« 案内状と搬入・搬出 | トップページ | 当番内定、よろしくお願いします! »

2009/04/14

久々に撮ったら (@_@) フリーズ

11日の土曜は尾久で寄り合いがあって、その前に上中里の旧古河庭園までペンを持ってお散歩(1Hほど)したのです。
バラにもツツジにもちと早かったですが、それなりに丸1本楽しめました。
フィルムは"フォルティア"。レンズは20mm/f3.5と42mm/f1.2です。

で、その前の晩.....久々にペンを持ち出すので、黒ペン347405号を試運転したらannoysweat01
クイックリターンミラーが外れて、ミラー枠を噛んでフリーズsweat01
残念でした....TOMY師の元に送ります。

さて、庭園を写した翌日曜は、地元横浜のに久々行きました。もちろんwithペン!
大改修後初めてだったのですが、これが良い!happy01
きのしたさんや、娘からも聞いていたのですが、本当に見事なレストアで、往時の姿になっていました。
甲板(総木張り)も張り替えられ、3~1等客室やラウンジも本来の姿に復元されて、さすがは日本郵船の豪華客船といったすばらしい姿に戻されていました。
元の持ち主の手に戻り、その気でやればできるもんです。

皆様も、日本の太平洋航路に使われた唯一の豪華客船を、じ~っくり観て下さいね。
これは貴重な文化遺産だと思いました。
日曜日(1.5Hほど)また丸1本と少々です。

|

« 案内状と搬入・搬出 | トップページ | 当番内定、よろしくお願いします! »

■PEN-Fの心得」カテゴリの記事

コメント

ミラーを噛んでフリーズした黒ペンのその後。

ミラーが脱落した場合だけでなく、クィックリターンミラーが作動途中でフリーズしたら・・・
ミラー枠をつまんで無理に戻そうとしないで下さいね。
ペンFのクィックリターンミラーは、他の35mm一眼レフと違い、レバーの上下運動で開閉していません。ボディ底にあるカムの"回転運動"で開閉しています。
故に、フリーズしたら底カバーを外し、ほぼ中央にある小さな丸穴の開いた小さな円形カムを回してください。
私は"レンジファインダーオープナー"で回しましたが、ピンセットでも大丈夫です。
どっち回しか忘れましたが(ゴメン!)無理なく回転するほうに回すと、ミラー枠は復元して、シャッターも動作可能になります。
無理すると中の細いバネが壊れます。無理なく動く方向に回せば良いのです。
ペンFの場合、絶対にミラー枠を"力"で開閉させないこと。

さて、ミラーとシャッターの動作が回復し、外れたミラーも傷一つなく回収できました。
TOMY師に修理を依頼しようとメールしたら、お疲れで体調が悪いとの事。
ミラーの接着は、エポキシ接着剤で簡単にできるのですが、問題は古い劣化した接着剤の除去。
カキ落とすしか無いのですが、これがヘタするとミラーを傷つけたり、パタパタ動くミラー枠(チリトリと言います)を傷めかねないので躊躇してます。
カキ落とした接着剤カスがシャッターユニット内部に入り込むのも心配。

それにしてもTOMY師匠、ジャンクカメラの修理ばかりでくたびれちゃったのでしょうか?
レストアしたカメラが元気に使われるなら報われますが、またお蔵入りかヤフオクで転売されるだけなら甲斐がないでしょうね。

投稿: MazKen | 2009/05/10 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531506/44664285

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に撮ったら (@_@) フリーズ:

« 案内状と搬入・搬出 | トップページ | 当番内定、よろしくお願いします! »