« ペンスケッチ展5 後記 | トップページ | どんな○○に興味がありますか? »

2009/06/16

これから欲しい人、読んでください

私がペンスケッチ展の会場にいると、色々な人がペンについての質問をくれました。
これから機械式カメラを購入される人に、私個人の観点でコメントします
(機械式カメラって面倒なんで、拙著に従いアコースティックカメラ=アコカメで略します)

Ft__65s
camera 「時を超えるカメラ」「複製空間」を撮影していた当時の装備 

one アコカメの価格
私は以前から、30年以上も生き延びているアコカメの価格は、発売当時価格+存命プレミアム(希少価値とは違います)が当然と思っています。

1980年以降に主流の、半導体や電子基盤が寿命になれば修理不能の電子制御カメラとアコカメでは、機械としての根本が違います。
ジャンク(不動品)は再生用の部品取りなのでともかく、完動品にはそれなりの価値と敬意を払うのが当然だと思います。

もし、それが高いと思うなら、買うのをやめたほうが賢明でしょう。
最新のデジカメと比べて高いと感じる人は、そのカメラの生き延びてきた奇跡のような歴史や、機械としての魅力を理解できないのですから、たぶん買っても長く愛用することはないと思います。

two アコカメの購入
昨今生産中の商品と、根本的に違うことを完全に認識してください。中古カメラは1台1台が唯一無二なのです。
当初は大量生産でも、生き延びてきた経緯、修理歴、保管状況で現在は全部コンディションが大きく違う、世界に唯一のカメラなのです。

私はカメラコレクターではありません。でも、すばらしく綺麗なアコカメやレンズを発見すると「これを引き取って大事にできるのは自分しかいない」と、思うことがあります。
それぐらい、中古カメラやレンズとの出会いは運命的です。
そして、本当に「一期一会」。躊躇すれば他人の手に渡り、二度と合えないことも肝に命じましょう。
アコカメの先輩が「これは良いカメラだ!」と言ったら、飛び降りるのが賢明です。

three 安すぎる修理代金
一番多く耳にする嫌な話は、修理料金です。
例えばペンFTが不調で分解整備=オーバーホールが必要だとします。修理屋さんの料金が15000円と言うと、多くの人は「高いな~」と言うのです。(他のペンなら10000円ぐらいです)

中古カメラの修理は、並んだ部品を組むだけの新品製造と違います。
現行の電子カメラを修理する際のユニット(ブロック化された部品)の交換ともまったく違います。
少なくても数十個の細かなビスを外し、カムやレバー、バネ、ロッド、コロ等々、超細かな立体パズルを分解しながら不良箇所を捜すのです。50年前に6000円だったペンでも、分解して丁寧に部品を洗浄し、不良箇所を修理し、組立てると「1日仕事」です。

会社員の人なら理解いただけるハズです? 1日社員を拘束したらその仕事の発注者にいくらの対価を要求しますか? 自動車の修理はどうでしょう?タイヤを1本交換したら10分の作業工賃として2000円支払いませんか?
1台1台まるで違う中古カメラの修理。順調でも半日、ヘタすると3日もかかる中古カメラの分解整備が"15000円"で高いと言えるでしょうか?

まして、他のジャンクカメラから必要な部品を調達したり、自作のパーツを組み込む作業までしてくれる修理屋さんに、「1万円のカメラに1万円の修理代は高いよ」と言う人は、ご自分で修理するか、何万円も出して良品が見つかるまで買い続けるか、アコカメのオーナーを辞めなさいと言いたいですね。

Bunkai_ft

four 最悪の論理
私のペンの主治医T師の仕事を見ていると、近年ますますネットオークションで購入したゴミ同然の中古カメラを修理依頼し、完全主義者のT師の腕を利用してレストアさせる人が多いのに気付きます。

悪意のない人もいると思いますが、ネットオークションは危険な賭けです。
転売を重ねて利益だけを目的とする、オークションプロが増殖しています。出品者の実態は私でも見抜けません。
いい加減な素人分解で「修理済」と称し、購入してから不調なのでT師に開いてもらったら、「破壊行為」が行われていたという例は山ほどあります。
破壊された部品と交換に、貴重な在庫の中古部品も消えるわけです。
上カバーを外したら綿ゴミとダニだらけ、サビと油まみれの部品だったなんて修理でも15000円・・・。T師のストレスはたまる一方です。

誤解が多いのは、レストアしたカメラは「新品」ではないことです。30年以上昔に作られたアコカメはどんな名医の手でも「新品」には戻りません。メーカーの部品在庫など10年以上前に皆無なのですから。
修理したカメラが、現行のデジカメのように「新品」状態で戻ってくるわけでは無いことを、しっかり認識してください。

club アコカメの楽しさは、運命的出会いで入手したカメラをたくさん使ってあげること。
壊れたら修理することも思い出だと思います。
私はカメラコレクターではありませんので、以上に不快な発言がありましたらご容赦ください

|

« ペンスケッチ展5 後記 | トップページ | どんな○○に興味がありますか? »

■PEN-Fの心得」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日Maz Kenさん著書の本を購入させていただきました。
とても撮影に関してやクラカメとのお付き合いに付、参考に
させていただいております。

小生はここ3年位にPENの世界に入りまして、撮影を楽しんでいます。
PENのメンテナンスでお世話になっているT氏にはいつも感謝しております。

Maz Kenさんのメッセージには小生も感じるところがあります。お世話になっている
T氏にカメラ等を過去にメンテナンスしていただきましたが、素材・状態の良さを
基準に様々なルートで入手して調子を見ながら、これならずっと付き合える相棒と
思える状態の良いもののみをメンテナンスにお願いしています。

時計もそうですが、ぼろぼろの状態を持ってT氏に修理をお願いするのは失礼ですし、
むしろ修復が困難と思われるのであれば、寧ろそれを修理にお願いすることは心苦しいので、
基本的にはそのようなガラクタはT氏にお願いしません。スペアとしては保存しますが。

カメラの修理士として素晴らしいお仕事をされているT氏ですから、何とか直して
いかないといけないというお気持ちはT氏のブログのコメントでも散見されます。但し、
幾らなんでも無理すぎる困難な作業は個人的にT氏に限らず、お願いできません。あくまで
私見を申し上げましたが、素材選びも長くお付き合いできる上で、必要なことだと思います。
そのビンテージ品をよりよくメンテナンスしていくことで、末永く相棒として付き合っていける
訳ですよね。

ネットオークションも顔が見えないことをよそに商品の状態を虚偽説明する悪徳な輩が横行して
ますから、十分気を付けなければなりませんね。小生はネットで以前にこれの被害にあったことが
ありましたので、あまり商品購入には利用しません。直接商品を手に取った方が間違いないですからね。

また、T氏にお願いすれば”どんなボロでも直してくれる”とは大きな勘違いだと思います。お互いに
気持ちよくお付き合いできるようにせめて修理依頼者の方も素材の選定を見極める努力をすることは
肝要であると思います。Maz Kenさんには初めて書き込みさせていただく中で、ちょっと扱ましい
内容でしたが、普段よりT氏と末永くお付き合いさせていただきたい気持ちから以上のコメントと
なりました。※どうしても思い入れで直してほしい気持ちは分からなくもないですが(悲)

正直この度のメッセージは普段小生が感じている事です。

いつか近いうちにペンスケッチを見学したいです。その際はご挨拶させていただけましたら幸甚です。

投稿: ペンギン | 2016/09/30 11:35

メガネ さん」、スパムの整理をしていて発見しました。
申し訳ございません m(__)m

まず、製造終了後40年にもなる製品を、製造元メーカーが治すか?
それは当然"無理"です。

カメラは家電と同じです。製造終了後10年、全製品のパーツをストックすることが不可能なのはご理解いただけるでしょう?
製造業(輸入業でもよいですが)の方なら、自社製品で同じことを考えてみればわかるでしょう。
それが40-50年昔のカメラですよ、会社の研究部門はともかく、パーツがあったら奇跡です。

技術者や社員もしかりです。
いまだにオリンパスに行く人がいますが、現在の社員はペンの存在すら知らない世代です。
たしかに今現在、オリンパスはE-P系ブームのお陰で昔のPENをもてはやしますが、2年前なら社員の98%はPENのことなど知らなかったハズです。
フィルムのペンシリーズをリアルタイムで知っている世代は70代です。
OM-1, 2系でも60代後半、OM-3, 4系ですら退職寸前組なはずです。

そんな状況ですから、オリンパスに行って断られても決して怒らないでください。

ミラーはアルミか銀の表面鏡なので、当然腐食します。
私の著書にもこのブログにも登場する、TOMY師がペンを専門とするレストアの名手です。
一度相談することをお勧めいたします。 (もう相談されていると思いますが....)

旧いカメラは、実際に撮影する「撮影派」の人のカメラを参考にしてくださいね。
実際に撮影しているカメラは、今現役なわけですから、コンディションが良いのが普通です。
また、実際に撮影している人の話を聞くことも、定番・紋切型の雑誌記事より、数百倍参考になるでしょう。

投稿: MazKen | 2010/03/15 14:23

初めまして。
こういうところにコメント?質問?していいのか全くの初めてで失礼があったらすみません。
実家の押入れより、父が使用していたオリンパスPEN-FTというカメラを見つけました。
デザインがスッキリしていて、とても興味が湧いたのでもらってきました。が・・・
レンズにカビ、ファインダーを覗くと複数の黒点がありました。
オリンパスのサービスセンターに持参しましたら、本体内部のミラーが腐食しているために
パーツが無く修理は不可能です。といわれました。
とても残念で色々調べてみてたどりついた訳ですが、遅すぎました??
今後の趣味にしようと思っていたのですが、何処のカメラ店にお願いすればよいのやら、
とてもお詳しそうなので、アドバイスをいただけましたら幸いです。
こんな私なので、使い方もイマイチ判っていませんが、お詳しい方々が集っている様子なので
面倒でなければ宜しくお願いいたします。
この内容がルール違反でしたら申し訳ありません。無視して下さい

投稿: メガネ | 2010/02/17 01:04

new ミルさん、はじめまして。

現実の問題として、どんどん優良個体数は減っているわけです。
中古店の店頭に並ぶ数もどうなんでしょう?
2月の中古カメラ市では、黒の400000番台が6万円であったり結構出展数は多かったですね。
でも、中古店の出品する個体が信用できるかと言うと....
かなり怪しいです think というより、良品に巡り会えたら相当ラッキーな人でしょう。

昨今、E-P1ブームでペンFTも再燃でしょうから、価格の上昇・粗悪品の横行が気になります。
一番心配なのは、不良品を入手してそれを素人が分解して、息を絶つペンが増える事でしょう。

現実的には、レストアを前提にできる限り状態の良い個体を入手して、TOMY師に一任すること。
なぜTOMY師ですかって?
TOMY師ほど、多くのレプリカパーツを自分で作り、沢山のペンを修理している人はいないからです。
もちろん、あの完全主義も理由です。

投稿: MazKen | 2009/07/27 22:43

こんにちは、はじめまして
私もオークションで痛い目を見てしまいました。
やまびこさん同様、ヤフオクで整備済み、かつ出品者の評価がよい。の2点でグラッときて思わず買ったのですが、すぐに後悔しました。
私の場合はFTでしたが、根本的に無限遠が出ず、再整備を依頼するも、余計にひどくなって帰ってきました。
何か対策はないか、とかPenに関する情報を探している時に、このサイトを知りました。
そこではじめてやまびこさんの事例やMaz Kenさんの警告を読み自分も同じケースにはまってしまった事に気づきました。
幸いなことに返品可という条件だったので返品は出来ましたが、その間、試し撮りや調整や返品で送った送料など考えると軽く5千円はどぶに捨てたようなものでした。crying
しかし、カメラ好きの人をカモにしてこんな形で裏切る人がいる事を知り悲しい気持ちでいっぱいです。
やはり、現物をじっくり見て、そして売り手と対面し相性のいいお店で買うのがベストですね。
じっくり探してみたいと思います。

投稿: ミル | 2009/07/27 22:16

new Xingxingさん、はじめまして。

なるほど、御爺様のカメラとなると重みが違いますね。
当時でF1.4付の愛機となると、かなり入れ込んでいた様子がわかります。
この際、OMなど貴重な財産をご親戚の方と相談で全機レストアしてみても良いかと思います。


>kissデジよりも自然で綺麗な描写に感動!

アハハ!happy01 それは私達の仲間も使っている kissデジ に失礼ですよ。
単に描写力ならデジイチの方が優れているから、プロの現場でフィルム需要が無くなったのです。
何度か触れていますが、アコカメの魅力は撮るまでのプロセスの楽しさにつきると思います。
脳味噌と指先の神経を駆使して撮影する醍醐味は、[P]でも写るデジイチにはありません。
レンズの収差も利用すると面白いし、後日見直すと失敗ショットもまた楽しいのです。

ぜひ修理して、「機械式」が持つ真の実力を発見していただきたいと思います。

投稿: MazKen | 2009/06/28 15:19

初めまして。Xingxingと申します。

実は、ひょんな事からPEN-FTを手にすることとなりました。
PEN Digital(E-P1)の発表を楽しみに待っていたある日、伯父さんの家に遊びに行きました。
私は、デジカメ時代になってからカメラを始め、EOS kissを愛用しているのですが、それを知っていた伯父さんは、「祖父の使っていたカメラを見てみるか」。アコカメに特別興味はなかったのですが、「祖父の時代のカメラはどんな感じだったのだろう」と思い、見せてもらうことに。そして、何台かあったカメラの中に、PEN-FTを発見。PEN Digitalの原型とのご対面に感動していたところ、伯父さんがフィルムを出してくれ、「使わないから持って帰っても良いよ」と。大いに興味のあるPEN Digitalの原型であることや、kissデジでカメラのマニュアル操作を一通り習得していたことから、喜んで頂戴してきちゃいました!(余り気にしませんでしたが、OM系のカメラもあったような・・・)
祖父は1999年に亡くなりましたので、伯父さんの元でちょうど10年間保管されていたことになります。
さて、前置きが長くなりましたが、そんなPEN-FTの状態はと言いますと、シリアルNo.は14万台。レンズは40mmF1.4。光学系については、レンズ、ミラー共にカビ有りの状態。レンズには水滴の跡もあり、ミラーは結構悪い状態に見えます。機械系はおおむね正常な様で、シャッター、巻き上げレバー、セルフタイマー、露出計もスムーズに動きました。
1本取り終えて現像・プリントしたのですが、kissデジよりも自然で綺麗な描写に感動!収差もとても良く、一瞬で虜になりました!
そして、サイトや書籍などを検索していたら、「時を超えるカメラ」に出逢ったのです。書籍は購入して一気に読了。MazKenさんのサイトにもお邪魔する事となった訳です。
PEN-FTは、今やお出かけには欠かせないアイテムに。時間を掛けて被写体を探し、じっくりとアングル・フレーミングを吟味、ピントを合わせて絞り(被写界深度)を決め、シャッター速度をセット。1枚撮るのに30分位掛けます。今まではデジタルでPオート、殆ど何も考えずに撮りまくり、不要な物は後で消すのとは真逆です。ですが、贅沢に手間暇掛けて1枚撮る。これこそが、「道具としてのカメラ」ではなく「趣味としての写真」ではないかと思い至ったのです。
実は私、車も未だにマニュアル車。元々メカを自分で操作するのが好きだったのかも知れません。
これからも時々お世話になるかと思いますが、よろしくお願い致します。

投稿: Xingxing | 2009/06/28 03:22

happy01 やまびこさん、はじめまして。

>その後、私の出品に対し質問欄より誹謗中傷が続き、威嚇まで始まったのです。そのような事が続いたので数ヶ月出品を控えていたのですが、久しぶりに出品すると再度威嚇されました。ネットストーカーとなるんですね。怖いです。

恐いですね。女性で「オークションは恐い」という人は多いのですが、これはネットストーカーの実例ですね。
落札した商品が、先日も問題にしたオークション専門の「悪意ある」ブローカーのモノだったワケです。

「悪意」の線引きが曖昧とか反論がありましたが、実際トラブルが多いから時々新聞やTVニュースで取り上げられるのです。
一般人のリサクル利用とは目的がまるで違いますよ。

品物も画像だけでは判断できませんが、こういうネット攻撃(ストーカー)性のある相手か?わからないから、もっと恐いのです。

sign01 最近ますます手口が巧妙になっていると聞きます。オークションに馴れていても注意しましょう。

投稿: MazKen | 2009/06/24 23:41

>実機が手に取れる中古店か中古市を利用するのがベターであり、その際には「知人の所有機を事前に触らせてもらい、ノーマルな状態の感触を知ること」「購入時に、ペンFオーナーの知人についていってもらうこと」等ができれば失敗は少なくなる思います。

good まったく、そのとおりです。
ペンスケ展で私に「診断」を求められる方は多いのですが、「どうしてこんなペンFを買っちゃたの?」と正直言わざるをえない方が少なからずいます。

修理するにしてもベースが良くないと始まりません。
「欲しい!」の一念で舞い上がらず、少しでも詳しい友人知人に同行してもらってでもベターな個体を入手して下さい。

どうしてもオークションなら、出品者の履歴や評判を調査し、人物と愛機度を試す意味で2回ぐらい質問することを勧めます。また、修理業者の整備履歴などは、高く評価できる確証と言えます。

投稿: MazKen | 2009/06/24 12:54

MazKenさん、はじめまして。

私のヤフオクでの苦い経験を聞いて下さい。

数年前に「整備済み、ペンFV」を当時の相場としては安値即決価格で落札した事がありました。
当時、私はやはり目がくらみ「整備済み」との言葉に惹かれキズはともかく「実用機としては良いなぁ」と思い、出品者に悪い評価が無い事から「慌てて」ポチッとしたのでした。
しかし、到着してみるとクリーニングはしてあるようだが、巻き上げはゴリゴリでファインダーはカビ、レンズもゴミ、カビがあり絞りリングのクリック無しという代物。腹が立ちながらもポジフィルムでテスト撮影を行うと、シャッターの不安定とピント不良とが判ったのです。
「整備済み」どころかジャンク品に近い状態の物でした。ノークレーム商品でしたが、初期不良と言う事で出品者に連絡を入れたところ、難癖をつけるなと言われ、こちらが悪者扱いされてしまいました。その後、私の出品に対し質問欄より誹謗中傷が続き、威嚇まで始まったのです。そのような事が続いたので数ヶ月出品を控えていたのですが、久しぶりに出品すると再度威嚇されました。ネットストーカーとなるんですね。怖いです。

その間に、出品者の事を調べると、落札専用IDを利用しジャンクのPEN-F系を落札し素人修理を施し、販売専用IDで出品する。防湿庫より出品といいながら、流しているだけなんです。確かに、完全不動の物をとりあえず動作だけはするように「いじって」いるようですが、素人整備を「整備済み」としてヤフオクに流さないで欲しいです。

今現在もその方は、ヤフオクで販売をしています。私の件いらい、初期不良に関しては保証をつけて出品していますが。何年も同じことを繰り返しているので、多少技術は身に付いているとは思いますが、二度と同じ思いはしたくないと思います。

これからPEN-F系を入手し、写真を楽しもうと思われている方、本当にヤフオクは怖いです。十分気をつけて下さい。

ただし、見極める術をお持ちの方は、チャンスも有ると思うので狙って下さい。ヤフオクは博打と同じです。

投稿: やまびこ | 2009/06/24 12:40

現在、TOMY師の「今なに」にアップされているペンFT黒は、実は私の所有機なのです。

昨年ヤフオクで入手したものですが、出品者の父上が大事にされていたワンオーナー個体であることが明白であったため、不退転の決意で落札を決意。多くのライバルと争いかなり高額で落札したものです。

ヤフオクには、常時ペン関係の出品がなされていますが、 このような掘り出し物はめったにないため、人気が集中してしまいます。特にその当時よく競合していた某ライバル氏と最後まで争い、結局レンズ2本(レア物の38ミリパンケーキおよび50-90ミリズーム)込みで15.5万円ほどかかってしまいました。

状態はTOMY師も記載されているとおり良好で、私がこれまで購入してきたペンF系で始めての完動品といえるものでした。それでも、将来長く保有することを鑑み、TOMY師のOHをお願いした次第です。

とにかく、MazKenさんが懇切丁寧に解説されているように、中古店でもヤフオクでも完動品といえるペンF系の個体は、ほとんど出会うことはありません。購入したら即、カメラドクターのメンテが必要と考えるべきでしょう。

特にペンFビギナーの方は、最初のうちはヤフオクはやはり避けられるべきです。実機が手に取れる中古店か中古市を利用するのがベターであり、その際には「知人の所有機を事前に触らせてもらい、ノーマルな状態の感触を知ること」「購入時に、ペンFオーナーの知人についていってもらうこと」等ができれば失敗は少なくなる思います。

MazKenさんにご依頼すれば、おそらくTOMY師の多数保管されている個体の中から、OH済みの良品をチョイスしていただけるものと思われますので一石二鳥のベストの選択といえるでしょう。(たぶんMarchさんもご依頼されたのですよね。私も、もっと早く知っていれば・・・・・。)

※ご回答が遅くなりましたが、da_daさんに先般ご質問いただきました、40万番台の所有機は黒ではなくシルバーです。シリアル№は最終ロットに近い「440589」です。

投稿: muraaki | 2009/06/24 01:46

>欲しい人は、「欲しいっ!」ってことで目がくらんでしまっているので、普段なら見逃さない個体の不調も見えなくなっているってことはあるかも。

まったくなんです。私のペンFT1号がまさにそれですから......coldsweats01

まあ、あまり情報過多にならず、買って撮ってみて、ダメなら腕利きの修理屋さんにお願いするで良いと思います。
撮影しないうちから「予備機」まで心配する必要はありませんよ。
お金があるなら、遠出するのに使いましょう!

投稿: MazKen | 2009/06/23 11:28

▼MazKenさんの話を読んで、痛快でした。書いてあることにうなづくことばかり。欲しい人は、「欲しいっ!」ってことで目がくらんでしまっているので、普段なら見逃さない個体の不調も見えなくなっているってことはあるかも。注意が必要ですね。
  》 「1万円のカメラに1万円の修理代は高いよ」と言う人は、
 そのカメラにどれだけの価値を見いだしているかということでしょう。自分の相棒としてかけがえのないものだとしたら、たとえタダでもらったカメラにでも僕ならお金を掛けて修理してもらいます。実際、そういうように修理をお願いしたカメラが何台かあります。まあ、サラリーマンに潤沢な資金があるわけではないので、大きなことは言えないのですが…。

投稿: うずらまん | 2009/06/22 14:39

coldsweats01 ビギナーはPENとどうやって出会うのがベターか?に話題を戻します。

私の意見を判断するのは読者自身ですからね。 自分のブログに私見を書いて、敵意剥き出しで誹謗中傷されるのはご免です。
「このブログが公の場」と言いながら、某オークション管理人を偽称して書き込む卑怯な行為は、無断で社名を使われた業者に連絡するか、即刻削除します。 

club オークションはもちろん中古カメラ店でも、良品のペンと出会うのはとてもむずかしい時期に来ています。

現行生産品ではないのですから、現存している台数は限られています。
その中でさらに「完動品」というのは、すでに本当に好きなオーナーの手元に大事に納まって、動かない状況にあるといえます。
ですから市況に出回っている400000番台でも、光学系が想像以上に傷んでいる「劣悪環境」で保管された個体が増えているのです。

購入する時は、まずファインダーのコンディション。拙著に紹介している方法で確認してください。
ファインダー(主に第2ミラーです)が湿度による腐食でボロボロなのは、金属部品もそれに準じて傷んでいると推測できます。
FTなら次に電池室。電池の液モレ(腐食)跡は、思わぬパーツまで悪影響を与えています。

FT, FV なら、セルフタイマーの傾きや(本来水平)や作動開始ボタン周囲に目立つ傷がある個体は、無理矢理分解した痕跡なので危険信号です。
もちろん、チタン製のシャッター幕に凹みや歪みがあるものは、シャッター崩壊の危険があるので、絶対避けましょう。

sign03 繰り返しますが、私の説明は「これからペンを買う人が、泣かないため」のベターな購入アドバイスです。
すでにたくさんのペンをお持ちの方は、無視してください。

本気で購入予定の方は、mail でご相談ください。

投稿: MazKen | 2009/06/19 09:33

nitoさん、工業製品は製造が新しいほど改良が加えられ、合理化が進みます。
wrench不具合多発箇所の仕様が変更され、不要なパーツ(ビスなど)は整理されます。

ペンFTは1972年まで製造されていたようで、最終シリアルナンバーは440000番台だと思われます。
(それより後ろの番号をお持ちの人いましたら、画像付きでご報告ください)

ですから、これから買うなら目安として300000番台より後ろの製造番号を推奨するのです。

>ただ近くには中古カメラ屋も少なく無く出会いが無いのが厳しいところです・・・
mailいただければ、個別に対応いたします。

投稿: MazKen | 2009/06/18 23:03

オークションから入手された、da_daさんのご意見です。

>私はヤフオクはそんなに否定的ではないです。確かに転売ヤーも沢山いますが、無視すればいいだけのことです。

impact ベテランの da_daさんのように見抜けないので恐いのです。
TOMY師(もう実名で良いでしょう)も、ネットオークション購入には(迷惑だから)否定的です。

da_daさんの言うように、過去の履歴にカメラ売買が異様に多い人は厳重警戒です。
「修理済なら修理歴の確証を付属させる」というのは、かなり有効です。
本当にカメラ好きなら、修理履歴は保存しているハズですからね。
また、そういう几帳面な人から買うべきです。

sign03 内蔵メーターが動くか否か? なんて愚問はやめましょう。
大抵はシャッター速度が出ていません。露出計の精度以前の問題です。

よく「撮影に問題ないと思います」って書いてありますが、「あなたどんな撮影しているんだよ!?」っと切り返したくなります。
良識ある人の愛機なら、それでも答えてくれますよ。

投稿: MazKen | 2009/06/18 22:52

renさん、ちょっと無念ですね despair

hairsalon あまり傷が目立つならツヤ消し黒のカッティングシートを、飾り蓋の直径に合わせて切抜き、貼ります。
遠目には全然分らなくなりますよ。サークルカッターぐらい買いましょう。
JHTで売っているカメラ用レザーを円形に切抜いて、貼ってもカッコ良いでしょう。

あの飾り蓋はOLYでも使い捨て設計だったようで、キヤノンなどのしっかりした物と全然違います。
そうそう、OM-1, 2系はセルフタイマーレバーの軸にも同じような「ペラペラのアルミ板製」飾り蓋を使ってますから要注意です。

投稿: MazKen | 2009/06/18 22:37

> 定価100万円のライカも5千円のペンも、修理にかける工程・時間は一緒なのです。
> 15000円の修理費は、本当に、本当に安いと思います。

good その通りです。ついでに言えば、再生されるパーツもライカもペンも同じ原価なのです。
新品の時の定価と、修理代金はなんの因果関係もありません。
修理代金は何のブランドだろうが、掛かった工数と、使った(作った)パーツの価格のハズです。

最近、T師が不調なのはストレスだと思いますよ。
あまりにひどいカメラが多くて、モチベーションが落ちているのでしょう。
せめて、復活したカメラを使ってあげてください happy01

投稿: MazKen | 2009/06/18 22:22

いろいろとアドバイスいただきありがとうございます!
周囲にカメラに詳しい人が居ない為とてもありがたく思います!!

>これからお求めになるなら、できるだけ300000番台以降....350000番台のボディ(シャシー)が欲しいですね。

これはどうしてなのでしょうか?

正直な所ここに来る前まではヤフオクでも何点かFTが出品されていたので良さそうな物が有ったら落札してしまおうかと思っていたぐらいでした。
実物を確認できない不安から入札を踏みとどまっていましたが
先走らなくてよかったです・・・
ただ近くには中古カメラ屋も少なく無く出会いが無いのが厳しいところです・・・
今週末にでも東京近辺に足を運んでみようかなと思います!

投稿: nito | 2009/06/18 21:43

muraakiさんの40****のFTはHPのLABO5で私がシリアル報告した黒でしょうか。
以前の中古市で状態を確認するためにケースから出してもらいましたが、斑点状の腐食が酷いので見送った記憶があります。


私はヤフオクはそんなに否定的ではないです。確かに転売ヤーも沢山いますが、無視すればいいだけのことです。地方にお住まいの方は中古店も少ないのでオークションはある意味有効だと思います。

私も一時期FTだけで5台所有していましたが、4台はヤフオクで落札したものです。いずれも使えないほどのジャンクはなかったですし、気に入らなければ容赦なく返品すればいいんです。それにはNCNRの出品者には近づかないのは当然ですが。


過去にカメラ関係を出品したことがなく、またワンオーナー品なら不具合あっても素性はいいのでは。また修理品をうたっているなら修理票の控えがあるか入札前に必ず確認すること。落札したらそれを自分が使うこと前提で修理かメンテに出せばよろしいと思います。


それにしても不思議な縁ですよね。私の場合、子供の頃にEESを使っていなかったら、たぶんPENもOMもあるいはMazKenさんとも縁がなかったかもしれません。

投稿: da_da | 2009/06/18 20:42

MazKen様

>巻上げレバーの丸い飾り蓋(ペラペラのアルミ板)は大丈夫でしたか?

お約束ですね・・・ド素人OM-1BKでやっちゃいました(涙)

 次回から気をつけます。馴れてないので、インターネットや、マニュアル見ながら延べ時間8時間以上掛かりました。技術も知識も無いので修理という感覚では無く、貰ったカメラで元々壊れてましたから構造を知る為にばらして、清掃して組み立てる事が目的でした。動いたのは偶然でしょう、どこが悪いか良く解りませんでしたから(笑)それで修理済みとオークションに出したら悪徳ブローカーになっちゃいますね・・・。私はお金はかかりますが、欲しいカメラはちゃんと保障してくれる信用の置ける中古屋さんから店頭で何度も触ってから買う事にしてます。サラリーマンの小遣いは限られてますから、見ないで、安物買いで泣くのだけは避けたいです。相場、希少価値は私もあんまり気にしません、欲しいものが欲しいです♪

追伸:昨日38mm F3.5 Macro初めて行ったお店ので発見!F1.2で悩んでいるうちに売れてしまった苦い経験がございましたので直ぐに銀行に走りました♪このままでは家計が危ない(汗)楽しみます♪


投稿: ren | 2009/06/18 19:02

私は、MazKenさんの著書でT師という名工に出会うことができ本当に助かっています。
ペンスケッチ5東京展の打ち上げの際にも、多くの出品者の方々が同じようなご意見を述べていらっしゃいました。
現在、私はペンFTを6台所有していますが、現在ではすべてT師に修理・調整をお願いしています。
実は、T師に出会う前に銀座の中古市で購入したペンFT最後期40万番台の個体は、外見はとても美しかったのですが、駆動系・光学系はかなりひどく、特にハーフミラーは腐食の斑点だらけという状態でした。都内の大手修理店に依頼するも駆動系の修理のみで光学系は修理不可。その後地元県内の個人修理店に光学系も含め修理依頼するも、撮影中に裏蓋が勝手に開いて撮影不能となる始末。
結局、最終的にT師にお願いし完璧な状態で撮影可能となりました。全修理費用を合計すると、カメラ本体購入価格の倍以上かかっていると思いますが、貴重な最後期の個体を救出できて、本当に良かったと思っています。
定価100万円のライカも5千円のペンも、修理にかける工程・時間は一緒なのです。15000円の修理費は、本当に、本当に安いと思います。
アコカメを入手された際は、是非T師のような、信頼できるかかりつけのカメラドクターを選ばれることが肝要かと存じます。(最近の、T師の体調不良が本当に心配です。)

投稿: muraaki | 2009/06/18 02:29

happy01 nitoさん、ようこそ。

>それにしても皆さん自分でカメラ修理出来るのですね。凄いです。。。。

とんでもないですよ。
あっきいさんなんて、とても器用な人なのに・・・
> 1万円超えるようなカメラ、自分じゃ怖くてあけられない(^^;)

と言ってますが、賢明な発言です。
世の中、機械のことが本当に分っている人ほど"不要な分解"はしません。
恐い物知らずな人は分解して壊して、修理屋さんに泣きつくようです。

ペンFT(FV)はT師の努力で、多くの主要パーツがレプリカで販売されています。
とても良くできたレプリカで、元のパーツを上回る品質の物もあります。

だからと言って、ベースになるボディ鑑定は怠れません search
これからお求めになるなら、できるだけ300000番台以降....350000番台のボディ(シャシー)が欲しいですね。
時々、上カバーだけ取替えている個体もあります。

TTLメーターの動作は無視しましょう。露出計よりシャッター速度の誤差の方が余程大きいです。
カビがファインダー系やレンズガラスにこびりついている個体は、湿度の高い劣悪環境での保管品ですから、金属パーツのダメージも当然と考えるべきでしょう。

どうしてもネットオークションで買う場合は、とにかく出品者の良心・良識を探るためにも質問を何度もしましょう。(価格や小さなキズは不問)
本当に出品者が愛用していたのか? これは大変重要な判断要素です。

成功を心よりお祈りします。

投稿: MazKen | 2009/06/17 23:52

はじめまして。
ペンFTが欲しいと思い、検索し辿り着きました。
正直アコカメは使った事がありません。。。
ただペンF系で撮った写真を見ていいなと思ったのが始まりでした。
初心者の自分には色々と参考になる事が多く勉強になりました!
運命的な出会いを求めてペンFTを探したいと思います!!

それにしても皆さん自分でカメラ修理出来るのですね。凄いです。。。。

投稿: nito | 2009/06/17 23:02

>実際4万円出してPEN-FTのシルバーボディを買おうとは思いません。

ハイ!私もレンズ付きで、350000番台を望みます happy01

今年になって、どこの「中古カメラ市」でも、売上が激減。ライカもハッセルも投げ売りですね。
おそらく、フィルムインフラの急激な悪化も要因だと思います。
ペンFTのブラックなども、適正価格になっていますし、現物が見られる環境なら比較して買い求めやすい市況です。

私は関東人ですが、希少価値とやらには全く踊りませんので、どれも発売当時から「評判の良いレンズ」を適価でそろえました。
ただ、やはりオークションは「修理の限界」を越えた粗悪品を扱う「ブローカー」が横行していると思います。

どうぞこれから(デジタルではない)ペンシリーズを希望される人は、一言ご相談ください。
相談は無料です.......coldsweats01

投稿: MazKen | 2009/06/17 22:47

>1人の人が1時間働くと経費が5000円かかるからです。

good きのしたさんは、まさに現場のプロですから正しくご理解いただいてますね。
どこが不具合の原因か不明で、微小なパーツを分解しながら原因を特定し、パーツを洗浄し正常な動作状態にする....ものすごい根気の要る手間仕事です。
ビジネス的に考えたら、3Hで直らない素性の悪いカメラは、最低でも1H:5000円の加算ですよね。

職人の良心を"仇"で返すような発想はやめましょう。

投稿: MazKen | 2009/06/17 22:31

私は関西人ですのでどうしても安く買えた事に喜びを感じてしまう人種。
なのでMazKenさんの感覚とはちょっとずれてるかもしれません。
実際4万円出してPEN-FTのシルバーボディを買おうとは思いません。
なぜなら中古カメラ屋さんでも安く下取って外装クリーニングだけして
倍以上の値段をつけて店頭に並べる店もあるからです。
確かに著書に書かれているだけチェックできればいいのですが
大抵舞い上がってしまっていますし
内気な私(?)には試写までさせて貰うなんてお願いできません...。
(実際店頭に置いてあるってことは普通の感覚で高くて売れ残ってる訳ですし)
あくまで何処かに何か問題が出るだろうという前提で買います。
はじめからOHするもんだと思って使いますor使わずにOHに出します。
なので、OH分差し引いて本体価格を見てしまいます。
(ジャンクを、ではないですよ。ジャンクは自分で分解用ですね)
T師のように目に見えて誠実なOHであの値段は正直ありえない
というか自分でバラす者にとっては
あの工程をあの値段で職業としてヤレと言われても
技術があったとしても無理です。
修理していただいたPen-Wも絶好調ですし。
1万円超えるようなカメラ、自分じゃ怖くてあけられない(^^;)

投稿: あっきい | 2009/06/17 13:56

>例えばペンFTが不調で分解整備=オーバーホールが必要だとします。修理屋さんの料金が15000円と言うと、多くの人は「高いな~」と言うのです。(他のペンなら10000円ぐらいです)

修理代金が15000円の場合、修理にかけられる時間はおそらく2時間半が限度でしょう。理由は、大抵の場合、諸経費込みで1人の人が1時間働くと経費が5000円かかるからです。

それに、販売管理費 送料 部品代等を合わせて2500円くらいになります。

私は、カメラの修理屋ではありませんが、メーカーで仕事をしているといつもこういう算出をしているのですぐわかります。

メーカーの技術屋って 技術のことだけしているのではなくこういう作業の占める割合がとても大きいのです。

ここで言う経費は:ビルの家賃 光熱費 文房具等の消耗品 各人員の給与 固定資産税 などなどです。販売管理費は 在庫管理 顧客対応になります。

だから、15000円は高いと思わないでください。
その値段は、とーっても安いのです。

量産品のデジカメが安いのは、1機種作り世に出すのに10億円かかっても10万台売れれば 価格は10000円になるという様な計算が出来上がっているのです。

故に、修理に際し1品1様のアコカメに同様のものを期待はできないのです。

投稿: きのした | 2009/06/17 12:59

>ファインダーの見えないOM-2nと巻き上げ不良のOM-1BKが完動品になりました。
>もう元が取れました(笑)また箱に判子貰いに行きます。

オオ renさん スゴイsign01 OMを直しましたかsign01
巻上げレバーの丸い飾り蓋(ペラペラのアルミ板)は大丈夫でしたか?
下の(本当の)固定ネジ本体と穴の位置が一致していると傷付きませんが、そうでないと引っ掻いてしまいますよね。
あそこはOLYに出しても、大抵傷付きで戻るパーツです。

カニ目の穴に傷がついたら、穴だけちょこっと(楊枝などで)タッチアップペイントすると、傷が目立たなくなります。

wrench OLY専用工具セット、OM/PENファンにお薦めです [これはPR]

投稿: MazKen | 2009/06/17 10:02

Maz Kenさんおはようございます。これからも欲しいrenです。

 神戸penスケッチ土曜日朝一番、修理セットをお分け頂き有難うございました。お陰様で、ファインダーの見えないOM-2nと巻き上げ不良のOM-1BKが完動品になりました。もう元が取れました(笑)また箱に判子貰いに行きます。肝心のpenは二台とも不具合ございませんので、いよいよの時迄分解の腕磨いておきます。

 私のpenはペンスケッチ当日一緒に行った友人から3年前にサランラップに撒いたボディだけ頂きました。

 なんでも理容店を経営していた親戚が、趣味で従業員の女性達にカメラとフィルムを与えて好きなものを撮ってきなさいと貸し与えていたとの事です。もう要らないからと4台を譲り受け、当時ニコンしか興味が無かった為、フィルム好きの身内に気前良く分けてくれました。

 現在手放した事をかなり後悔しているようですが(笑)何れにしても、どんな女性が使ってたpenかな?と考えると大変楽しゅうございます。(かなり年上でしょうが)大事なパーツを浪費しないように、丁寧にガシガシ使いたいと思います。

投稿: ren | 2009/06/17 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531506/45363077

この記事へのトラックバック一覧です: これから欲しい人、読んでください:

« ペンスケッチ展5 後記 | トップページ | どんな○○に興味がありますか? »