« 寒期撮影の注意 | トップページ | お手伝いありがとうございます »

2009/02/14

スナップカメラとしてのペンFT

03a

03b

03d
 PEN-FT+Zuiko 42mm/F1.2 

2月中旬なのに、暖かいと言うより、ちょっと暑いんじゃない? と感じます。

これだけ暖かければ、外に出て「梅でも撮ろうか?」でしょうが、ちょうど7年前の今頃撮ったスナップ集を見ていたので、リサイズして掲載してみました。

1.露出はおおまか。フィルムに任せる
 2002年の今頃ですから娘は4歳になったばかり。まだまだ幼ない手や顔が、なつかしい (^_^)
撮影はもちろん自然光、ISO100のネガフィルムで、レンズは42mm/F1.2です。
シャッターは1/60、絞りはF2.8のハズです。
フラッシュは報道写真ではないので、使いません。多少暗くてもネガフォルムなら結構救ってくれるし、暗くてもその時々の雰囲気が大切なので、細々気にしません。



2.ピンも
おおまか。からだで調節する
 絞りはF2.8ですが、ピントを何がなんでも合わせようとせず、大まかに合わせたら自分のからだを前後させて、ピントが合致した瞬間シュートします。
子供はちょこちょこ動くので、手動でピントを合わせようとしないことです。
「動かないで!」と言った瞬間、子供は夢から醒めてしまうでしょう。



3.良いフォトとは?
 ペンFを使うと、露出もピントも完全手動。しかも厳密に合わせていません・・・合わせられないと言うのが正確でしょう。
オマケに連続ショット数は、5秒に1コマ程度がやっとです。
今時のデジカメに備わる「撮影必須要綱」の1/10も合致しないフォトですが。私はペンFで撮ったスナップが大好きです。
デジタルのクリアさ、シャープさ、瞬間を切る鋭さはまったくありません。
でも、室内に差し込む冬日が暖かいでしょう? 子供がふっくら生きている感じがしませんか?



苦労して撮った操作のひとつひとつが、撮影者の記憶に指先に残る。
フルオートに近いデジカメには、絶対残らない撮影データ・・・それが宝です。

|

« 寒期撮影の注意 | トップページ | お手伝いありがとうございます »

■PEN-Fの心得」カテゴリの記事

コメント

lensmaniaさんやきのしたさんが言うように、OM-ZUIKOの50mmF1.2は本当に銘玉ですね。

あまりに万能で美味しいので、どんな撮影にでも常時使いすぎてしまう傾向がありますが、いまだに新品で入手もしやすいのでペンFファンにもお薦めの一本です。

一度カビの生えたレンズは癌と同様 ダメですね、除去しても胞子か根っこが残っているので再発します。
やはり多少高価でも、カビの痕跡はもちろん気配さえしない一本を選ぶようにしたいものです。

投稿: MazKen | 2009/02/25 23:34

OM50/1.2は優等生過ぎるので、かえって困るんです。
何しろAi Nikkor 50/1.4 より使いやすいので、あれしか使いたくなくなるんですよね。

あとその前まではFT42/1.2を使っていましたが、あれは余りにデリケートなレンズなので(今まで整備費がかなりかかっている)、ちょっと環境的にハードな使い方をするとすぐカビが生えてきたりするんです。

そこ行くと、OM50/1.2は適度に動かしていると全く問題なしですね。それではちょっとつまらんのですが…。

投稿: きのした | 2009/02/25 00:10

OM50/1.2は同55/1.2やFT42/1.2と較べると開放から相当切れる優等生ですね。
焦点距離換算でだんだん広角になるのに優秀になって行くのは流石ですけども、ふんわりが心地よい42/1.2も大変好きです。でもshinさんとこ出張したままです。shinさんの機材もいくつかこっちに来てますからおあいこですが...

投稿: lensmania | 2009/02/21 23:36

スナップに良いといわれるPEN-EE2は、ウチにもTOMY師からプレゼントされた1台があります。
ところがね、娘が使うようにといただいたのですが使ってくれない 
撮るのは好きだから、E-400ばかり使うのですよ。

何故? 訊いてみたら....「大きく撮れないから」。 たしかにそうなんです。
被写体と2メートル以上離れた撮影だと、人物でもモノでもUPで撮れないのですね。みんな「観光地で気をつけ」みたいなスナップになってしまう。

スナップと言っても、街頭スナップとか、周囲を入れての状況説明スナップになっちゃうのです。
つまりPEN-EE2はスナップカメラといいながら、実は風景フォト用カメラなんですね。

もう一台、いただきもののPEN-Dが、シャッター不良で交換しかないと診断され眠ってます。こちらの方が直せば娘用に良さそうです。

投稿: MazKen | 2009/02/21 10:18

いまPenEE2の修理をしています。

モルトの除去、レンズ清掃、アイリスユニット清掃。
鏡筒の清掃・除錆、色々やりました。

でもまだ結論は出ていません。

不具合の最大の要因は、マウントガタ(レンズ・アイリス・シャッターユニットを最終的に止めているネジのガタ)なんです。

それでも楽しんでいます。
だって、納期が無いんだモノ。

それが楽しいのです。

投稿: きのした | 2009/02/21 01:42

42mm、ほんとにモヤっとしてますね。OM-ZUIKO 50mm1.2と比べても面白いレンズです。

でも、なっちゃんが昨年展示した作品...着物のショットは、室内&逆光にも関わらずシャープさを見せていますよ。
あのレンズはバルサム剥離でボロいですから (^^ゞ

松屋の中古市見てきましたよ。
世相を反映して価格がとてもリーズナブルですね。黒の後期年式もかなりありました。
一台あれば楽しめますね。私はもうご馳走様です...(^^ゞ

独身者やDINCSの人たちが、景気を牽引してくれないとね!

投稿: MazKen | 2009/02/19 09:35

こういう写真が一番いいですね。

このあいだ、42mmF1.2をひさしぶりに使いました。
あの、ぼやっとした描写は OM用50mmF1.2 とは全く違う描写でたのしいです。

投稿: きのした | 2009/02/18 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スナップカメラとしてのペンFT:

« 寒期撮影の注意 | トップページ | お手伝いありがとうございます »