカメラの高級レンズは、ちゃんとブラックアルマイト仕上げです。

Canonpen26p1

camera 1958年発売のキヤノンⅥ-T。クラシックだが、似非レトロと違うでしょ

60年代のレンズ鏡胴は黒仕上げが大半で、ペンやアサヒペンタックス、キヤノンFL等々を見ればわかりますが黒い部分が多いほど「銀よりカッコイイ・新しい」とされていたのです。
例外は設計の古いレンズ、廉価なコンパクトカメラぐらいでしょう。

70年代になると塗装技術の進歩で、黒塗りアルミパーツもどんどん増え、高級カメラは真っ黒ほどカッコイイ時代になったのです。
しかし、80年代以降はご存知のとおり黒い樹脂部品の台頭で、黒カメラ=高級という神話はガラガラと崩れ落ちました。

何でも「シルバーがレトロ風カメラ」という風潮は、車体に唐草模様を描けばレトロ電車とかレトロバスとか言うのと同じで、安っぽい時代錯誤と言いたいです。
「60年代の高級カメラはブラック主義」だった事をお忘れなく。

Eflens_064_2
camera お仕事なレンズの"証し"は、真黒なんですよ

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »